ロータス・ブリムストーンの育て方|夏越しのコツも!

ロータス・ブリムストーン

ロータス・ブリムストーンは葉色のグラデーションが美しいカラーリーフプランツです。

その葉色の美しさから、寄せ植えの素材としても大変人気があります。

耐寒性が強く冬場も常緑で、初夏には可愛い白い花が咲き、一年中楽しめます。

私は鉢植え、地植えの両方育てていますが失敗したことも…..

そんな経験からこの記事では、ロータス・ブリムストーンを元気に育てるコツなどをを紹介したいと思います。

ロータス・ブリムストーンの基本情報

マメ科ドリクニウム属

耐寒性/常緑低木

 

原産地   地中海沿岸(原種の主な自生地)

学名    Lotus hirsutus Brimstone

別名    ロツス ヒルスツス

花色    白

花期    5〜6月

草丈    60cm前後

葉張り   40cm前後

耐寒性   強い(−10度)

耐暑性   強い

日照    日向

 

ロータス・ブリムストーンの特徴

ロータス・ブリムストーン

葉色のグラデーションが美しい

一番の魅力は葉色です。

ブリムストーンの葉や茎は軟らかな産毛で覆われていて、フワフワとした質感をしています。このために葉の色がシルバーグリーンに見えます。

新芽はクリーム色で、成長するにつれて緑色に変化していきます。成長しても葉先は明るめの色をしています。

ロータス・ブリムストーンの新芽

4月中旬 クリームイエローの新芽

この美しい葉色とふわっと広がる草姿から、寄せ植えの素材としてとても人気があります。

庭植えではブッシュのような低木になります。

ロータス・ブリムストーンの花

6月12日 花が満開です 我が家の庭から

花が可愛い

晩春から初夏にかけて、レンゲのような可愛い白い花を咲かせます。

白い花は少し淡いピンクを帯びることもあります。

育てやすい

寒さに強く、寒冷地以外では冬も常緑です。(耐寒温度はマイナス10度くらい)

夏の高温多湿にさえ気をつければ、育てるのは難しくありません。

ロータス・ブリムストーンの育て方

ロータス・ブリムストーン

栽培環境

高温と多湿を嫌います。

日当たりと水はけの良い土、風通しが良い環境で育てます。

地植えは夏は半日陰になる場所が適しています。

水やり

やや乾燥気味を好みます。

鉢植えは、鉢土がしっかり乾いてから、たっぷり与えます。(多湿に弱いので、鉢植えは水のやりすぎに注意してください。)

地植えは降雨に任せます。何日も雨が降らず乾くようなら水やりします。

肥料

春と秋に緩効性化成肥料を置き肥します。

痩せ地でも育つくらいなので、肥料は少量で十分です。

植え付け・植え替え

春(3〜5月)と秋(10月)

ロータス・ブリムストーンは根を触られるのが苦手な植物です。
植え付け、植え替え時に根鉢を崩さないように優しく扱ってください。

植え付け

鉢植えの場合は、市販の培養土に植え付けます。

(自分で土を作る場合は、赤玉(小粒)6、腐葉土3、パーライト1の割合で混ぜます。)

地植えの場合は、水はけが良くなければ腐葉土やパーライトをすき込んで、水はけが良い環境を作って植え付けます。

植え替え

鉢植えは根が回ってきたらひと回り大きな鉢に植え替えます。

地植えでは植え替え不要です。
(植え替えを嫌うので、地植えしたものを植え替えることはおすすめ出来ません。地植えにする場合は、風通しが良く、夏は半日陰になる場所に植え付けましょう。)

手入れ

ロータス・ブリムストーンが枯れる一番の原因は蒸れです。

梅雨前には2分の1くらいの丈で刈り込み、混み合った枝もすくように切り取ります。

茂りすぎたり、草姿が乱れた時も同様に切り戻して蒸れを予防します。

真夏や、真冬以外ならいつでも切り戻しができます。

夏越し

夏越しで一番大切なのは、蒸れないように風通しよく育てることです。

逆に夏さえ越せれば、育てるのは難しくはありません。

鉢植えの場合

梅雨前に2分の1くらいの丈まで切り戻します。
この時、混み合った部分はすくように切り取ります。

そして、雨の当たらない半日陰の風通しの良い場所で管理します。

地植えの場合

鉢植えと同様に梅雨前に切り戻します。
周りに植えてある植物も、混み合っていたら切り戻したり、すくように切って風通しを確保します。

地植えの場合は移動できないので、夏は半日陰になる場所に植えつけておくことをおすすめします。

冬越し

耐寒性が強いので、特には対策は不要ですが、鉢植えは南向きの軒先に移動したり、地植えでは株元を腐葉土で覆って防寒すると株が痛むのを防げます。

病害虫

ほとんど見られません。

増やし方

挿し木

5〜6月が適期です。

種まき

4月ごろが適期です。

ロータス・ブリムストーンは花後に種ができます。この種をとっておいてまくのが良いでしょう。

*株分けは根を触られるのを嫌うのでおすすめできません。

まとめ

ロータスを元気に育てるポイント

  • 日当たりと風通しの良い場所で、乾燥気味に育てる
  • 夏は半日陰になる場所が良い
  • 梅雨前には切り戻す
  • 姿が乱れたら切り戻す
  • 根を触られるのが嫌いなので、根鉢は崩さず優しく扱う

実は私は昨年の夏に鉢植えのロータス・ブリムストーンを枯らしています。

大きな鉢で寄せ植えにしていました。

他の植物が茂って風通しが悪くなっているのを放置したために、蒸れて枯れてしまいました。

 

他にも地植えで育てているロータス・ブリムストーンがあります。

そこは午前中は日向で、乾燥気味の場所です。

日光が足りないので徒長気味にはなるのですが、元気に育っています。

徒長すると草姿が乱れるので、年に3回くらいは切り戻しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロータス ‘ブリムストーン’
価格:330円(税込、送料別) (2021/6/10時点)

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

この記事が少しでも植物が好きな方のお役に立てると嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です