ダウカス・ダーラ(ブラックレースフラワー)の育て方

ダウカス・ダーラ(ブラックレースフラワー)の花

ダウカス・ダーラは濃い赤紫のレースフラワーのような花を咲かせる一年草。

ブラックレースフラワーとも呼ばれ、アンティーク調の花色がフラワーアレンジメントや花束で大人気の品種です。

ひと株でもよく枝分かれし、たくさんの花を咲かせます。大きく育つので地植え向きの植物です。

丈夫で育てやすいので初心者にもおすすめですよ。

この記事ではダウカス・ダーラ(ブラックレースフラワー)の特徴や育て方を紹介します。

ダウカス・ダーラの基本情報

花上がりが良いダウカス・ダーラ(ブラックレースフラワー)

6月の庭から

セリ科 ニンジン属

耐寒性一年草

 

原産地   地中海沿岸

学名    Daucus  carata ‘Dara’

別名    野良ニンジン

花色    濃い赤紫  

花期    5月〜6月

草丈    80〜100cm

葉張り   40〜60cm

耐寒性   強い

耐暑性   普通

日照    日向〜やや半日陰

ダウカス・ダーラの特徴

シックな花色のダウカス・ダーラ(ブラックレースフラワー)

ひとつひとつの花も可愛い

小さな花が集まって、直径12cmほどのレースフラワーのような花を咲かせる耐寒性一年草。

蕾の時は白っぽい緑色で、咲き進むにつれ濃い赤紫色に変化していきます。

自然とよく分枝し、晩春から初夏にかけてたくさんの花を次々と咲かせます。

切り花にもなり、フラワーアレンジメントや花束で大人気の品種です。

寒さに強く冬も常緑で越冬し、暖かくなるとぐんぐん伸びて草丈1mほどになります。大きく育つので地植え向きです。

暑さには弱く梅雨から夏にかけて枯れていきますが、環境が合えば零れ種で増えるので翌年も花を見ることができます。

*花色は個体差がありダークピンク色の個体もあります。稀に白い花も咲きます。

ダウカス・ダーラの育て方

濃い赤紫のダウカス・ダーラの花(ブラックレースフラワー)

6月の庭から

栽培環境

日当たりと水はけの良い環境を好みます。

大きく育つので地植え向きです。

水やり

地植えの場合は根づいた後は、水やりはほぼ不要です。

肥料

植え付け時に元肥として緩効性化成肥料を施しておけば、追肥は不要です。

花壇のダウカス・ダーラ(ブラックレースフラワー)

5月の庭から

植え付け

植え付け適期は10〜11月頃になります。

地植えの場合は掘り上げた土に腐葉土や堆肥を混ぜ込み、水はけの良い環境を作ります。

鉢植えの場合は市販の草花用培養土で育てます。(大きく育つので、鉢植えはお勧めできませんが)

ダウカス・ダーラはセリ科で移植を嫌うので、植え付けの際には根鉢を崩さないように丁寧に扱ってください。

手入れ

終わった花がらは花茎の根元から摘み取ります。

草丈が高くなるにつれて、花数も増え倒れやすくなるので早めに支柱を立てます。

ダウカス・ダーラの蕾(ブラックレースフラワー)

蕾は緑がかっている

夏越し

暑さは苦手で、梅雨時期か夏には枯れます。

冬越し

寒さには強いので特別な対策は不要です。

冬はロゼット状の葉が地面に張り付くような姿で越冬します。

ダウカス・ダーラの蕾(ブラックレースフラワー)

いろいろな段階の花色が混ざり合うので雰囲気がある

病害虫

気温が高くなってくるとハダニがつくことがあります。

見つけしだい駆除してください。

増やし方

種まきで増やせます。

種まきの適期は9月下旬から10月中旬です。(発芽適温は16〜19度)

移植を嫌うのでポットに直接撒きます。

環境が合えばこぼれ種でも増えます。

▼こぼれ種で増える植物はこちらの記事をどうぞ

こぼれ種で増える植物おすすめ10選

まとめ

濃い赤紫のダウカス・ダーラの花(ブラックレースフラワー)

6月の庭から

  • 寒さに強い耐寒性一年草
  • 晩春から初夏にかけてレースフラワーのような濃い赤紫の花を咲かせる
  • アンティーク調の花色は切り花でアレンジなどに大人気
  • 日当たりと水はけの良い環境を好む
  • 大きく育つので地植え向き
  • 暑さには弱く夏までには枯れる
  • 環境が合えばこぼれ種で増える

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。