アスター・レディインブラックの育て方

アスター・レディインブラック

アスター・レディインブラックはブロンズリーフの宿根アスター。

晩夏から秋にかけて小さな花を無数に咲かせます。

野趣溢れる姿は自然風な庭によく似合い、丈夫で育てやすい植物です。

この記事ではアスター・レディインブラックの特徴や育て方を紹介します。

アスター・レディインブラックの基本情報

キク科  アスター属

耐寒性多年草(冬季落葉種)

 

原産地   北アメリカ

学名    Aster Lateriflorus‘Lady in Black’

別名    カルコスター、スターヘッドアスター 

花色    白花(花芯がピンク) 

花期    夏〜秋(8月下旬〜11月)

草丈    80cm〜100cm

耐寒性   強い(−20度前後)

耐暑性   強い

日照    日向

アスター・レディインブラックの特徴

アスター・レディインブラックの花

9月中旬の庭 咲き始めの様子 まだ花は少ない

黒みがかった葉に個性的な白い小花を咲かせる宿根アスターです。

花期は晩夏から秋で、枝いっぱいに無数の小花をびっしりと咲かせます。

咲き進むとピンク色の花芯が目立って個性的です。

暑さ寒さに強く育てやすい植物です。

穂の綺麗なグラスと相性が良いですよ。

黒みがかった葉

葉は芽吹きの頃は黒みがかり、気温が上がると緑の葉に変化します。

秋に気温が下がってくると再び黒みがかります。

個性的な花姿

花は1cmくらいの小花で、白い花弁に花芯はピンク色をしています。

ピンク色の花芯が目立つので個性的な花姿です。

アスター・レディインブラックの育て方

アスター・レディインブラックの花

9月下旬 蒜山ハービルにて

栽培環境 

日当たりと水はけの良い場所で、やや乾燥気味の環境を好みます。

夏場は風通しが良いと理想的です。

水やり

やや乾燥気味に管理します。

多湿は苦手です。
水のやりすぎには注意してください。

鉢植えの場合は用土が乾いたらたっぷりと水やりします。

地植えの場合は、降雨に任せます。夏に乾燥するようなら水やりします。

肥料

あまり肥料を必要としません。

鉢植えは春と秋に緩効性化成肥料を控えめに置き肥します。

地植えでは肥料は不要です。

アスター・レディインブラック

9月下旬 蒜山ハービルにて

植え付け

4〜6月が適期です。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土で問題なく育ちます。

地植えの場合は、用土に腐葉土をすき込んで水はけの良い環境を作ります。

植え替え

適期は2〜3月の芽出しの直前です。

アスターは生育がよく、根詰まりしやすい植物です。

鉢植えは毎年植え替えます。

地植えは3年に一度くらいの頻度で掘り上げ、株分けして植え替えます。

手入れ

ひと通り花が終わった茎は切り取ります。

6月ごろに1/3〜1/2の草丈で切り戻しておくと枝数が増え草姿が整います。
草丈を低く抑えることもできます。

アスター・レディインブラックの花

9月中旬の庭から

夏越し

暑さに強いので特別な対策は不要です。

冬越し

花後に茎が枯れたら、地際で刈り取ります。

寒さに強いので対策は不要です。

*寒冷地では鉢植えは軒下に移動し、地植えの株は腐葉土で覆い、凍結対策すると安心です。

病害虫

病気は特には見られません。

害虫は暖かい時期にアブラムシが発生することがあります。

見つけしだい駆除してください。

増やし方

株分けと挿し木で増やせます。

株分けの適期は2〜3月、挿し木の適期は5〜6月です。

アスター・レディインブラックを使った植栽

9月下旬 蒜山ハービルにて グラスとの植栽

まとめ

  • 初夏から秋にかけて無数の小花を咲かせる宿根草
  • 黒みがかった葉が珍しい
  • 白い花弁にピンクの花芯の小花が個性的
  • 日向を好み、乾燥に強く、西日が当たる場所でも元気

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です