イベリスの特徴や育て方【一年草・多年草】

イベリスの花

イベリスという植物をご存知ですか?

春に可憐な花をこんもりとたくさん咲かせる植物です。

イベリスの品種は大きく分けて、一年草と多年草があります。

花色は白・赤・紫・ピンクとありますが、よく流通しているのは白花です。

イベリスはとても育てやすい植物なので、初心者にもおすすめです。

今回はイベリスの特徴や育て方を紹介したいと思います。

イベリスの基本情報

アブラナ科  イべリス属

一年草 多年草

 

原産地   南ヨーロッパ

別名    マガリバナ トキワナズナ ニオイナズナ

花色    白・赤・紫・ピンク

花期    4月〜6月

草丈    20〜60cm

耐寒性   強い(マイナス15度くらいまで)

耐暑性   多年草は高温多湿は苦手 一年草は夏は枯れる

日照    日向

 

イベリスの特徴

一年草と多年草がある

イベリスには一年草と多年草があります。

一年草で流通しているのは主にアマラ種とウンベラータ種です。

  • アマラ種は草丈が20cm〜40cmで、花色は白のみです。花には甘い香りがあります。
  • ウンベラータ種は草丈が30〜60cmで、花色が白・赤・紫・ピンクと豊富なのが特徴です。

多年草で流通するのは主にセンペルビレンス種です。

  • センペルビレンス種は草丈が20cm〜30cm。花色は白・ピンク・紫があります。寒さには強いのですが、夏の高温多湿は苦手です。夏越しはできます。

 

イベリスの花

イベリス・センペルビレンス‘ブライダルブーケ’

花の特徴は?

イベリスの花は4枚の花弁を持つ小花が集合した花房で、4枚の花びらのうち外側の2枚が大きくなるのが特徴です。

花上がりがとても良くて、こんもりと株いっぱいに花を咲かせます。

この花房は咲き進むにつれて中心が盛り上がり、穂状になります。

花色は、白・赤・紫・ピンクがありますが、一番流通している色はです!

園芸店でも白以外はあまり見かけることがないですね。

正直、紫やピンクの花があったことすら忘れていました笑

個人的には白が一番おすすめですね。

花期は?

花期は4月〜6月です。

長い間咲いてくれるのは嬉しいですね。

性質は?

一年草も多年草も日向が好きで、寒さに強いです。

ただし多年草のイベリスは夏の高温多湿は苦手です!

でも、心配しなくても大丈夫。

水はけの良い土に植えて、多湿にしないことで十分夏越しできますよ。

別名マガリバナの由来は?

イベリスの花は、太陽の方向に向いて伸びる性質があり、茎が曲がるのでマガリバナとも呼ばれています。

 

イベリスの花

3月下旬の庭

おすすめの使い方

背丈が低い品種は、花壇の手前に植えたり、通路沿いに植えるのがおすすめです。

背丈が高い品種は切り花にもなります。

多年草のイベリスは常緑で、花の咲かない時期もグラウンドカバーのように使えます。

どちらのタイプも単独で植えるのも良いですが、
花上がりが良いので、寄せ植えに使うと華やかになりますよ!

イベリスの育て方

栽培環境

日当たりが良く、水はけの良い土壌を好みます。

多年草のイベリスは高温多湿が苦手なので、風通しの良い環境で育ててください。

用土

鉢植えの場合

市販の草花用培養土で問題なく育ちますが、

多年草のイベリスは多湿が苦手なので、水はけの良い山野草用の培養土がおすすめです。

地植えの場合

掘り上げた土に腐葉土を混ぜ込んで水はけが良い環境を作ります。
この時、元肥として緩効性化成肥料も混ぜ込んでおきましょう。

イベリスは酸性土壌を嫌います。

庭土が酸性に傾いているようなら、苦土石灰を混ぜ込んで1〜2週間おいて、土壌を改良しておきましょう。

水やり

鉢植えは、用土が乾いたらたっぷりと水やりします。

地植えの場合は、降雨に任せます。

多年草のイベリスは多湿が苦手なので、夏の間はやや乾燥気味に管理してください。

肥料

肥料は、春と秋に緩効性化成肥料を置き肥します。

地植えは肥料は不要です。

 

イベリスの花

4月の庭

植え付け・植え替え

3月〜4月と10月〜11月が適期です。

植え付け

イベリスは移植を嫌うので、植え付ける時は根鉢を崩さないように優しく扱ってください。

植え替え

鉢植えにした多年草のイベリスは、根詰まりするようならひと回り大きな鉢に植え替えます。
根鉢は崩さずに優しく植え替えてくださいね。

地植えでは、植え替え不要です。

手入れ

咲き終わった花がらは摘み取ります。

多年草のイベリスは、花の時期が終わったら短く刈り込みます。
(半分か、3分の1くらいの丈まで)

夏越し

一年草のイベリスは、夏は枯れます。

多年草のイベリスは高温多湿に弱いので、花が終わったら短く刈り込んで風通しを良くしておきます。

鉢植えは、半日陰で風通しの良い場所に移動します。

地植えは、風通しが良くなるよう、周りの植物を手入れしましょう。

冬越し

耐寒性は強いので、特に対策は不要です。

 

イベリスの花

3月下旬の庭

病害虫

多湿にすると灰色カビ病にかかることがあります。

病気を予防するために日当たり、水はけ、風通し良く育てましょう。

害虫は、アブラムシがつくことがあります。

見つけ次第駆除してください。

増やし方

種まき

多年草のイベリスの種まきは、3〜4月が適期です。

一年草のイベリスの種まきは、9月下旬〜10月中旬が適期になります。

挿し木

多年草のイベリスは挿し木で増やせます。

5〜6月か9月下旬〜10月が適期になります。

イベリス・センペルビデンス・ブライダルブーケ

3月中旬の庭

まとめ

イベリスは・・・

  • 春にこんもりとたくさんの花を咲かせる
  • 一年草と多年草がある
  • 主に流通するのは白花
  • 丈夫で育てやすい
  • 寒さに強い
  • 多年草の品種は、高温多湿は苦手だが夏越しはできる

いかがでしたか?

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です