コレオプシス・ウリドリームの育て方|花期が長く育てやすい多年草

コレオプシス・ウリドリーム・サンセット

コレオプシスは花期が長く丈夫で育てやすい多年草です。

たくさん種類があるけれど、マイブームはコレオプシス・ウリドリーム。

そのなかで一番好きな色が 写真の‘サンセット’綺麗なサーモンオレンジです。

コレオプシス・ウリドリームは花期が春から晩秋までと長く、宿根草なので一度植えると毎年花を楽しめます。

暑さに強く、花が少なくなる夏の間も花を咲かせてくれます。

育てやすいので初心者にもおすすめです。

コレオプシス・ウリドリームの特徴

コレオプシス・ウリドリーム・サンセット

8月6日

花上がりが良い

スッと伸びた繊細な茎の先に小さなコスモスに似た花を咲かせます。

花上がりが良く次々と咲かせ、花期は春〜秋までと長く楽しめます。

花色が気温で変化する

写真はサンセットという色ですが、春はサーモンオレンジ、夏は黄味が強くなり、秋はダークオレンジへと変化します。

花数が多くなると少し花のサイズが小さくなるようです。これは気温のせいなのか、花数のせいなのか、私の気のせいなのかは謎です。

コレオプシス・ウリドリームの花

9月下旬の庭から

晩秋のコレオプシス・ウリドリーム

11月下旬 葉や茎の色も濃くなりました

暑さ寒さ、病気にも強く育てやすい

暑さや病気に強く、秋まで花を楽しめます。

寒さにも強く、冬は落葉して越冬します。

とても丈夫で痩せ地でも元気に育ちます。

鉢植え、寄せ植え、花壇にも使えます。

コレオプシス・ウリドリームの基本情報

コレオプシス・ウリドリームの花

7月の庭から

キク科 ハルシャギク属 
耐寒性多年草 冬期落葉種

 

原産地  北アメリカ

花期   5〜11月

花色   サーモンオレンジ ホワイト ピンク ルージュ

草丈   30〜60cm

耐寒性  強い

耐暑性  強い

日照   日向

コレオプシス・ウリドリームの育て方

コレオプシス・ウリドリーム

7月の庭から

栽培環境 

日当たりの良い場所を好みますが、半日陰でも育ちます。

過湿には弱いので、水はけの良い土に植えます。

痩せ地でも育ちます。

肥沃な土は徒長して草姿が乱れたり倒れる原因になります。

水やり

過湿を嫌うので水の与えすぎは禁物です。

鉢植えは土がしっかり乾いてから水やりします。

花壇植えは降雨に任せます。真夏にしおれるようなら水やりします。

肥料

植え付け時に元肥として緩効性化成肥料を施せば、その後の肥料はほぼ不要です。

肥料を与えすぎると徒長して姿が乱れ、倒れやすくなります。

切り戻した時は少量の緩効性化成肥料を置き肥します。

 


コレオプシス・ウリドリームの花

9月下旬 気温が下がってくると花色が濃くなる

植え付け

植え付け時期

植え付けは春と秋が適期です。

どちらでも育ちますが、秋の方がおすすめです。
秋に植えると春までに根を張ってしっかりした株に育つので、春の花上がりがよくなりますよ。

用土

鉢植えは市販の草花用培養土で問題なく育ちます。

地植えの場合は、水はけが悪いようなら掘り上げた土に腐葉土を混ぜ込み水はけの良い環境を作ります。さらに元肥として緩効性化成肥料を混ぜ込みます。

植え替え

植え替え適期は春と晩秋です。

鉢植えは根詰まりするようなら、ひとまわり大きな鉢に植え替えるか、株分けします。

地植えでは植え替えは不要です。

手入れ

こまめに花がらを摘むと花上がりが良くなります。

でもコレオプシス・ウリドリームは花上がりがとっても良いので、いちいち花がらを摘むのは大変!

ひと通り咲いて、見苦しくなるころに切り戻すのが楽です!

株元10cmくらいで切り戻しておくと、2週間くらいで姿良く開花し始めます。

次の花を早く咲かせたい時は、枝先10cm程度の切り戻しにとどめます。

草丈が高くなって草姿が乱れた時は、株元で切り戻すと再び姿良く花を咲かせます。

切り戻したコレオプシス

7月22日に株元10cmでカット

満開のコレオプシス・ウリドリーム

3週間後には満開になっています

 

同時期に咲く、『サルビアネモローサ・カラドンナ』や『トレニア・カタリーナブルーリバー』など、ブルー系の花と合わせるとお互いを引き立て、爽やかな雰囲気になりますよ。  

コレオプシス・ウリドリーム・サンセット 

増やし方

株分け、挿し木、種まきで増やせます。

株分け (早春か晩秋の花が終わった頃)

挿し木 (5〜6月か9月〜10月)

種まき (3月中旬〜4月か9中旬〜10月)

まとめ

コレオプシスは、春から晩秋まで開花期も長く、過湿にさえ注意すればとても育てやすい植物です。

夏にも花を咲かせてくれるのも嬉しいですよね。

たくさんの品種があるので、お気に入りのものがきっと見つかると思います。

▼夏に元気な植物はこちらの記事で紹介しています

 

暑さに強い一年草・多年草11選

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です