アンゲロニアの育て方|暑さに強く初夏から晩秋まで花を咲かせ続ける

真夏のアンゲロニア

夏のお庭、何を植えたら良いの?

と困っている方!

アンゲロニアがおすすめです!

アンゲロニアは暑さに強く、真夏も休むことなく初夏から晩秋まで花を咲かせ続けてくれます。

丈夫で育てやすいので、初心者にもおすすめの植物です。

今回はアンゲロニアの特徴や育て方を紹介したいと思います。

アンゲロニアの基本データ

ゴマノハグサ科 アンゲロニア属

非耐寒性多年草(一年草扱い)

 

原産地     中央アメリカ〜南アメリカの熱帯から亜熱帯

開花期     6月〜11月

花色      白 薄いピンク 濃いピンク 紫 青 褐色

花径      1〜2,5cm

草丈      20cm〜100cm(主に流通するのは60cmまで)

葉張り     約30cm

耐寒性     弱い

耐暑性     強い

日照      日向〜半日陰

日当たりが良いのが最適ですが、午前中しか日が当たらない場所でも大丈夫!花を次々と咲かせます。

アンゲロニアの特徴

アンゲロニア・スカイブルーの花

今年の玄関アプローチにはアンゲロニア・セレニータのスカイブルー

真夏も花を咲かせ続ける

暑さにとても強く、真夏の炎天下でもしっかり分枝して長期間咲き続けます。

花は細い茎の先端に穂状になって咲きます。

品種が豊富

花色は白や紫、薄いピンク、濃いピンク、褐色など豊富です。

花の大きさは1cmくらいのものから、2,5cmほどの大輪品種があります。

草丈は20cm程度の横に広がる小型種や、40cm前後の中型種、60cm前後の高性種もあります。

小型種はハンギングバスケット、中型種や大型種は鉢植えや花壇に最適です。

用途に合わせて品種を選べるのは嬉しいですよね。

苗を購入する際には必ずラベルを見て、草丈を確認してくださいね。

近年、種苗メーカーが品種改良に力を入れていて、毎年新しい品種が流通します。

毎年どんな花色、どんな性質のアンゲロニアが店先に並ぶか楽しみです。

丈夫で育てやすい

暑さにとても強く、性質は丈夫で手がかかりません。

初心者にも育てやすい植物です。

アンゲロニアの育て方

アンゲロニアの白い花

夏の庭には白花は欠かせません

栽培環境

日向から半日陰で、水はけと水もちの良い土壌を好みます。

日当たりが良い方が花上がりが良いですが、半日陰でも花を咲かせてくれます。

水やり 

鉢植えは表土が乾いたらたっぷりと水やりします。

地植えは降雨に任せますが、夏場に乾燥するようなら水やりしてください。

強い乾燥を嫌うので、いずれの場合も乾かしすぎないように注意しましょう。

植え付け  

   
5月〜6月下旬が適期です。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土で十分育ちます。

地植えの場合は、掘り上げた土に腐葉土、堆肥、緩効性化成肥料を混ぜ込みます。

本格的な夏が来るまでにしっかりとした株に育てて、花をたくさん咲かせたいので、店先に出回り始めたら早めに植えましょうね。

アンゲロニア・ミッドフレア

アンゲロニア・ミッドフレア・ブルーバイカラー

肥料

花期が長く肥料を好むので、追肥は切らさないように施します。

開花中は鉢植えも地植えも、月に1回緩効性化成肥料を置き肥するか、10日に1回程度1000倍に薄めた液肥を与えます。

手入れ  

花がら摘みをすると、花が次々と上がってきます。
(花がら摘みは病気の予防にもなります。)    

花が咲き終わったら、花茎の下の脇芽の上で切り戻します。

切り戻すことで脇芽が伸びて繰り返し新しい花を咲かせます。

一本一本切り戻すのが面倒な場合は、ひと通り咲き終わった頃に半分くらいの丈で切り戻しても良いですよ。

アンゲロニア

8月中旬の我が家の庭

病害虫   

灰色カビ病

風通しが悪かったり、花がらをそのままにしておくと灰色カビ病にかかることがあります。

花がらを摘んだり、葉に落ちた花びらは取り除きましょう。

アブラムシ

アブラムシが発生することがあります。

植え付け時に土にオルトラン粒剤を撒いておくと予防できますが、発生してしまったらスプレータイプの殺虫剤で駆除してください。

アブラムシがたくさんついてしまった部分は切り取って、殺虫剤を散布するのが効果的です。

*アブラムシは繁殖力が強いので放っておくとどんどん増えるし、モザイク病のような植物にとって致命的な病気を媒介します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

殺虫剤 GFオルトラン粒剤 200g 関東当日便
価格:763円(税込、送料別) (2021/6/29時点)

 

増やし方

種まきと挿し木で増やせます。

種まきは4月下旬から6月が適期です。

挿し木は5月〜6月が適期になります。

大輪品種のアンゲロニア

今年お迎えしたPWの大輪品種 エンジェルフェイス・ウェッジウッドブルー

まとめ

  • 花色、花の大きさ、草丈など種類が豊富
  • 初夏から晩秋まで花期が長い
  • 暑さに強く夏の間も花を咲かせ続ける
  • 日向〜半日陰まで育つ
  • 丈夫で育てやすい

アンゲロニアは猛暑にも耐え、晩秋まで花を咲かせ続ける頼りになる植物です。

丈夫なので初心者にもオススメです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アンゲロニア セレニータ 全5色 3〜3.5号ポット【蕾〜開花株】ブルーガーデン ピンクガーデン ホワイトガーデン ローメンテナンス
価格:298円(税込、送料別) (2021/6/29時点)

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てると幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です