ポレモニウムの育て方|夏越しのコツは?

ポレモニウム・パープルレイン

ポレモニウムは特徴的な羽状の葉に花茎をスッと立ち上げ、可愛い5弁の花を次々と咲かせます。

斑入り葉や銅葉の品種には葉の鑑賞価値が高いものがあります。

しかし、どの品種も高温多湿に弱く、夏越しには注意が必要です。

確実に夏越しするには鉢植えで育てるのが無難だと思います。

この記事では、ポレモニウムの育て方を紹介します。

ポレモニウムの基本情報

ハナシノブ科 ポレモニウム属

耐寒性/多年草(地域によっては冬期落葉、一年草扱い)

 

原産   北半球各地

学名   polemonium

別名   ハナシノブ 

花色   白 ピンク 紫

花期   4月〜7月(品種によって多少違います。)

草丈   50〜80cm

耐寒性  強い

耐暑性  やや弱い

日照   春と秋は日向、夏は半日陰

ポレモニウムの特徴

羽状の葉に花茎をスッと立ち上げて、先端に可愛い5弁の花を次々と咲かせます。

ポレモニウムには色々な品種がありますが、共通して言えるのは耐寒性は強いが夏の高温多湿に弱いということです。

夏越しには注意が必要で、暖地では夏越しが難しく一年草扱いになります。

ポレモニウムの品種

私が育てた2つの品種を紹介します。

パープルレイン

ポレモニウム・パープルレイン

6月20日 花壇のパープルレイン

パープルレインは黒みがかった葉が美しい品種です。

 

紫色の花を咲かせます。

 

葉色は気温が低い時ほど黒に近く、花が咲き始めて気温が上がる頃には緑色に近くなります。

 

草丈は60cmくらい。開花期は6月〜7月。

私は花壇に植えていましたが、2度目の夏は越せませんでした。

原因は風通しの悪さと、日当たりが良すぎたせいです。

地植えは半日陰で涼しい場所でないと夏越しは難しいなと思いました。

ポレモニウム・パープルレインの花

6月 花壇のポレモニウム・パープルレイン

ステアウェイトゥヘブン

ポレモニウム・ステアウェイトゥヘブン

5月 我が家の庭から

ステアウェイトゥヘブン斑入り葉が美しい品種。

 

爽やかなペールブルーの花を咲かせます。

 

草丈は40cmくらい。開花期は4月〜5月。

 

良く枝分かれして、草姿はこんもりとまとまります。

この品種は最初からずっと鉢植えで育てています。

今年で5年目になりました。

春と秋は日向に置いて、夏の間は半日陰に移動します。

そして冬は軒下に移動します。

私の住む地方は最低気温がマイナス8度くらいになります。

軒下でも鉢の土が凍ってしまいますが冬越しできています。

寒さにはとても強いです!

ポレモニウム・ステアウェイトゥヘブンの花

4月下旬の庭 ステアウェイトゥヘブン

ポレモニウムの育て方

*ポレモニウム全般に共通する育て方です。

栽培環境

日当たり、水はけ、風通しの良い場所が適しています。

地植えより鉢植えが育てやすく、春と秋は日向、夏は半日陰に移動します。

高温多湿には弱く、乾燥気味を好みます。

水やり

やや乾燥気味に育てます。

鉢植えは用土が乾いたらたっぷりと水やりします。

地植えは降雨に任せますが、夏に雨が降らない日が続いてしおれるようなら、早朝に水やりします。

夏と冬は乾燥気味に管理します。

肥料

鉢植えは緩効性化成肥料を春と秋に少量与えます。

地植えは不要です。

植え付け・植え替え

適期は3月〜4月か9月下旬〜10月です。

植え付け

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土にパーライトを1割ほど混ぜ込みます。

地植えの場合は、夏は半日陰になる風通しの良い場所に植え付けます。
掘り上げた土に腐葉土とパーライトを混ぜ込んで、水はけの良い環境を作って植え付けてください。

植え替え

鉢植えの場合は根詰まりするようなら、ひと回り大きな鉢に植え替えるか、株分けします。

地植えの場合は植え替えは不要です。

手入れ

咲き終わった花がらは切り取ります。

枯れ葉は取り除いて株元は風通し良くします。

夏越し

夏は風通しの良い半日陰で、乾燥気味に管理します。

鉢植えは、半日陰に移動します。

地植えの場合は、梅雨入り前には周りの植物の手入れをして、風通しの良い環境を作ります。

冬越し

冬は落葉します。

寒さには強い性質です。

鉢植えは軒先に移動して乾燥気味に管理します。

地植えは特に対策は要りませんが、株元を腐葉土などで覆っておくと安心です。

病害虫

病気は特にはみられません。

害虫はアブラムシが発生することがあります。
見つけ次第駆除してください。

増やし方

株分け  

3月〜4月か、9月下旬〜10月にできます。

あまり増えやすい植物ではないので、毎年株分けできるような大株には育ちません。

種まき

採取してすぐに撒くか、春に種まきします。

最後に

ポレモニウムは葉も花も魅力的な植物ですが、短所は夏越しの難しさです。

育てやすいとは言えません。

経験から言える事は、鉢植えの方が夏越しが楽ということです。

どうしても花壇に植えたい方は、風通しの良い夏は半日陰になる場所に植えてください。

一年草扱いで育てるのも良いかもしれません。夏越しできたらラッキーくらいの気持ちで・・・

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が少しでも誰かのお役に立てると嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です