夏の間も花が咲く、暑さに強い一年草・多年草20選

ツルバキアの花

春が終わると急にお庭が寂しくなってしまった・・そんな経験はありませんか?

でも梅雨の間は作業したくないし、梅雨が明けたら暑くて作業が難しい。

そんな時に取り入れたいのが、暑さに強くて開花時期の長い花。春(初夏)から秋まで長く咲く一年草や多年草です。

今回は夏の間も花が咲く、暑さに強い一年草や多年草を紹介します。

*全て自宅の庭で実証済みです。

我が家は中国地方の山間部。耐寒性ゾーン地図では8bの地域です。夏は平野部と変わらず、最高気温は連日30度を越す環境です。昨年は最高気温が35度を越す日が10日以上続き、38度の日もありました。

一年草

では早速、夏も花が咲く、暑さに強い一年草から紹介します。

スーパートレニア・カタリーナ

スーパートレニア・カタリーナの花

濃いブルーが涼しげなスーパートレニア・カタリーナ『ブルーリバー』

いまや夏の定番!

スーパートレニア・カタリーナのない夏は考えられません。

花が次々と咲くので花がら摘みは欠かせません。

クレオメ

クレオメの白い花

7月の庭から

クレオメの白い花

ひと株でここまで成長しました

クレオメは種から育てるのが一般的で、苗はあまり流通していませんでしたが、最近「 PROVEN WINNERS 」のクレオメ・セニョリータ の苗をホームセンターで見かけるようになりました。

セニョリータは分枝が良く、夏の間花が途切れることがありません。我が家では霜が降りるまで咲き続けてくれました。

ヘレニウム・ダコタゴールド

ヘレニウム・ダコタゴールド

何年か前に植えたひと株から、毎年こぼれ種で咲いています。

こぼれ種はほどほどに出るので、爆発的に増えることはありません。

霜が降りるまで咲き続けます。

エミリア・コクシネア

エミリア・コクシネアの花

5月の庭から

エミリア・コクシネアの花

6月の庭

細い茎の先に小さなオレンジ色の花を咲かせます。

暑いのが好きなようで、気温が上がるにつれて元気になります。

11月中旬まで咲いていました。

春に落ちたこぼれ種は8月には芽を出し、あちこちで花を咲かせていました。

センニチコウ

センニチコウ

センニチコウは花上がりも花もちも良い、ポピュラーで手に入りやすい一年草です。

花色は赤やピンクもあります。

ドライフラワーになります。

アンゲロニア

アンゲロニア

このアンゲロニアは7月末に植えました。

ちょっと遅いかなと心配だったけど、暑さに強いアンゲロニアはすくすく育っています。

花色が豊富で、小輪や大輪の品種もあります。

ユーフォルビア・ダイアモンドフロスト

寄せ植えのユーフォルビア・ダイアモンドフロスト

ユーフォルビア・ダイアモンドフロスト

ユーフォルビア・ダイアモンドスノーの花

八重咲き品種のダイアモンドスノー

小さな花がふんわりとかすみ草のように咲きます。

花期は春から晩秋までと長く、花がら摘みもいらない手のかからない植物です。

タデアイ

タデアイの花

タデアイは昔からある植物で、葉が藍染の原料に使われています。

花は雑草のタデを派手にした感じで可愛いです♪

こぼれ種で良く増えてくれます。

パープルファウンテングラス

パープルファウンテングラス

このグラスは、7月の初めにポット苗で購入して鉢に植えたものです。

暑くなってからもグングン成長中!

濃いワインレッドの葉に赤紫の穂がきれいです。

寒さに弱いので暖地以外では冬を越せませんが、毎年植える価値がある美しいグラスだと思います。

宿根草・多年草

ここからは宿根草・多年草を紹介していきます。

メカルドニア

メカルドニアの花

ほふく性で這うように横へ広がり、春から晩秋まで小さな花を次々と咲かせます。

半日陰では極端に花上がりが悪くなるので、日向で育てるのがポイントです。

サルビア・ミスティック スパイヤーズブルー

サルビア・ミスティック・スパイヤーズブルー

濃い青紫の花穂がとても美しいサルビアです。

咲き進むにつれて花穂が長く伸び、豪華な雰囲気になります。

ガイラルディア・グレープセンセーション

ガイラルディア・グレープセンセーション の花

9月の庭

ガイラルディア ・グレープセンセーションの花後

花弁が散った後の花芯

とにかく花期が長い、花上がりが良い。

とても育てやすい多年草です。

花後のポンポンのような花芯も面白いですよ。

ツルバキア・シルバーレース

ツルバキア・シルバーレース

日当たりが大好きで、西日が当たる場所も平気。

花のない時期も白っぽい斑入りの葉が美しいです。

カラミンサ・ネペタ

カラミンサとツルバキア

ツルバキアとカラミンサ

白い小花をたくさん咲かせるカラミンサ・ネペタ。

夏の間も元気に花が咲き続ける。

西日も平気で、どんな花とも馴染むので庭のあちこちで活躍しています。

エキナセア

エキナセアの花

人気の宿根草エキナセア。

花色がとても豊富で、年々大株になります。

コレオプシス・ウリドリーム

コレオプシス・ウリドリーム

7月の庭から

四季咲きで、姿が乱れたら切り戻して何度でも花を楽しめます。

季節で花色が変化するのも魅力で、気温が低い時期には花色が濃くなります。

ガウラ

満開のガウラの花

純白の花を咲かせる品種 クールブリーズ

ふんわりと次々に花を咲かせるガウラ。霜が降りる頃まで咲き続けます。

花色は淡いピンクや濃いピンク、斑入り葉の品種もあります。

寄せ植えにはコンパクトな品種がおすすめです。

ルドベキア・ヘンリーアイラーズ 

ルドベキア・ヘンリーアイラーズ の花

8月の庭から

細い筒状の花弁が個性的な多年草タイプのルドベキアです。

花弁が細いので軽やかです。

ロシアンセージ

ロシアンセージ

一度満開になった後、7月中旬に軽めに切り戻したものが満開になっています。

暑さがおさまったら、もう一度切り戻して3番花を咲かせる予定。

気温が下がる頃には、花色が濃くなるのでもっと綺麗になります。

これは半低木です。

ユーパトリウム

ユーパトリウム

この薄いブルーが涼しげで大好きです。

生育旺盛で花期も長く、丈夫で育てやすい植物です。

水切れすると葉がカリカリになってくるので、真夏は朝夕2回の水やりが欠かせません。

地下茎でどんどん増える宿根草です。

夏の庭の管理のポイント

手入れ

ここで紹介した植物の多くは花壇植えに向いています。

植物が夏を快適に過ごせるように、梅雨に入る頃に花壇の草抜きや必要な切り戻しをして、風通しの良い環境を作っておきましょう。

水やり

夏は水切れに注意が必要な季節です。

早朝か夕方の涼しい時間に水やりしましょう。
一回の水やりで水が足らない植物は、朝夕2回水やりします。

ホースで水をやる際には、ホースに溜まった水は暑くなっていることがあるので、水温に注意して水やりしましょう。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。