サルビアネモローサ ‘カラドンナ’ の育て方【耐寒性多年草】

サルビアネモローサ・カラドンナ

サルビアと名前のつく植物は、たくさんの品種がありますが、

近年どんどん人気が上がってきているサルビアが、「 サルビアネモローサ・カラドンナ 」です。

これ、植えてみてください!本当におすすめです!

今回は「 サルビアネモローサ・カラドンナ 」 の特徴や育て方を紹介します。

サルビアネモローサ・カラドンナの基本データ

シソ科 サルビア属

耐寒性/多年草(冬期半常緑〜落葉種)

 

花色    濃い青紫

花期    5月〜7月

草丈    60cm〜70cm

葉張り   60cmくらい

耐寒性   強い(−20度)

耐暑性   強い

日照    日向〜半日陰

サルビアネモローサ・カラドンナ の特徴

サルビアネモローサ ・カラドンナの花

5月の庭から

花が美しい

黒褐色の茎が真っ直ぐに立ち上がり、濃い青紫の花を穂状に咲かせます。

花穂が長いのがカラドンナ の特徴です。

花上がりが良い

花上がりが大変よく、花後切り戻すと繰り返し咲きます。

花が終わった後の赤紫のガクも美しいです。

開花期の終わり頃には、切り戻さずにこのガクを楽しむのも良いですね。

丈夫で育てやすい

耐寒性、耐暑性が高く丈夫で育てやすいサルビアです。

放任で良く育ち、たくさんの花を咲かせます。

2年目以降に大きな株になる

1年目はあまり大きな株には育ちませんが、2年目以降は株が大きくなり、たくさんの花茎がしっかりと立ち上がって豪華になります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サルビア ネモローサ ‘カラドンナ’
価格:440円(税込、送料別) (2022/5/23時点)

 

サルビアネモローサ・カラドンナの育て方

栽培環境  

水はけが良く、日当たりの良いところを好みます。

暖地では、真夏の午後は半日陰になる場所が理想的です。

水やり 

高温多湿を嫌います。

夏の水やりは朝涼しいうちにすませましょう。  

鉢植えは、表土が乾いたらたっぷりと与えます。

地植えは、ほぼ降雨に任せますが、何日も雨が降らずひどく乾くようなら水やりしてください。

植え付け

4月〜5月と10月頃が適期ですが、おすすめは秋植え(10月頃)です。

秋植えの方が開花期までに根がしっかり張って丈夫な株になり、夏越しも楽になるからです。

春に植えるのなら、なるべく早い時期に植え付けてください。

植え付ける時に花や蕾がついていたら、摘み取って植え付けましょう。

すぐに花を咲かせると、しっかりした株に育ちません。

植え替え

植え替えの適期は、4月〜5月か10月頃です。

手入れ 

咲き終わった花は花茎の根元から切り取ります。

花がらを切ることで、次々と新しい花を咲かせます。

夏越し

耐暑性は強い品種ですが、やはり高温多湿には気をつけた方が良いです。

花壇植えの場合は、まわりが混み合わないように手入れして、風通し良くします。

株元が混み合っているようなら、不要な葉や茎は取り除きます。

風通しが良い環境は病気の予防にもつながります。

梅雨に入るまでには、花壇の手入れをして、風通しを良くしておきたいですね。

冬越し

冬に入る前に地際で切り戻しておきましょう。

古い茎、特に花芽がついた茎を残したまま冬を越すと、新芽が綺麗に出揃わず株の育ちが良くありません。

冬に入る前には必ず地際で切り戻しておきましょう。

冬の間は、やや乾燥気味に管理します。

地植えは水やり不要です。

耐寒性は強いので、他には特に対策はありません。

肥料

春と秋に緩効性化成肥料を置き肥します。

夏は肥料を控えめにしてください。

病害虫 

ハダニがつくことがあります。

ハダニは葉の裏につきます。

水やりの時に葉の裏にも水をかけると、ハダニが増えるのを防ぐことができます。

殺虫剤を撒くときは、葉の裏にも薬剤がかかるように撒いてください。

増やし方

挿し木、株分けで増やせます。

挿し木の適期は5月〜6月。

サルビアは根が出やすく、挿し木が容易な植物です。 

株分けの適期は3月〜4月か10月ごろになります。 

まとめ

サルビアネモローサ・カラドンナ の特徴と育て方をまとめました。

  • 初夏に濃い青紫の花を咲かせる
  • 真っ直ぐに立ち上がる花姿が美しい
  • 花穂が長い
  • 花上がりが良い
  • 水はけと日当たりの良い場所を好む
  • 耐寒性が強く育てやすい
  • 耐暑性は強いが多湿には気をつけたい

▼春から晩秋まで咲くおすすめのサルビアはこちらから

サルビア ミスティック・スパイヤーズブルーの育て方

サルビアネモローサ の他の品種

今年、サルビアネモローサ『ナイトフィールド』という品種を植えました。

植え付けたのは、6月6日。

とっくに植え付け適期を過ぎてます(^^;)

サルビアネネモローサ・ナイトフィールドの苗

ラベルの情報では『カラドンナより花色が濃く、花期が長い』とのこと。

根を張らせることにエネルギーを注いで欲しいので、花もつぼみも切り戻して植え付けました。

切り戻したサルビアネモローサ・ナイトフィールド

サルビアネモローサ・ナイトフィールド

植え付けてひと月後 花咲いてます。

ナイトフィールドは草丈が40〜60cmになるので、まだまだ本来の草姿ではありませんが、花を咲かせています。

追記:1年後のナイトフィールドがこちら▼

サルビアネモローサ ・ナイトフィールド

ひと抱え以上ある株に育ち、たくさんの花を咲かせています

サルビアネモローサ ・ナイトフィールドは2年目にはびっくりするくらい大きな株になりました。

カラドンナにも同じことが言えるので、今年植え付けた方は来年を楽しみにしていてくださいね♪

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。