ワイヤープランツの育て方|生育旺盛なので庭植えは注意が必要

ワイヤープランツ

細い茎に小さな丸い葉をつけるワイヤープランツ。

ミューレンべッキアの名前でも流通する初心者にも育てやすい植物です。

でも実はその可愛らしい草姿からは想像もできないほど生育旺盛で強健!

地植えにしたらどんどん広がり、大変なことに!

庭に植えるには注意が必要です。

この記事ではワイヤープランツの特徴や育て方を紹介します。

ワイヤープランツの基本データ

タデ科  ミューレンベッキア属

耐寒性常緑低木

 

開花期   5〜7月  
      (花は咲いても目立たない)

花色    黄緑色

草丈    20〜30㎝

葉張り   50㎝〜5M

耐寒性   やや弱い
      (冬は葉が少なくなります)

耐暑性   強い

日照    日向〜半日陰

ワイヤープランツの特徴

銅色の細い茎に緑色の小さな丸い葉をつけます。

耐陰性があるので、明るい室内でも育てることができます。

寄せ植えにもおすすめで、鉢の手前に植えて枝垂れさせると動きが出て良い感じです。

しかし、こんな可愛らしい姿なのに実は低木で、生育が半端なく旺盛で地植えにすると手に負えなくなります。

グラウンドカバーにもなりますが、他の植物に覆いかぶさって枯らしてしまうこともあるので地植えはおすすめしません。

 

ワイヤープランツの花とタネ

気がつかないくらい小さな花が咲き、こんな可愛い実もできます。

この白い実のような物は5ミリくらいの大きさ。

透明感がある硬いゼリーのような実で、真ん中に黒い種があります。

作り物みたいでしょう!

初めて見た時は誰かの落とし物かと思いました(笑)

ワイヤープランツの種

ワイヤープランツの育て方

栽培環境  

日向〜半日陰で育ちます。

水やり 

鉢植えは乾いたらたっぷり水を与えます。

地植えの場合は降雨に任せます。

用土    

水はけと通気性の良い土を好みます。

鉢植えは市販の草花培養土で問題なく育ちます。

地植えの場合は庭の土に腐葉土を混ぜたくらいで充分です。

痩せ地でも育つ丈夫な植物なので、あまり良い土だと茂りすぎます。

それでも地植えはおすすめできません。

植え付け  

4〜6月、9〜10月が適期です。

手入れ   

茂りすぎて蒸れるようなら株元で切り戻すか、間引くように切り取ります。

病害虫   

アブラムシが発生することがあります。

見つけしだい駆除してください。
アブラムシはウイルス病を媒介するので早めの対処が大切です。

増やし方  

挿し木で増やせます。

挿し木の適期は5〜6月です。

他の品種

ワイヤープランツは他にも次の品種があります。

  • 斑入り葉のスポットライト
  • 葉がハート型のワイヤーハート
  • 葉がスペード型のワイヤースペード

これらは生育がやや遅く、寒さにもやや弱いという特徴があります。

我が家のワイヤープランツ

我が家では、数年前に地植えにしたワイヤープランツが広がって、大変なことになっています。

地下茎で増えるのでいろいろな場所から生えてきます。

写真はフェンスに登ってフェンスを覆ってしまったワイヤープランツです。

フェンスの下からも3メートルくらい垂れ下がっています。

地植えのワイヤープランツ

12月の庭から

年に2回くらい切ったり引き抜いたりしてはいるのですが、生育の速さにこちらの作業が追いつきません。

ちょっと放って置いたらこんな状態になってしまいました。こうなったらお手上げです。

これを見たら地植えをおすすめしないのがわかってもらえますよね(笑)。

ワイヤープランツを育てるなら鉢植えで楽しんでくださいね。

最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です