ヒペリカム・ゴールドフォームの育て方|グラウンドカバーに最適なカラーリーフプランツ

ヒペリカム・ゴールドフォームの花

「 ヒペリカム・ゴールドフォーム 」は季節によって葉の色が変化する低木。

葉と花を楽しむカリシヌム系の黄金葉品種で、実はつきません。

樹高は30cmほどで、グランドカバーに最適です。

今回は「 ヒペリカム ・ゴールドフォーム 」の特徴や育て方を紹介します。

こんな方におすすめの記事です

  • ヒペリカム・ゴールドフォームの特徴や育て方を知りたい
  • 葉が美しいカラーリーフプランツを知りたい
  • コンパクトなサイズの低木を知りたい
  • グランドカバーになる低木を知りたい

ヒペリカム・ゴールドフォームの基本情報

オトギリソウ科 オトギリソウ属

半常緑〜落葉低木

 

原産地    東ヨーロッパ(原種の主な自生地)

花期     6月

花色     明るい黄色

花径     5cmくらい

樹高     30cm前後

葉張り    30〜60cm

耐寒性    強い

耐暑性    強い

日照     日向〜半日陰(夏は半日陰)

ヒペリカム・ゴールドフォームの特徴

ヒペリカム・ゴールドフォームの花

コンパクトで性質は丈夫

樹高30cmほどのコンパクトな品種で、グランドカバーにも最適。

生育が早く、草姿は自然にこんもりとまとまり、剪定はほとんど不要です。

暑さ寒さに強く性質は丈夫です。

手がかからないので、育てやすい低木と言えるでしょう。

初夏に花が咲く

6月頃に直径5cmほどの、明るい黄色の花を咲かせます。

実はなりません。

葉色が美しく、鑑賞価値が高い

光の量や、季節によって葉色が変化し、一年を通して鑑賞価値の高いカラーリーフプランツです。

我が家のヒペリカム

我が家のヒペリカムは明るい半日陰に地植えしています。

春の芽吹きの頃はライムイエロー
新芽の先がうっすらオレンジがかった色になります。

ヒペリカム・ゴールドフォームの芽吹き

4月5日

春のヒペリカム・ゴールドフォーム

 5月になると葉色が徐々に変化し・・・

春のヒペリカム ・ゴールドフォーム

5月5日

6月には黄金葉になり、蕾がついてきました。

初夏のヒペリカム・ゴールドフォーム

6月2日

ヒペリカム・ゴールドフォームの花

6月10日

花が終わる頃には葉の色はライムグリーンに・・・

初夏のヒペリカム

6月28日

夏は緑が濃くなり、

秋になると葉先がオレンジ色になって、とても綺麗です。

秋のヒペリカムの葉

10月下旬

いつの季節もヒペリカムの葉は美しく、まわりを明るい印象にしてくれますよ。

冬は全体的にオレンジ色になります。

3月のヒペリカム・ゴールドフォーム

3月初めの様子 冬を越して傷んでいます

ヒペリカム・ゴールドフォームの育て方

栽培環境

半日陰で風通しの良い場所を好みますが、ある程度日に当てた方が葉色が綺麗に出ます。

日向でも育ちますが、ゴールドフォームは夏の直射日光で葉焼けします。

鉢植えの場合は、夏は半日陰で育てましょう。

水やり

鉢植えの場合は、用土が乾いたらたっぷりと水やりします。

地植えの場合はほぼ降雨に任せます。

肥料

あまり肥料を必要としません。

春と秋の年2回程度、緩効性化成肥料を置き肥します。

植え付け・植え替え

3〜4月か10月が適期です。

植え付け

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土に植え付けます。

地植えの場合は、掘り上げた土に腐葉土、完熟堆肥を混ぜ込んで水はけの良い環境を作りましょう。

植え替え

鉢植えは根詰まりしやすいので、毎年ひとまわり大きな鉢に植え替えます。

地植えの場合は植え替え不要です。

手入れ  

特にありません。

放っておいても樹形はあまり乱れず、こんもりとまとまります。

萌芽力が強いので、葉焼けで汚くなった時は株元で切り戻してください。

しばらくすると、また綺麗な葉が出揃います。

地下茎でどんどん芽を出すので、不要な芽はその都度取り除いてください。

夏越し

直射日光が強すぎると葉焼けを起こすので、鉢植えは半日陰に移動します。

冬越し

寒さに強く、特に対策は必要ありません。

寒冷地では地上部が枯れたら2〜3節残して切り戻します。

寒冷地以外では常緑で冬越しします。(マイナス7度程度までなら常緑です)

常緑で冬を越した場合は、3月頃に株元から2〜3節残して切り戻します。

3月に切り戻したヒペリカム

3月中旬 常緑で冬を越したヒペリカムを切り戻すと、株元に新芽が出ていました

病害虫

病害虫はほとんどみられません。

風通しが悪いと、さび病が発生することがあります。

増やし方

挿し木や株分けで増やせます。

挿し木は5〜6月頃か適期です。

株分けは真夏と真冬を除けばいつでも可能です。

地下茎でもよく増え周りに芽を出します。
これを掘り起こして植え替え、増やすのが一番簡単です。

まとめ

  • 季節で変化する葉色が美しいカラーリーフプランツ
  • 5cmくらいの黄色い花が咲く
  • 実はつかない
  • 樹高30cm前後でコンパクトな低木
  • 寒冷地以外では常緑
  • 強健でほぼ剪定不要
  • 地下茎でよく増える
  • 初心者にも育てやすい

いかがでしたでしょうか?

ひと株あると庭に彩りを添えてくれます。

今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。