ユーパトリウム・チョコラータの育て方|姿良く花を咲かせるには?

ユーパトリウム・チョコラータ

黒みを帯びたダークグリーンの葉が特徴のユーパトリウム・チョコラータ。

シックな葉色は庭をお洒落な雰囲気にしてくれます♪

背丈が伸びて草姿が乱れやすいので、姿良く花を咲かせるには切り戻しがポイントになります。

この記事ではユーパトリウム・チョコラータの特徴や育て方などを紹介します。

ユーパトリウム・チョコラータの基本情報

キク科 アゲラティナ属
耐寒性多年草 冬期落葉種 

 

原産国  北アメリカ
学名   Ageratina altissima  chocolate

別名   アゲラティナアルテシマ、銅葉フジバカマなど
花色   白

花期   9〜10月
草丈   100cm〜120cm
葉張り  40〜60cm
耐寒性  強い(ー20度)
耐暑性  強い
日照   日向〜明るい半日陰

 

ユーパトリウム・チョコラータの特徴

ユーパトリウムチョコラータの葉と花

葉色がシック

葉は黒みを帯びたダークグリーンで、季節で葉色が少し変化します。

春・銅葉 → 夏と秋・ダークグリーン → 晩秋・黄色

と変わっていきます。

ちなみに秋の黄色い葉は紅葉の黄色のような鮮やかな色ではありません。
あまり期待しないでくださいね。

アゲラタムに似た白い花を咲かせる

秋に咲く花の色は白で、アゲラタムの花に似ています。

ダークグリーンの葉とのコントラストが素敵です。

花が咲いても派手さはありませんが、シックな雰囲気が魅力的です。

育てやすい

暑さ寒さに強く、病害虫もほとんど見られず、強健で育てやすい植物です。

ユーパトリウムというと『地下茎でどんどん増えて困る〜』という声を聞きますが、

チョコラータは地下茎で増えることはありませんので安心してください。

西洋フジバカマのようなコノクリニウム属のユーパトリウムは地下茎で繁殖しますが、

チョコラータはアゲラティナ属のユーパトリウムなので性質が違うようです。

ユーパトリウム・チョコラータの育て方

ユーパトリウムチョコラータの開花

9月中旬の庭 花が咲き始めました

栽培環境

日向〜半日陰まで育ちます。
(日当たりが良い方が葉色は綺麗です。)

水はけの良い土壌を好みますが、乾きすぎるのは苦手です。

日向だけど西日が当たらないような場所が最適です。

草丈が高くなる植物なので、地植えがおすすめです。

水やり

やや湿った土壌を好みますが、軽い乾燥には耐えます。

鉢植えは土の表面が乾いたらたっぷりと水やりします。

地植えは降雨に任せますが、夏に晴天が続く時は水やりします。

乾かしすぎると葉が傷んでしまうので、夏場は水切れしないように気をつけます。

ユーパトリウムの水やりは『迷った時には水やりする』というのが私流です。

肥料

肥料はあまり必要としません。

春と秋に緩効性肥料を与えるくらいで十分です。

ユーパトリウムチョコラータ

葉と花のコントラストが美しい

植え付け

3月〜4月が適期になります。

水はけと水持ちの良い土に植え付けます。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土で問題なく育ちます。

地植えの場合は、掘り上げた土に腐葉土や堆肥を混ぜ込んで植え付けます。

植え替え

2月〜3月が適期になります。

手入れ

6月頃に地際から15cm位の高さで切り戻します。

放任で育てると草丈が伸びて夏に水切れしやすく、草姿も乱れます。

そして花が咲く頃には草丈が1mを越して、倒れやすくなってしまいます。

この時期に切り戻しておくことで、枝数が増え、開花期にはまとまった綺麗な草姿で花を咲かせることができます。

<我が家の実際の画像>

ユーパトリウムチョコラータ

株元から15cmくらいで切り戻し⬇️

ユーパトリウムチョコラータ

そして9月20日⬇️

ユーパトリウムチョコラータ

草丈80cmで、ボリュームのある株になって花を咲かせています。

*これより低い位置で咲かせたいなら、7月下旬にもう一度、半分くらいの丈で切り戻します。

夏越し

耐暑性は強いので夏越しは容易です。

極端な乾燥には弱いので、乾くようなら地植えした株にも水やりします。

初夏の剪定で草丈を低くコントロールしておくと、真夏に水切れすることが少なく管理が楽です。

冬越し

耐寒性も強いです。冬は落葉します。

落葉したら地際で切り戻してください。

冬は枯れ木のようになりますが心配いりません。春になると芽吹いてきます♪

ユーパトリウムチョコラータ

病害虫

ほとんどみられません。

増やし方

株分け、挿し木で増やせます。

株分けの適期は3〜4月です。 

挿し木の適期は6月ごろです。

まとめ

  • 丈夫で育てやすい耐寒性多年草
  • 花期は9月〜10月
  • ダークグリーンの葉と白い花のコントラストが美しい
  • 初夏に切り戻すと、こんもりと綺麗な草姿で花を咲かせる
  • 地下茎では増えない

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です