シモツケ・ゴールドフレームの育て方|ゆるっとガーデニング

花の咲いたシモツケ・ゴールドフレーム

「 シモツケ・ゴールドフレーム 」はライム色の葉が美しい落葉低木。

特に春の芽吹きが美しく、秋には紅葉し、1年を通じて長く楽しめます。

5〜7月にはピンク色の可愛い花を咲かせます。

この記事では葉も花も楽しめる低木「 シモツケ・ゴールドフレーム 」の育て方を紹介します。

<こんな方におすすめの記事です>

  • シモツケ を育ててみたい
  • 葉の色が綺麗な低木を知りたい
  • 花の咲く低木を知りたい

シモツケ・ゴールドフレームの特徴

春の芽吹きは濃いオレンジ色で、気温が上がって暖かくなる頃には葉がライム色に変わり、晩秋には葉は赤く紅葉します。

5月中旬からピンク色の花を咲かせます。

樹形は地際からこんもりとしたボリュームのある形になります。

暑さ寒さに強く初心者にも育てやすい低木です。

小さな苗で購入し、寄せ植えで楽しんでから庭に植え替えるのもおすすめです。

春に芽吹いたシモツケゴールドフレーム の葉

春の芽吹き オレンジ色の新芽が美しい

葉色が美しい5月のシモツケ・ゴールドフレーム

5月初旬 葉色はライム色に変わり、枝先にはつぼみが伸びてきました

開花が始まったシモツケ

5月中旬 花が咲き始めました

満開のシモツケ・ゴールドフレーム

5月下旬 満開

紅葉したシモツケ

12月中旬 紅葉した葉がきれいです

 

シモツケ・ゴールドフレームの基本情報

バラ科 シモツケ 属 

落葉低木

 

原産地   日本 中国 朝鮮半島

開花期   5〜7月

花色    ピンク

草丈    80cm前後

葉張り   100cm前後

耐寒性   強い

耐暑性   強い

日照    日向〜半日陰

シモツケ・ゴールドフレームの育て方

シモツケとユーパトリウム ・チョコラータ

シモツケ・ゴールドフレームとユーパトリウム・チョコラータ

栽培環境 

日当たりと水はけの良い環境を好みます。

水やり

鉢植えの場合は表土が乾いたらたっぷりと水やりします。

庭植えの場合は降雨に任せますが、夏場に乾燥するようなら水やりします。

肥料

多くの肥料を必要としません。

地植えでは生育の悪い時のみ、春か秋に緩効性化成肥料を与えます。

鉢植えは早春に緩効性化成肥料を与えます。

冬の朝の庭

12月中旬 霜が降りた朝

植え付け・植え替え

厳寒期を除く落葉期(11月〜12月と3月初旬〜4月)が適期です。

植え付け

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土で問題なく育ちます。

地植えの場合は、掘り上げた土に腐葉土を混ぜ込み水はけの良い環境を作ります。さらに元肥として緩効性化成肥料を施しておきます。

植え替え

生育旺盛なので、鉢植えは毎年ひとまわり大きな鉢に植え替えます。

地植えでは植え替えの必要はありません。

手入れ

咲き終わった花がらを摘み取ると、脇芽が伸びて再び花を咲かせます。

花がら摘みが面倒な場合は、ひと通り花が終わった頃に全体を軽く切り戻します。

そうすると、ひと月くらいでまた花を咲かせてくれます。

この作業を繰り返すことで7月頃まで花を楽しむことができます。

切り戻したシモツケ

6月9日 全体を20cmくらい剪定しました

剪定後のシモツケの開花

7月中旬 再び開花しました

剪定

剪定は、花後から翌年の3月くらいまでいつでもできます。

剪定の目的は形を整えることと、日当たりや風通しを良くすることです。

日当たりや風通しを良くすることで、病害虫の発生を防ぎ植物の成長を促進することができます。

葉がない落葉期は、枝の様子が良くわかるので剪定がやりやすいです。
混み合っているところの枝や、伸びすぎてバランスが悪くなっている枝を切ります。
葉がつかなくなった古い枝も切り取り、新しい枝に更新します。
樹形を大きく整えたいときは丸く刈り込みます。

病害虫

アブラムシがつくことがあります。

アブラムシは色々な病気の元となるので、早めに見つけて薬剤で駆除してください。

葉の様子がいつもと違うなと思ったら、じっくり観察してみてください。

増やし方

挿し木で増やせます。

適期は6〜7月になります。

挿し穂には、木質化していない先端の枝を使ってください。

 

春に咲くピンク色の可愛い花と、季節によって変化する葉色が魅力のシモツケ・ゴールドフレーム 。

育てやすいので初心者にもおすすめですよ♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が皆さんのお役に立てると嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。