今朝はぐっと冷え込みました|小さな庭から|ゆるっとガーデニング

霜が降りたトウテイラン

写真のシルバーリーフはトウテイラン

12月19日 月曜日

朝起きると一面に霜が降りていました。

この冬一番の冷え込み。最低気温は−6℃。

庭の植物は、凍りついたようにカチカチになっていました。

 

霜が降りたガイラルディア・グレープセンセーション

まだ花が咲いているガイラルディア・グレープセンセーション。

 

霜が降りたエゴポディウム

エゴポディウム・バリエガータと、紫葉のオキザリス・トリアングラリス。

オキザリスはこの霜で枯れるでしょう。

また春に元気な姿を見せてね。

でも、あまり増えてほしくないけど・・・

 

霜が降りたオダマキ

オダマキ・ノラバロー。

白く見えるのは霜。葉はクルンと丸まってカチカチになっています。

 

霜が降りたシモツケ

シモツケはまだ落葉していません。

写真では伝わらないけど、実物はもっと綺麗に紅葉しています。

 

霜で萎れたユーフォルビア

ユーフォルビア・シルバースワンは萎れて固まっています。

でも、日が当たればちゃんと復活します。

 

霜が降りたオレガノ

オレガノ・ヘレンハウゼンは、寒さで葉が黒くなってる。

隣のユーフォルビア・キパリッシアスはやっと紅葉しました。

後ろのグラス、スティパ・エンジェルヘアーは、霜が降りてもびくともしない。本当に丈夫です。

 

霜が降りたレモンゼラニウム

香りゼラニウムの葉の縁についた霜が綺麗。

 

霜が降りたサラダバーネット

繊細な葉のサラダバーネットは、霜が降りると雪の結晶のようでとても美しいですね。

 

冬の庭は春のような華やかさはないけれど、霜が降りた植物の姿や、グラスの枯れ姿なども美しいですよね。

若い時は、冬の庭は寂しくて好きじゃなかったのですが、年齢を重ねるにつれて、冬の庭は美しいと思うようになりました。不思議ですね。

 

午後には雪が降ってきて、今日の気温は3℃までしか上がりませんでした。

今年中には宿根草の切り戻しとかやりたいんですが、こう寒いと庭に出る気になれません。

今年も残すところあと10日ほど。

天気予報を見ていると、来週はもう少し気温が上がりそうなので、残った庭仕事ができればいいのですが。

最後までご覧いただきありがとうございました。