植物の冬越し・寒さ対策のポイント

冬の庭

霜が降りるようになりました。

とうとう季節は冬・・・

この時期になると気になるのが植物の冬越しです!

植物にも種類があって、寒さに強いものもあれば弱いものもあります。

その植物に合わせた防寒対策をして、来年も綺麗に花を咲かせたいですよね♪

この記事では植物の冬越しや寒さ対策と、我が家の冬越し対策を写真つきで紹介したいと思います。

まず植物の耐寒性を確認しよう

植物ラベル

植物の種類によって耐寒性には差があるので、まずは自分が育てている植物の耐寒性を調べましょう

それによって冬越しの対策が違ってきます。

植物ラベルの裏に「最低温度5度」「半耐寒性」などと書いてあるので確認しましょう。

耐寒温度がラベルに載っていなかったり、ラベルがない場合は植物の名前で検索してみましょう

大まかに分けると次の3つに分類されます。

耐寒性がない植物(非耐寒性)

7度〜10度以上の温度が必要で、関東地方では戸外で冬越しできない植物。

 

耐寒性がある植物(耐寒性)

0度以下の温度に耐え、関東地方では特に対策をしなくても戸外で冬越しできる植物。

 

中間的な植物(半耐寒性)

0度前後の温度に耐え、関東地方以西で防寒対策をすれば戸外で冬越しできる植物。

植物の耐寒性に合わせた冬越し対策をしよう

霜が降りたビオラ

ここにあげる対策は関東地方を基準にしています。

お住まいの地域の気候や気温に合わせて臨機応変に対策をしてくださいね。

非耐寒性の植物

寒さに弱いので屋外では越冬しできません。

鉢植えは室内の日当たりの良い暖かい場所に取り込みます。

地植えの植物は、鉢に植え替えてから室内に取り込みましょう。

いずれの場合も、切り戻しておくと場所を取らず管理も楽です。

*夜間の窓辺は冷え込むので、夜間は窓から離れた所に移動させましょう。
エアコンの風が当たるような場所は避けましょう。

半耐寒性の植物

やや寒さに弱いので、防寒対策が必要です。

鉢植えは日当たりの良い軒下に移動し、夜間は不織布をかけます。

地植えの植物は株元を腐葉土やバーク堆肥で覆い、夜間は不織布をかけます。

*不織布の代わりに段ボールや空の鉢を被せておくのも防寒対策になりますよ。

耐寒性の植物

寒さに強いので屋外で冬越しできます。

鉢植えは日当たりの良い軒下に移動させます。

地植えの植物は株元を腐葉土やバーク堆肥で覆っておくと、霜で根や新芽が傷むのを防いでくれるので安心です。

*耐寒性の植物も地域や環境によっては、さらに対策が必要な場合があります。

冬の水やり

霜が降りた植物

冬の水やりは次の2つが重要なポイントになります。

乾燥気味に管理する

冬は生育が緩慢になっているので、多くの水を必要としません。

地植えのものには水やりは必要ありません。

屋外で管理している鉢植えは、乾燥気味に管理します。
土の表面が乾いていても葉が萎れていなければ、もう1日待ってから水やりするくらいで大丈夫です。

水やりは他の季節と同様に、鉢底から水が流れ出るまでたっぷりと与えてくださいね。

水やりの頻度は、環境や植物によって差がありますが、週に1回程度の水やりになることが多いです。

水やりは午前中に終わらせる

遅い時間に水やりすると夜間の凍結の原因となるので、水やりは午前中にすませましょう。

冬の作業

休眠状態になって地上部が枯れた宿根草は、枯れた葉や枝を株元で切り戻しておきましょう。

休眠中の植物(草花)に肥料はいりません。

我が家の冬越し対策

  • 霜が降り始めると、鉢植えは日当たりの良い軒下に移動し、夜間は不織布をかけます。
  • 地植えしている植物にも夜間は不織布をかけます。(耐寒性が強いものにはかけません)
  • 寒波が来た時や強風が吹く時は、昼間も不織布をかけています。

岡山県の山間部に位置する我が家の冬の気候は、

真冬は最低気温が氷点下の日がほとんどで、寒波が来るとマイナス9度くらいまで下がることもあります。

雪はたまに降りますが、積もることは滅多にありません。

12月に入ると霜が降りるようになり、1月〜2月は強い霜が頻繁に降りて、軒下に置いてある鉢の土が凍ることがあります。

昨年は凍った鉢植えが何日も溶けないこともありました。
(こんな時は水やりして凍った土を溶かしたい気持ちになりますが、水を与えてはいけません。自然に溶けるのを待ちましょう。天気が良ければ、鉢をお日様に当ててあげると早く溶けます。)

不織布で花壇の霜対策 

夜間はこんなふうに不織布をかけています。

(寒さに強い植物は株元をバーク堆肥で覆うのみで、不織布はかけません)

不織布の端はレンガや空の鉢で押さえています。

植物に鉢をかぶせて防寒しているところもあります。

花壇の霜対策

霜が降りない日や昼間は不織布をめくって片側に寄せています。

 

100均の鉢スタンド

草丈がある植物は、100均の鉢スタンドを置いて、その上から不織布をかけます。

こうすると植物が不織布で潰れません。

不織布で花壇の防寒対策

100均の鉢スタンド使えます!

 

ただ、大きめの花壇では不織布をかぶせたり、外したりするのが面倒なんですよね。

そこで今年は、見た目を捨ててトンネルアーチを組んでみました。

トンネルアーチだと不織布の上げ下ろしが楽です。

花壇の防寒対策

いきなり畑感が出ました・・笑

花壇の防寒対策 トンネルアーチ

ここで使った資材はどれもホームセンターで手に入ります。

アーチの材料の支柱は色々なサイズがありますよ!

今回このアーチを組むのに便利なものを使いました。

 

クロスバンド

2本の支柱を十文字に固定するのがとっても楽にできます。組み合わせる支柱の太さによってサイズを選べます。

 

 

パッカー

支柱に不織布を固定するのに2種類のパッカーを使いました。

サイズが色々あるので、支柱の太さにあったものを選べます。

色は派手です。

見た目はあきらめました(笑)

この「 トンネルパッカー 」は、不織布をめくった時にも便利な機能を兼ね備えたパッカーです。

 

 

こちらはシンプルな「 かんたんパッカー 」

シンプルですが、着脱がとても楽な優れものです❗️

しっかり止まるし、外すのも力がいりません!

トンネルパッカー

 

*パッカーは、お家にあるクリップなどでも代用できますよ。

 

不織布

不織布は化学繊維を布状に加工したもので、通気性に優れ、光や水分を通しますが、霜や寒風を防いでくれます。

好みの大きさにカットでき、柔らかくて軽く、扱いやすいので防寒対策におすすめです。

不織布は冬に使い終わったら、洗って乾かせば、たたんでしまえるので場所をとりません。

数回繰り返し利用できて経済的です。

汚れると光を通しにくくなるので、洗うのが面倒な私は毎年新しい物を使います。

我が家はトンネルアーチ用に不織布がたくさん必要だったので、ロールで販売されている不織布を使いましたが、100均にも不織布はありますよ。

100均の不織布

ダイソーの不織布シート このサイズで100円です。

 

植物は種類によって耐寒温度が大きく異なります。

耐寒性が強いものを選べば対策なしで越冬できますが、そうでない植物は何かしらの対策を取る必要があります。

冬の気候は地域によって大きな差があるので、お住まいの環境に合わせて対策をとってくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。