蒜山ハーブガーデン‘ハービル’に出かけてきました。

蒜山ハーブガーデン・ハービル

岡山県の北部、蒜山高原(ひるぜん高原)にあるハーブガーデン‘ハービル’に出かけてきました。

ハービルは最近、園内の構造物を増やすなどして、どんどん良い雰囲気になっています。

今回も一ヶ所ごとに見入ってしまい、なかなか前にすすめませんでした(笑)

蒜山ハーブガーデン‘ハービル’ってどんな所?

蒜山ハーブガーデン ハービル

ラベンダー畑の斜面の上から見下ろした園内。写真には写っていませんが、右の斜面にはブルーベリーの畑があります。

紫陽花園

山の傾斜を利用して水辺を囲むように3000株のガク紫陽花が植えられています。

ハービルは岡山県の北部、鳥取県との県境にあるハーブガーデンです。

設立は1998年。植物を通じて都市部の人たちと、交流することを目的として作られた施設だそうです。

入園料はとってもリーズナブルです!

大人300円 中高生200円 小学生以下無料

 

*期間内フリーパス500円(4月〜11月)

 

冬は積雪のため閉園します。

敷地の総面積3ha  (これを言われてもピンときませんよね!私もです。)

園内には、山の斜面を利用したラベンダー畑や紫陽花園、ハーブガーデンなどがあります。

カフェやショップ、体験工房もあります。

ペットを連れて入園できます。無料のドッグランもあります。

(ペットは建物の中には入れませんが、カフェの野外テラス席はペット同伴可能です。最高ですよね〜!)

ドッグランは『水辺の道』と呼ばれる自然溢れる場所にあって、樹木が程よい日陰を作っています。

ワンちゃん達には過ごしやすいのではないかな〜!

蒜山ハーブガーデン‘ハービル’の6月中旬の様子

では、ハーブガーデンの様子を少しご紹介しますね。

日向の花壇の賑やかな植栽

蒜山ハーブガーデン・ハービルの花壇

宿根草とグラスを中心にしたハーブガーデンの植栽。

蒜山ハーブガーデン・ハービルの花壇

バラと宿根草。

蒜山ハーブガーデン・ハービル

蒜山ハーブガーデン・ハービルの花壇

カラーリーフとグラスがあちこちで使われていました。

蒜山ハーブガーデン・ハービルの花壇

しっとりとした日陰の庭

日陰の植栽

大きな樹木の陰には、ホスタ、風知草、ユキノシタ、クリスマスローズが植えてありました。

ユキノシタの花

ユキノシタの花って結構可愛いですね。

半日陰の植栽

明るい半日陰の植栽には、ホスタやアナベル、つるバラも。

構造物も増えました

つるバラが絡まる小屋

小屋の壁面に誘引したバラ‘夢乙女’が可愛い。

ヤグルマギク

シックなセントーレアは、‘ブラックボール’かな?

蒜山ハービルのハーブガーデン

ちょっと不思議な構造物も^_^

蒜山ハービルの植栽

カラーリーフがふんだんに使われたハーブガーデン。

いかがでしたか、写真の撮り忘れがたくさんあって、一部しか紹介できませんでしたが・・・

ハービルは季節によって色々な植物を楽しめる素敵なガーデン。

一週間先にはまた違った顔を見せてくれるんでしょうね。

蒜山ハーブガーデン‘ハービル’へのアクセス

蒜山ハーブガーデン‘ハービル’には車で行くのが便利です。

  • 大阪からは中国自動車道→米子自動車道を使って約2時間40分
  • 岡山市からは岡山自動車道で約1時間10分
  • 広島からは山陽自動車道→岡山自動車道→中国自動車道→米子道で約3時間

近辺には蒜山高原センターなどの観光施設や、スキー場があります。

ちょっと足を延ばして県境を越えると大山(だいせん)があります。

大山は中国地方最高峰の山で、美しい山容から伯耆富士とも呼ばれています。

日本百名山や、日本百景にも選ばれていて、鳥取県のシンボルのひとつになっています。

ここにもキャンプ場やスキー場、観光スポットが色々とあります。

大山は登山をする人にも人気の山です!

私は登らないけど山が好きなので蒜山・大山は年に何回かドライブします。

 

そういえば宇多田ヒカルがコマーシャルしていたサントリーの『天然水 奥大山』の工場も大山の中にありますよ。

本当に山の中に工場があるんだなー、嘘じゃないのね〜って思いながら工場の前を通ったのを思い出しました。

蒜山ハービルもですが、蒜山高原や大山も気持ちの良い所です。

是非お出かけしてみてください。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

では、また♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です