ベビーティアーズの育て方|最適な栽培環境は?【多年草】

ベビーティアーズ

ベビーティアーズは小さな葉が可愛い多年草。

『育てるのが難しい』という声もよく聞きますが、最適な環境で栽培すればそれほど難しくはありません。

実際に私の庭ではほぼ放任で8年もの間元気に育ち、庭のあちこちに広がっています。

屋外で育てる場合の最適な環境は、水はけと風通しの良い半日陰です

この記事ではベビーティアーズの育て方(屋外の場合)を紹介します。

ベビーティアーズの特徴

3㎜くらいの小さな葉が這うように伸びていきます。

葉は柔らかく繊細な雰囲気です。

草丈は低く、1cm〜5cmくらい。

花は咲きますが小さすぎて気がつかないので、鑑賞価値はないものと思ったほうが良いです。

葉色は緑色や黄緑色、斑入りなどがありますが、丈夫で育てやすいのは緑色です。

鉢植え、地植えのどちらでも楽しめます。

環境が合えば、ちょっとしたグランドカバーにも使えますよ。

寄せ植えのベビーティアーズ

8月の庭から

南の庭の鉢植えのベビーティアーズ。  

色は一番育てやすい緑葉のものです。

直射日光が当たる場所では葉色が黄緑になって、葉は小さく硬くなります。

花壇からあふれるベビーティアーズ

東の花壇のベビーティアーズ。

鉢植えと同じ緑葉のもの。

半日陰に植えたものは葉色が美しく、葉は柔らかくなります。

ベビーティアーズの基本情報

イラクサ科 ソレロリア属

多年草

 

原産地   地中海沿岸

学名    Soleirolia soleirolii

花色    白

開花期   6月〜7月

草丈    1〜5cm

耐寒性   強い(ー10度)

耐暑性   弱い(高温多湿に弱い)

難易度   中級

日照    半日陰
(日光が好きだが、直射日光が当たり過ぎると葉が硬くなる)

ベビーティアーズの育て方

栽培環境

屋外で元気に育てるために一番大切なのは栽培環境です。

日光を好みますが、夏の強い日差しには弱いので半日陰で育てるのが楽です。

風通しの良い半日陰

 

水はけの良い土

この2つの条件が揃えばたいていは元気に育ちます。

レンガに這うベビーティアーズ

8月の庭から

水やり

乾燥と高温多湿を嫌います。

鉢植えは表土が乾いたらたっぷりと与えます。

地植えは降雨に任せますが、乾燥するようなら水やりします。
*高温多湿に弱いので、夏の水やりは早朝か夕方以降に行います。(この時間帯なら葉の上から水をかけても大丈夫です。)

植え付け

適期は3月〜4月です。

鉢植え

市販の花の培養土で問題なく育ちます。

*培養土は質の良いものを使ってください。目安は20ℓで1000円以上のものです。

地植え

元々あった土に堆肥や腐葉土、赤玉土、パーライト(黒曜石)を混ぜ込んで、水はけの良い環境を作ります。

さらに元肥として緩効性化成肥料を少量混ぜ込んでおきます。

*掘った穴に市販の培養土をそのまま入れて使っても構いません。

植え替え

適期は春と秋です。

鉢植えは、根詰まりするようなら、一回り大きい鉢に植え替えるか株分けします。

地植えでは植え替えは不要です。

地植えのベビーティアーズ

8月の庭 建物の東側で地面を覆うベビーティアーズ

肥料

肥料はあまり必要としません。

私は鉢植えも地植えも年に2回(春と秋に)緩効性肥料を与えるくらいですが、それすら忘れていることもあります。

肥料を一切与えない場所もありますが、元気に育っています。

手入れ

伸びすぎたり、茂りすぎたら蒸れ防止に軽く切り戻します。(草丈半分くらいに。)

増やし方

株分けで簡単に増やせます。

適期は春です。

掘り上げた株をざっくりと手で分けて植え付け、軽く水やりして新しい土に馴染ませます。

*挿し木でも増やせますが、茎が細いので挿しにくく、水管理が難しいので株分けがおすすめです。

病害虫

ほとんど見られません。

我が家のベビーティアーズ

我が家では次のような条件の場所で育っています。

①建物の東側:午前中は日光が当たり午後は日陰になるような場所。

②南の庭:建物の軒先や樹木の陰で、西日が当たらない場所。

どちらでも元気に育っていますが、日当たりが良いほど葉は硬くなります。

①建物の東側

ここは雨がかかりにくく、土は常に乾き気味です。

乾燥に弱いと言われるベビーティアーズですが元気に育っています。

明らかに萎れそうなときは水やりしますが、それも夏の間に数えるくらいです。

地植えのベビーティアーズ

初夏の庭

②南の庭

建物の軒先のレンガの隙間です。

ここは明るい半日陰になります。ベビーティアーズはレンガの上にも広がっています。

このベビーティアーズに水やりすることはありませんが、近くの鉢に水やりするので土には適度に水分があるかもしれません。

ベビーティアーズ

8月の庭

ベビーティアーズは一度根付いてしまえば多少の乾燥にも耐える強さがあるようです。

植物というものは育っていく過程で、ある程度環境に合わせてくれるようなところがあるような気がします。

繊細な印象のベビーティアーズですが栽培環境が合えば育てるのは難しくありません。

気楽に挑戦してみてください(^ ^)

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です