コバノタツナミの育て方|こぼれ種で増える多年草

コバノタツナミの白花

コバノタツナミはタツナミソウの変種で、タツナミソウよりひと回り以上小さい多年草です。

派手さはないけど、趣のある植物です。

私は4年ほど前に、友人から貰ったひと株を庭に植え付けました。

その後、肥料も与えず植え替えもせずに育てていますが、元気に育って、こぼれ種からあちこちに増えています。

コバノタツナミは放任で育ちます!

派手さはないけれど、庭にあるとちょっと嬉しい植物!

この記事では、そんなコバノタツナミの特徴や育て方を紹介したいと思います。

コバノタツナミの基本情報

シソ科 タツナミソウ属

耐寒性/常緑性多年草

 

原産地   日本 中国 朝鮮半島 台湾

学名    sctellaria indica

別名    ビロードタツナミ

花色    紫 桃 白

花期    4〜5月

草丈    5〜15cm

耐寒性   普通(関東南部以西での冬越し可)

耐暑性   強い

日照    日向から明るい日陰

コバノタツナミの可憐な花

5月4日 我が家の庭から 白花は純白で透き通るように美しい

コバノタツナミの特徴

海岸沿いや丘陵地に自生する多年草です。

葉は1cmほどの大きさで、細かい毛が密生してビロード状になっています。

花は花茎の先に一方方向に向いて重なり合うように穂状に咲きます。

耐寒性・耐暑性があり、病害虫もほとんど見られず、放任でもよく花を咲かせる育てやすい植物です。

地下茎で増える他、こぼれ種でもよく増えるのでグランドカバーにもなります。

こぼれ種から育ったコバノタツナミ

5月3日 我が家の庭から 花壇の中に発芽したこぼれ種から育った株です

コバノタツナミの育て方

栽培環境

日向〜明るい日陰まで育ちます。

土質は選びません。
(水が溜まるような場所でなければ育ちます。鉢植えは水はけの良い土に植えます。花の培養土で大丈夫です。)

水やり

鉢植えは表土が乾いたらたっぷり与えます。

地植えは水やり不要です。

肥料

鉢植えは、暖かくなりはじめたら緩効性化成肥料を置き肥します。
花後にも緩効性化成肥料を与えると、株が充実します。
いずれの場合も、肥料は少量で十分です。

肥料を与えなくても、問題なくそれなりに育ちます。

地植えでは肥料は不要です。

植え付け・植え替え

2〜3月、花後の6月、9〜10月が適期です。

鉢植えは根詰まりを起こしやすいので、一年に一度はひと回り大きい鉢に植え替えるか、株分けしてください。

地植えでは植え替えは不要です。

手入れ

特にありません。

夏越し

耐暑性が強いので、特別な作業や対策は不要です。

冬越し

耐寒性があるので、対策などは不要です。(関東南部以西では屋外で冬越しできます。)

病害虫

病気はほとんどみられません。

害虫はハダニがつくことがあります。

見つけ次第駆除してください。

増やし方

挿し木

6月ごろが適期です。

株分け

植え替えの時に株分けを行います。(2〜3月、花後の6月、9〜10月)

こぼれ種

こぼれ種でよく増えます。

何色か混ぜて植えると、自然交配されてできたこぼれ種から違った色が出てくることがあります。

最後に

コバノタツナミ、いかがでしたか?

本当に丈夫なので初心者にもおすすめです。

ただ、コバノタツナミはあまり市場に出回りません。

ホームセンターや園芸店でコバノタツナミに出会ったことはまだないです。

あるとすれば、山野草を扱っている店でしょうか。

ネットでもほとんど見かけることがないんですね。

なので、育ててみたいと思われる方は、見つけたら迷わず手に入れてくださいね。

私のように、お友達のお庭から株分けしてもらうという方法もあります。

この記事を書いていて、もっとコバノタツナミを増やしたいな〜と思いました。今年は真面目に肥料などあげたいと思います。
それから、どうにかして紫色や桃色のコバノタツナミも手に入れたい!そして自然交配で変わった色を咲かせたい・・・と妄想は膨らむばかりです。

いつか、皆さんに変わった色のコバノタツナミをお見せできるといいな。

では、本日はここまでです。

最後までご覧頂きありがとうございます。

この記事が少しでも誰かのお役に立てたら嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です