ギョリュウバイ(レプトスペルマム)の育て方|枯らさないコツは?

冬の庭は、葉も花も少なくなり寂しくなりますよね。

個人的には冬枯れの庭も嫌いではありませんが、ちょっと葉が繁っていたり、まして花が咲いてくれたりする植物があると嬉しいですよね。

この記事で紹介するギョリュウバイは、南関東以南なら冬でも常緑で花も楽しめる低木です。

私は4年前から鉢で育てているのですが、水やりさえ気をつければ育てやすい低木です。

こんな方におすすめの記事です

  • 冬も常緑の低木を知りたい
  • 葉が繊細な印象の低木を知りたい
  • 冬に花を咲かせる低木を知りたい

ギョリュウバイの基本情報

フトモモ科 レプトスペルマム属

半耐寒性/常緑低木

 

原産地  ニュージーランドやオーストラリア

学名   Leptospermum scoparium

別名   ニュージーランドティーツリー

花色   赤 ピンク 白

花期   11〜6月 (早春咲き:11〜2月、春咲き:3〜5月)

樹高   30cm〜2m

耐寒性  やや強い(−5度まで)

耐暑性  中

日照   日向

 

*ギョリュウバイ(レプトスペルマム)は品種によって花期に違いがあります。

ギョリュウバイの特徴

ニュージーランドやオーストラリア原産の常緑低木で、葉は硬く、小さく、先が尖った形をしています。

その葉が「御柳」という樹木の葉に似ていて、花が梅の花に似ていることから、「御柳梅」と呼ばれています。

花色は赤・ピンク・白があり、園芸品種には八重咲きもあります。

よく流通しているのは赤花の八重です。価格も手頃です。

5月のギョリュウバイ

5月17日 我が家のギョリュウバイは銅葉で一重咲きです

ギョリュウバイの育て方

栽培環境

日当たりが良く、水はけの良い土で育てます。

極端な乾燥を嫌うので、水切れには注意が必要です。

地植えにする場合は軒先(雨がかからないので乾燥しやすい)は避けた方が良いと思います。

私は鉢植えで育てていますが、水やりを忘れないように水道の近くに鉢を置いています。

水やり

乾燥も過湿も苦手です。

鉢植えは、土が乾いたらたっぷりと与えます。

地植えは降雨に任せますが、水切れには弱いので注意が必要です。晴天が続くようなら水やりしてください。

*過湿が原因で、すぐ枯れてしまうことはありませんが、乾燥には弱く、水切れさせて葉の先がちりちりになったら、もう枯れかけています。こうなるとなかなか復活しません。

私は冬と梅雨を除いては、ほぼ毎日水をあげています。この水やりで問題なく何年も育っています。

肥料

肥料は多くは必要としないので、植え付け時と春に緩効性化成肥料を与える程度で十分です。

植え付け・植え替え

植え付け

3〜5月ですが、霜が降りないようになってから植え付ける方が安心です。

地植えの場合は、根鉢の3倍くらいの穴を掘って、腐葉土やパーライトをすき込みます。

鉢植えは花の培養土で大丈夫です。

植え替え

花が終わってすぐが適期です。

鉢植えは1〜2年に一回は植え替えます。

根が回っていたら根鉢を軽く崩して、根のまわり具合を見て、ひと回りか二回り大きな鉢に植え替えます。

地植えでは植え替えの必要はありません。

銅葉のギョリュウバイ

11月29日 蕾が可愛いです 我が家の庭から

手入れ

ギョリュウバイは細い枝をたくさん繁らせるので、株の内側の風通しが悪くなりがちです。枝が混み合うと、内部まで日光が届かず風通しも悪くなり、病気が発生する原因になります。

枝が混み合ってきたら、すかし剪定をします。

株の内側に向かって伸びる枝、絡んだ枝、樹形を乱すような伸びた枝を、枝分かれしているところから切り落とします。

*すかし剪定は真夏と真冬以外ならいつでも行えます。

樹高を低く抑えたい場合は、花後すぐに全体を切り戻します。

ギョリュウバイは8月ごろに花芽ができるので、これ以降に全体を切り戻すと、次の時期は花が咲かなくなってしまいます。全体を切り戻すときは花後すぐに行います。

夏越し

鉢植えも地植えも水切れに注意してください。

水を切らしてしまうと枯れてしまいます。

夏は西日が当たらない場所で管理します。鉢植えは西日が当たらない場所に移動します。
*西日があたるのが原因で枯れることはありません。ただし、西日が当たる場所では土が乾きやすいので、水切れに注意してください。

冬越し

耐寒温度は−5度くらいなので、最低気温がこれより低い地方の方は、冬は日当たりの良い室内に取り込みます。

屋外で育てている場合、寒さで花が傷むことがあります。鉢植えは霜が当たらない場所に移動しておいた方が良いでしょう。

病害虫

ほとんど見られません。

増やし方

挿し木で増やせます。

5〜6月ごろが適期です。

根が出るには数週間かかるようです。

最後に

いかがでしたか?

ギョリュウバイは、水切れさえ気をつければ育てやすい植物です。

冬に花が咲くのは嬉しいですよね。

近年は流通量も多くなって手に入りやすくなっています。苗のサイズも4号鉢くらいから8号くらいまであり、価格も小さいものは1000円以下と気軽に買えます。

この記事を読んで気になったら、ぜひ育ててみてくださいね。

今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てたら嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です