セリンセ マヨールの育て方

セリンセマヨールの花

セリンセ・マヨールはシックな雰囲気の一年草。

シルバーグリーンの葉に、濃い青紫色の神秘的な花がうつむいたように咲きます。

あまり流通しない植物ですが、最近はネット通販で手に入り易くなりました。

今回はセリンセ・マヨールの育て方を紹介します。

セリンセ・マヨールの基本情報

ムラサキ科 セリンセ属

一年草

 

原産地  ヨーロッパ

学名     Cerinthe major ‘Purpurascens’

別名          キバナノルリソウ

花色   紫、黄

花期   4月〜5月 

草丈   60cm前後   

耐寒性  普通(-3度)

耐暑性  弱い

日照   日向からやや半日陰

セリンセ・マヨールの特徴

セリンセマヨールの花

4月の庭から

春になると濃い青紫色の花がうつむいたように咲く、神秘的な雰囲気の一年草です。

葉はシルバーグリーンで、新葉には白い斑点が入るのが特徴です。

基本種は黄色い花を咲かせますが、日本では濃い青紫色の花を咲かせる‘プルプレッセンス’が主に流通しています。

暑さに弱いので、夏までには枯れます。

耐寒温度はマイナス3度程度で、霜や雪には対策が必要です。

*セリンセは長日植物で、日照時間が一定以上にならないと花が咲きません。

セリンセ・マヨールの育て方

庭のセリンセマヨール

栽培環境

日向〜やや半日陰の水はけの良い場所を好みます。

多湿は苦手なので乾燥気味に育てます。
ただし、株が大きくなってきたら乾きやすくなるので、水切れに気をつけてください。

水やり

鉢植えの場合は、用土が乾いたらたたっぷりと水やりします。

地植えではほぼ降雨に任せます。
春先に乾燥が続くような時は水やりします。

セリンセマヨールの花

肥料

肥料を欲しがる植物です。

肥料が足りないと下葉が黄色くなったり生育が衰えます。

植え付け時には長く効く緩効性化成肥料を施し、花が咲き始めたら即効性の液体肥料を10日に一回程度与えましょう。

植え付け・植え替え

植え付け

植え付け適期は早春と秋です。

鉢植えは草花用培養土で問題なく育ちます。

地植えの場合は、掘り上げた土に腐葉土を混ぜ込み、水はけの良い環境を作って植え付けます。

植え替え

暑さに弱く夏までに枯れるので植え替えの必要はありません。

手入れ

花がらを摘み取るくらいです。

放っておいても自然と分岐して、こんもりとした草姿に育つので手がかかりません。

夏越し

暑さに弱い一年草です。夏までには枯れます。

冬越し

耐寒温度はマイナス3度程度で、寒さにはあまり強くありません。

霜に当たると傷むので、不織布で霜除けしましょう。

強い霜が降りるような地域では、春に苗を購入して植え付けるのが無難です。

*我が家は冬は最低気温がマイナス5度まで下がる地域ですが、夜間は不織布をかけて地植えで冬を越しています。

セリンセマヨールの花

神秘的な花色

病害虫

ほとんど見られません。

葉に不規則な白い斑点が出ますが、葉の特徴で病気ではありません。

増やし方

種まきで増やせます。

種まきの適期は10月です。

まとめ

セリンセマヨール

  • 濃い青紫色の花が神秘的な秋まき一年草
  • 4〜5月に花を咲かせ、夏までには枯れる
  • 水のやりすぎに注意
  • 肥料を欲しがる
  • 霜や雪には弱いので暖地以外では3月に苗を植えるのが無難

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。