コバルトセージの育て方|草姿良くたくさん花を咲かせるコツは?

コバルトセージの花

コバルトセージは、コバルトブルーの美しい小花を夏の終わりから秋にかけて咲かせる多年草。

細い茎がよく伸びるので、開花の頃には草丈が高くなり倒れやすくなります。

草丈を抑えて花をたくさん咲かせるには、春から夏にかけて数回切り戻すのがコツです。

この記事では、コバルトセージの特徴や育て方を紹介しています。

コバルトセージの基本情報

シソ科 サルビア属

耐寒性多年草 (冬季落葉種)

 

学名   Salvia reptans

別名   サルビアレプタンス

開花期  晩夏〜秋

花色   コバルトブルー

草丈   1m前後(剪定で低く抑えることができます)

耐寒性  強い(−20度)

耐暑性  強い

日照   日向(西日にも耐えます)

コバルトセージの特徴

夏の終わりから秋にかけて、コバルトブルーの美しい小花を咲かせるセージです。

咲き始めの花はブルーで、気温が下がってくると濃いコバルトブルーになります。

茎も葉も細く繊細な雰囲気で、どんな植物とも良く調和します。

茎がよく伸びるので、放任で育てると1mを超えますが、剪定で低く抑えることもできます。

耐寒性・耐暑性が強く、病害虫もほとんど見られず、初心者でも簡単に育てることができます。

冬は葉を落としますが、春になったら芽吹く宿根草です。

コバルトセージの花

咲き始めはブルー

コバルトセージの花

咲き進むにつれて花色が濃くなる

コバルトセージの育て方

栽培環境  

日当たりと水はけの良い環境を好みます。

西日にも耐えます。

草丈が高くなるので鉢植えより地植え向きです。

水やり 

多湿は苦手です。  

鉢植えの場合は、用土が乾いたらたっぷりと水やりします。

地植えの場合は降雨に任せます。
夏に乾燥して水切れするようなら水やりします。

肥料

肥料はあまり必要としません。

生育が悪い時のみ、春か秋に緩効性化成肥料を少量与えます。

*肥料が多いと草丈が伸びて花が少なくなるので、肥料は控えめがコツです。

コバルトセージの花

9月中旬 咲き始めは優しいブルー

植え付け  

春と秋が適期です。

鉢植えは市販の草花用培養土やハーブの培養土で問題なく育ちます。

地植えの場合は、用土に腐葉土や堆肥を混ぜ込んで、水はけの良い環境を作って植え付けます。

植え替え

春と秋が適期です。

鉢植えの場合は根詰まりするようなら植え替えます。

地植えの場合は植え替えは不要です。

大株になったものを増やしたい時は、春か秋に株分けして植え替えます。

コバルトセージの花

10月初旬のコバルトセージ

剪定    

コバルトセージはよく伸びるので、放任しておくと1mを超えて開花の頃には倒れやすくなります。

それを避けるには、初夏までに2〜3回切り戻しておくのが効果的です。

6月から8月初旬にかけて2〜3回切り戻すと、脇芽が出て枝数が増え、花数が多くなります。

草丈も抑えられるので、開花の時期に伸びすぎて倒れることもありません。

*私は1回目の切り戻しは株元から10cmくらいのところで切り戻します。

何株か植えて剪定の時期をずらせば、開花期がずれて長い間花を楽しむことができます。

コバルトセージの花

10月の庭 2回切り戻して草丈は80cm

夏越し

暑さには強いので特別な対策は不要です。

真夏の蒸れと水切れには注意します。

冬越し

冬は葉を落とすので地際で切り戻しておきます。

寒さにはとても強いので対策は不要です。

コバルトセージの花

10月の庭から

病害虫  

ほとんど見られません。

増やし方

株分け、挿し木で増やせます。

環境が合えば、こぼれ種でも少し増えます。

株分けの適期は春と秋、挿し木の適期は5〜6月です。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です