コンボルブルス・ブルーカーペットの育て方|夏越し、冬越しは?

コンボルブルス・ブルーカーペットの花

コンボルブルス・ブルーカーペットという植物をご存知ですか?

コンボルブルスには、
一年草、多年草、低木やツル性のものなど色々な品種があります。

その中で、ブルーカーペットは半耐寒性の多年草になります。

初夏に淡いブルーの花を一面に咲かせる姿は圧巻です。

この記事では、ブルーカーペットの特徴や育て方、夏越し冬越しのコツなどを紹介したいと思います。

コンボルブルス・ブルーカーペットの基本情報

ヒルガオ科 コンボルブルス属

半耐寒性/多年草

 

原産地  地中海沿岸

学名   Convolvulus sabatius

別名   コンボルブルス・サバティウス

花色   淡いブルー

花期   5月〜7月中旬

草丈   10cm〜20cm

葉張り  40〜80cm

耐寒性  やや弱い(最低気温が−5度以上必要)

耐暑性  強(高温多湿には弱い)

日照   日向

コンブルブルス・ブルーカーペットの花

5月 半日陰の花壇で咲くブルーカーペット

コンボルブルス・ブルーカーペットの特徴

茎は這うように横へ伸びて、マット状に広がっていきます。

花は淡いブルーで、直径2cmくらいの朝顔のような形をしています。

ブルーカーペットという名前に相応しく
開花期に次々と花を咲かせる様子がブルーの絨毯のように見えます。

乾燥気味の環境を好むので、
ハンギングバスケットや、レイズドベッドの縁、
ロックガーデンなどに適しています。

半耐寒性多年草で、
冬に最低気温が−5度以上あれば戸外で常緑で越冬し
翌年も花を咲かせます。

マット状に広がったコンブルブルす・ブルーカーペット

5月 敷地の外に広がって垂れ下がるブルーカーペット

コンボルブルス・ブルーカーペットの育て方

栽培環境

日当たりと水はけの良い環境を好みます。

梅雨時の高温多湿を嫌います。

水はけと風通しを良くしておくことが、元気に育てるコツです。

乾燥気味を好むので、ハンギングバスケットや、
レイズドベッドの縁などに植え付けると元気に育ちます。

日向で水はけと風通しが良い場所では、グランドカバーにも使えます。

水やり

鉢植えの場合は、用土が乾いたらたっぷりと水やりします。

庭植えの場合は、降雨に任せます。

真夏に晴天が続き、乾くようなら水やりします。

肥料

春と秋に緩効性化成肥料を施します。

ブルーカーペットの花

6月の庭から

植え付け

適期は4月〜5月と9月〜10月です。

乾燥気味を好み、酸性土壌を嫌います。

鉢植えの場合は、
市販の山野草の培養土を使うと育てやすく、夏越しも楽です。

庭植えの場合は、
腐葉土を混ぜ込んだ土に苦土石灰を混ぜて、
1週間ほど馴染ませてから植え付けます。

植え付け時に摘芯しておくと、枝数が増えてボリュームが出ます。

*摘芯=茎の先端近くの脇芽が出る位置の上を切り取る。

植え替え

鉢植えの場合は、
根詰まりするようならひと回り大きな鉢に植え替えます。

移植が苦手なので、根鉢を崩さないように優しく植え替えます。

庭植えの場合は、植え替えの必要はありません。

手入れ

伸びすぎたものは切り戻します。

株元の枯れ葉などは取り除きます。

夏越し

花がひと通り終わったら、半分くらいの丈で切り戻します。

株元の枯れ葉などを取り除いて、梅雨や夏に蒸れるのを防ぎます。

鉢植えは、梅雨時期には雨がかからない軒下などに移動します。

冬越し

暖地では特に対策はありません。

最低気温が−5度以下になるような地域では、霜の当たらない軒下に取り込んだり、夜間は不織布で覆いをするなどして寒さから守ります。

病害虫

暖かくなると、アブラムシやハダニがつくことがあります。

見つけ次第駆除します。

増やし方

挿し木で増やせます。適期は5〜6月です。

最後に

我が家のコンボルブルスは、庭植えにしています。

植え付けてから7年になります。

この冬は最低気温が−8度くらいの日が何回かありました。

一般的にはブルーカーペットは冬越しできないような気温でしたが、対策なしで特に問題もなく元気に育っています。

植えている場所が、樹木の影になるような場所で、気温が下がっても霜が当たりにくく傷みにくいのだと思います。

こういうのを経験すると、耐寒性や耐暑性は気温だけでなく、環境の影響も大きいなと実感します。

植物のデータだけでは判断できないことはたくさんあります。

地域や環境によっても違いが出てきます。

まずはいろいろな情報を参考に育ててみる。

実際に育てると分かってくることはたくさんあります。

失敗することもありますが、それも含めて植物を育てるのは楽しいし、草抜きだってストレス発散になったりします。

土に触れ、植物に触れ、心が癒される。

それがガーデニングの醍醐味だと思います。

日焼けしても、手が荒れてもやめられません笑

今日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です