ユーパトリウム・セレスチナム(青色フジバカマ)の育て方

ユーパトリウム・セレスチナム(青色フジバカマ)

青色フジバカマや西洋フジバカマとも呼ばれるユーパトリウム・セレスチナム。

ユーパトリウム・セレスチナムは暑さ寒さに強く、初夏から秋まで途切れることなく花を咲かせます。

生育が旺盛で、一度植えると地下茎でどんどん広がります。

夏越しが容易で、初心者でも育てやすい宿根草です。

この記事ではユーパトリウム・セレスチナムの特徴や育て方を紹介します。

ユーパトリウム・セレスチナムの基本データ

ユーパトリウム・セレスチナム

キク科  コノクリニウム属

耐寒性多年草 冬季落葉種

 

原産地    アメリカ南東部

学名     Conoclinium coelestinum

別名     青色フジバカマ、西洋フジバカマ、コノクリニウム

花色     青紫、白

花期     7月〜10月

草丈     60cm前後

葉張り    40cm以上

耐寒性    強い

耐暑性    強い

日照     日向〜半日陰

 

ユーパトリウム・セレスチナムの特徴

ユーパトリウム・セレスチナムの花

ユーパトリウム・セレスチナムはアゲラタムに似た花を咲かせる宿根草。
(宿根草は冬は落葉する多年草です。)

花色は青紫と白があります。

ユーパトリウム・セレスチナムは青色フジバカマ、西洋フジバカマとも呼ばれますが、フジバカマと大きく違うのは花期の長さです。

フジバカマの花期は9月〜10月ですが、ユーパトリウム・セレスチナムの花期は7月〜10月と長期間です。

草丈は60cm前後で、良く分枝して自然ときれいな草姿になります。

痩せ地でも育ち、放任でよく広がり、一度植えると毎年花を咲かせます。

地下茎でとても良く増えるので、注意が必要です。

ユーパトリウム・セレスチナムの育て方

ユーパトリウム・セレスチナム

栽培環境 

日当たりと水はけの良い環境が適しています。

半日陰や痩せ地でもよく育ちます。

水やり  

鉢植えの場合は、乾いたらたっぷりと水やりします。

地植えの場合は、ほぼ降雨に任せますが、夏場に長く乾燥が続いてしおれるようなら水やりします。

肥料

痩せ地でも良く育つので、あまり肥料を必要としません。

多肥にすると草丈が高くなって倒れやすくなります。

生育が悪い時のみ緩効性化成肥料を少量与えます。

ユーパトリウム・セレスチナムの花

植え付け

真夏と真冬を除けばいつでも植え付け可能です。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土で問題なく育ちます。

地植えの場合は、掘り上げた土に腐葉土をすき込んで水はけの良い環境を作ります。

地下茎でどんどん増えて広がっていくので、あらかじめ広い場所に植えてください。

植え替え

真夏と真冬を除けば、いつでも植え替え可能です。

生育旺盛なので、鉢植えは一年に一度はひと回り大きい鉢に植え替えます。

地植えの場合は植え替えは不要です。

ユーパトリウム・セレスチナム(青色フジバカマ)の花

手入れ 

咲き終わった花がらが気になるようなら、花がらを切り取ります。

地下茎で良く増えるので、不要な芽はそのつど抜いてください。

開花期が終わって枯れてきたら、地際で切り戻します。

夏越し

暑さには強いので特別な対策はいりません。

冬越し

地上部が枯れたら地際で切り戻しておきます。

寒さに強いので、対策なしで冬越しできます。

多少土が凍るような場所でも問題なく冬を越します。

9月初旬の庭

9月初旬の庭 勝手に増えたユーパトリウム・セレスチナムがあちこちで咲いている

病害虫

アブラムシやハダニが発生することがあります。見つけたら駆除してください。

特に夏の高温乾燥の時期はハダニが発生しやすくなります。

ハダニは葉の裏に発生します。

水やりの時に葉の裏に水をかけることで、ハダニが増えるのを防ぐことができます。

増やし方

株分けと挿し木で増やせます。

株分けの適期は3〜4月か10月ごろ、挿し木の適期は5月〜6月です。

地下茎でとても良く増えるので、これを掘り上げて増やすのがいちばん簡単です。

よく似た花を咲かせる植物

よく似た花を咲かせる植物に『ユーパトリウム・チョコラータ』があります。

これは『アゲラティナ・アルシッシマ・チョコラータ』というのが正式名称で、同じキク科ですがアゲラティナ属に分類されます。

これも冬は地上部は枯れますが春になると芽吹きます。

1度植えると毎年花を楽しめます。

ユーパトリウム・チョコラータの白い花

シックなダークグリーンの葉に白い花のコントラストが綺麗です。

花壇の中のユーパトリウム・チョコラータ

開花は9月中旬から

庭のユーパトリウム・チョコラータ

5月の庭 シモツケ・ライムマウンドと

▼ユーパトリウム・ チョコラータの詳しい記事はこちらをどうぞ

 

ユーパトリウム・チョコラータの育て方

最後までご覧いただきありがとうございました。

では、良い1日をヽ(´▽`)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です