アキレア(ノコギリソウ)の育て方【多年草】

アキレア(ノコギリソウ)の花

アキレアは初夏になると5㎜程度の小さな花を固まって咲かせる多年草。

日本でも古くからノコギリソウの名前で親しまれています。

性質は極めて強健で放任でもよく育ち、初心者でも簡単に育てることができます。

アキレアには様々な園芸品種があり、花色が豊富なのでメドウ(草原)ガーデンにはもってこいの植物です。

今回は、アキレア(ノコギリソウ)の特徴や育て方を紹介します。

アキレア(ノコギリソウ)の特徴

アキレアの白い花

6月の庭 アキレアの白い花

アキレアはノコギリソウの仲間で北半球の温帯に約100種類が自生しています。

最も一般的なのはセイヨウノコギリソウで、コモンヤロウとも呼ばれハーブとしても知られています。

初夏に長く伸びた茎の先に5㎜程度の小さな花が固まって咲きます。

葉は縁が細かく切れ込んだ特徴的な形をしています。緑葉の他にシルバーリーフの品種もあります。

品種が多く花色が豊富です。メドウ(草原)のようなシーンを作るにもおすすめの植物です。

暑さ寒さに強く、初心者でも簡単に育てることができます。

繁殖力が旺盛で、一度植えると地下茎でどんどん増えます。

アキレア(ノコギリソウ)の基本データ

ピンクの花を咲かせるアキレア

キク科 ノコギリソウ属

耐寒性多年草

 

学名    Achillea

別名    セイヨウノコギリソウ、ヤロウ

開花期   5月〜8月

花色    白 黄 薄いピンク 橙 濃いピンク

花径    5㎜ほどの花が多数かたまりになって咲く

草丈    25cm〜80cm 

 (一般的に出回っているサイズ は60cm〜80cm)

耐寒性   強い          

耐暑性   強い〜普通

日照    日向

アキレア(ノコギリソウ)の育て方

アキレアの白い花

栽培環境

日当たりがよく風通しの良い、やや乾いた場所を好みます。

痩せ地や荒れ地でも育ちますが、高温多湿は苦手なので風通しに気をつけてください。

生育が旺盛で、草丈も高くなるものが多いので鉢植えより地植えがオススメです。
(矮性種は鉢植えも良い。)

ただし、地下茎でとても増えるので、広がっても良い場所に植えましょう。

水やり 

乾燥気味を好みます。

鉢植えは用土が乾いたらたっぷりと水やりします。

地植えの場合は水やりは不要です。
しかし、強い乾燥は苦手で夏に晴天が続くと萎れます。その場合は水やりしてください。

植え付け  

ポット苗は真夏と真冬を除いて一年中植え付け可能です。

鉢植えの場合は市販の草花用培養土で問題なく育ちます。

地植えの場合は、用土に腐葉土をすき込んで水はけの良い環境を作ってください。

繁殖力が旺盛で地下茎でどんどん増えるので、スペースのある場所に植えてください。

アキレアの濃いピンクの花

7月の庭から

植え替え

適期は春と秋です。

鉢植えは、鉢底から根がのぞいてきたら植え替え時期です。
ひと回り大きな鉢に植え替えるか、株分けしましょう。

地植えの場合は基本的には植え替えは不要です。
混み合って生育が悪いような時は株分けして植え替えます。

手入れ

咲き終わった花がらは摘み取ります。

 次の花芽があるところの上で切り取ります。

地下茎を伸ばしてどんどん増えるので、不要な芽はそのつど抜き取ります。

夏に株が混み合って蒸れて傷むようなら、風通しが良くなるよう間引きます。

秋に株元に新芽ができたら、地際で切り戻します。

*性質は極めて強健なので、一年中切り戻しができます。

肥料

痩せ地でも育つ植物なので、肥料は基本的には不要です。

肥料を与えすぎると草丈が高くなり倒れやすく、花付きも悪くなります。

鉢植えの場合は、生育が悪いような時は春か秋に少量の肥料を与えます。

アキレアの白い花

6月の庭 白いアキレアとオルラヤ

夏越し

株が混み合っていると、夏場に蒸れて下葉が溶けたようになることがあります。

混み合っている場合は、間引いて風通しを良くします。

冬越し

寒さには強いので対策は不要です。

病害虫 

病気

ほとんど見られませんが、うどんこ病にかかることがあります。

発生してしまったら薬剤を散布するか、うどん粉病にかかった葉を地際で切り戻してしまいましょう。

害虫

ほとんど見られません。

増やし方

株分け、挿し木で増やすことができます。

株分け適期は春と秋になります。

挿し木は5月〜6月が適期です。

こぼれ種や地下茎でも増えます。

特に地下茎でどんどん増えちゃいます!

▼こちらの宿根草も地下茎でどんどん増えますよ

ユーパトリウム(西洋フジバカマ)|初夏から秋まで花期が長く育てやすい

我が家のアキレア(ノコギリソウ)

白花のアキレア

6月の庭

7〜8年前に白と濃いピンクのアキレアをひと株ずつ植えました。

繁殖力が旺盛で成長も早いとわかっていたので、最初から地植えにしました。

その後、地下茎でどんどん広がっていきました。

 

今は庭のあちこちにアキレアがあります。

西日がガンガン当たる場所、南の花壇、半日陰になる木陰。

フカフカの土の花壇から、土質のあまり良くない庭の隅まで。

植えた記憶がないところにまで生えてくる〜、

こぼれ種のせい⁈

繁殖力が半端なく旺盛です!

 

開花したアキレア

7月のアキレア

庭植えは肥料を与える必要がありません。

手入れは花が終わったら花がらを切り戻すことと、密集しすぎたら風通しが良くなるように不要な株を間引くこと。

そんな簡単な管理で元気に育ちます。

逆に、枯らす方が大変かも・・

まとめ

アキレアの特徴と注意点

  • 花が少なくなる晩春から夏に花を咲かせる
  • 耐寒性・耐暑性が強く初心者にも育てやすい
  • 日当たりと風通しの良い乾燥気味の環境を好む
  • 繁殖力が旺盛で痩せ地でも育ち、地下茎でどんどん増える
  • 増えても良い場所に植えて、不要な芽はそのつど抜き取る

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です