アロニア・メラノカルパ(チョコベリー)の育て方|実の栄養価は?

アロニア・メラノカルパの果実

アロニア・メラノカルパという樹木をご存知ですか?

秋に黒い実をつけるのでチョコベリーとも呼ばれています。

その実は栄養価が豊富で、近年スーパーフードとしても注目を浴びています。

春にかわいい花を咲かせ、実がなり、紅葉が綺麗で周年楽しめる丈夫で育てやすい低木です。

この記事ではアロニア・メラノカルパの特徴や育て方、実の栄養価などを紹介したいと思います。

アロニア・メラノカルパの基本情報

バラ科 ナナカマド属

耐寒性低木 落葉樹

 

原産地   北アメリカ

学名    Aronia melanocarpa

別名    チョコベリー チョークベリー 西洋カマツカ

花色    白

花期    4月〜5月

樹高    2m前後(剪定で1mくらいに抑えることも可能です)

耐寒性   強

耐暑性   強

日照    日向〜半日陰

チョコベリーの花

4月下旬 アロニアの花 ピンク色のしべが可愛い

アロニア・メラノカルパの特徴

花が可愛い

春に白い小花を房状に咲かせます。

蕾はうっすらとピンクがかっていて、開花するとピンク色のしべがとても可愛いです。

実が栄養豊富

実にはポリフェノール・ビタミンC・カロテン・食物繊維・アントシアニンなどが豊富に含まれています。

特にポリフェノールとアントシアニンはブルーベリーの2倍の含有量で、近年スーパーフードとして注目を集めています。

生食もできますが、酸味が強いのでジャムやジュースに加工されることが多いです。

自家結実性があるので一本でも実がなります。

紅葉が美しい

秋には紅葉し、寒冷地では葉が鮮やかな赤になりとても美しいです。

丈夫で育てやすい

日向〜半日陰まで育ち、耐寒性・耐暑性に優れていて、丈夫で育てやすい低木です。

アロニア・メラノカルパの黒い実

アロニアの果実

アロニア・メラノカルパの育て方

栽培環境

日当たりと風通しの良い場所が適しています。

*半日陰でも育ちます。

乾燥に弱いので、水はけと水持ちの良い土で育てます。

水やり

鉢植えの場合は、用土が乾いたらたっぷりと水やりします。

地植えの場合は、降雨に任せますが、乾燥には弱いので日照りが続いて乾くようなら水やりします。

肥料

痩せ地でも育ちますが、必要に応じて春か秋に緩効性化成肥料を与えます。

植え付け

落葉期の12月〜2月が適期です。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土で植え付けます。

地植えの場合は、株の2〜3倍の穴を掘り、掘り上げた用土に腐葉土とピートモスを混ぜ込み、水はけと水持ちの良い環境を作ります。

*ポット苗は真夏以外は植え付け可能です。

植え替え

落葉期の12月〜2月が適期です。

剪定

剪定の適期は12月〜2月です。

アロニアは自然と樹形が整います。

剪定は混み合った枝だけを間引く程度にしましょう。

夏越し

夏はアロニアの成長期です。

鉢植えは水切れさせないように、
地植えは乾かしすぎないように水やりに注意しましょう。

冬越し

耐寒性が強いので特に対策はありませんが、
鉢植えの水やりは控えめにします。

病害虫

特にはみられません。

増やし方

挿し木で増やせます。適期は5〜6月です。

アロニア・メラノカルパの花

4月の庭から

アロニア・メラノカルパの果実

7月

最後に

我が家のアロニアは植え付けてから4年目になりますが、成長はゆっくりです。

枝数は増えましたが混み合うほどでもないので、まだ剪定したことがありません。

今、1mほどの樹高です。

まだまだ伸びて、枝数が増えて、実がなるのか、と思うと楽しみです。

アロニアは緑の葉が綺麗で、春の蕾や花、初夏から秋の黒い実、秋の紅葉と一年中いろいろな姿が楽しめます。

あまり大きくならないので、小さな庭にもおすすめですよ。

今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てたら嬉しいです。