サルビア・アズレアの特徴や育て方|剪定の方法や時期は?

サルビア・アズレア

サルビア・アズレアは爽やかな空色の花が美しい多年草。

夏の終わりから秋にかけて次々と花を咲かせます。

アズレアは枝が伸びやすく、剪定せずに育てると草丈が2m近くなり、花が咲く頃には倒れてしまいます。

綺麗な草姿でたくさんの花を咲かせるには剪定が重要です。

この記事ではサルビア・アズレアの特徴や育て方、剪定の方法や時期も紹介しています。

サルビア・アズレアの基本情報

シソ科  アキギリ属 

耐寒性多年草(冬季落葉種)

 

原産地  北アメリカ

学名    Salvia azurea

別名   ブルーセージ、プレーリーセージ

花色   空色

花期   9月〜11月

草丈   80cm〜150cm

耐寒性  強い(−15度〜−25度)

耐暑性  強い

日照   日向

サルビア・アズレアの特徴

サルビア・アズレア

9月の庭から

空色の花を咲かせる

晩夏から晩秋にかけて、澄んだ空色の花を咲かせるサルビアです。

細い葉と茎は青みがかった緑色をしています。

のびやかな姿はナチュラルガーデンにぴったりです。

草丈が高くなる

草丈が高くなるサルビアで、成長すると1.5m以上になります。

とにかくよく伸びて草丈が高くなり、倒れやすいです!

*草丈は剪定でコントロールできます。
剪定すると綺麗な草姿で咲かせることができます。

丈夫な多年草

暑さ寒さに強い耐寒性多年草です。

一度植えると毎年花を咲かせます。

冬は葉を落として越冬します。

病害虫もほとんど見られず性質は丈夫です。

▼同じ時期に咲く宿根サルビアはこちらの記事をどうぞ

コバルトセージの育て方|姿よく咲かせるコツ

サルビア・アズレアの育て方

サルビアアズレア

栽培環境

日当たりと水はけ、風通しの良い場所を好みます。

乾燥にも強く西日が当たる場所でも育ちます。

草丈が高くなるので、鉢植えより地植えがおすすめです。

大きく育つので、ある程度広い場所に植えます。

水やり

乾燥気味を好み、多湿は苦手です。

鉢植えの場合は、用土が乾いたらたっぷりと水やりします。

地植えでは降雨に任せます。

肥料

あまり肥料を必要としません。

多肥にすると更に草丈が高くなって倒れやすくなります。

植え付け・植え替え

植え付け適期は春と秋です。

水はけの良い土に植え付けます。

<鉢植えの場合>

市販の草花用培養土かハーブの土で育てます。

<地植えの場合>

掘り上げた土に腐葉土を混ぜ込み水はけの良い環境を作ります。

さらに元肥として緩効性化成肥料を少量混ぜ込みます。

手入れ

剪定は欠かせません。

とにかく伸びるので、剪定せずに育てると倒れます!

サルビアアザレア

剪定が足りず倒れた茎

春から夏にかけて2〜3回剪定すると、草丈が抑えられ、枝数が増えて花がたくさん咲きます。

最初の剪定は草丈が30cmくらいになった頃で、地際から10〜15cmで切り戻します。

最後の剪定は8月上旬くらい。この時期に剪定しても花は咲くので心配いりません。

剪定は毎回、短く切ってね!

剪定すると枝数が増え、お互いを支え合って倒れにくくなります。

夏越し

暑さには強いので特別な対策は不要です。

冬越し

冬になって枯れたら、地際で切り戻しておきます。

寒さには強いので特別な対策は不要です。

春になると、また芽吹きます。

*気温が下がってくると葉の色が紫がかってきますが、生理現象なので問題ありません。

サルビア・アズレア

病害虫

特には見られません。

増やし方

挿し木や株分けで増やせます。

挿し木の適期は5〜6月か9〜10月です。

株分けの適期は3〜5月か、秋の花が終わってすぐになります。

まとめ

  • 空色の花が美しい多年草タイプのサルビア
  • 晩夏〜晩秋にかけて花を咲かせる
  • 日当たりと水はけの良い環境を好む
  • 放任で育てると草丈が1.5m以上になり草姿も乱れる
  • 綺麗な草姿で花を咲かせるには剪定が欠かせない

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が誰かのお役に立てると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です