アジュガの育て方|グランドカバーにもお勧め

アジュガ・チョコレートチップ

写真のアジュガはチョコレートチップ。

シックな銅葉に青紫の花が美しい品種です。

アジュガはランナーで広がる育てやすい多年草。

我が家のチョコレートチップはひと株からどんどん増えて、今ではグランドカバーや通路の縁取りなど、あちこちに広がっています。

今回はアジュガの特徴や育て方を紹介します。

アジュガの基本データ

シソ科 キランソウ属

常緑性宿根草

 

開花期   4〜5月

花色    青紫、ピンク、白

花径    0、5cm〜1cmの花が穂状に咲く

草丈    20cm前後(開花期の花丈を含む)

耐寒性   強い

耐暑性   強い

日照    日向から半日陰まで

アジュガの特徴

アジュガ・チョコレートチップの花

アジュガ・チョコレートチップの花

グランドカバーに使える

アジュガは、多くのランナーを出して子株を増やし広がっていきます。

常緑で冬も葉があるので、グランドカバーには最適です。

ただし、葉が柔らかいので踏みつけには強くありません。

植え付け場所は、ちょっとしたスペースや通路の脇など、人が立ち入らない場所がおすすめです。

色々な品種がある

アジュガには写真のチョコレートチップの他にも

  • 緑に白とピンクの斑が入る‘バーガンディグロー’
  • 濃い緑の葉にクリーム色の斑が広範囲に入る‘アークティック・フォックス’
  • ライムグリーンの葉が美しい‘ゴールドライム’

などがあります。

品種によって性質や成長速度などには差があり、斑入りの品種には丈夫とは言い難い品種もあります。

そんな中で丈夫で育てやすい品種がチョコレートチップです!

花上がりもとても良く、欠点が見当たりません。

あえて欠点をあげるなら、生育が旺盛すぎることですね。

春に花を咲かせる

春には、スッと立ち上がった茎の上部に、唇形の小さな花を多数咲かせます。

満開の姿は花のカーペットのようで、とても見事ですよ。

花色は品種によって違い、青紫、ピンク、白があります。

育てやすい

アジュガは、あまり手がかからず丈夫で育てやすい植物です。

耐寒性、耐暑性が強く、病害虫もあまり見られません。

アジュガの育て方

朝日に照らされたアジュガ

朝日を浴びるアジュガ・チョコレートチップの蕾

栽培環境

日向〜半日陰で、風通しの良い場所を好みます。

斑入り葉は、夏の強光や西日で葉焼けする品種もあるので、
落葉樹の下や午前中だけ日が当たるような場所が最適です。

水やり

根が浅いので乾燥には弱いです。

鉢植えの場合は、用土が乾いたらたっぷりと与えます。

地植えの場合は、降雨に任せますが、晴天が続き乾燥がするようなら水やりしてください。

葉に張りがなかったり、しおれるのは水が切れているサインです。

多少しおれてからでも水をあげれば復活しますよ

慌てなくても大丈夫!

アジュガ・チョコレートチップの花

4月初旬の庭から

植え付け

水はけと通気性に富み、適度な保水性のある土に植え付けてください。

3月〜5月と、9月中旬〜11月が適期になります。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土に植え付けてください。

地植えの場合は、用土に腐葉土、緩効性化成肥料を混ぜ込んで、水はけの良い環境を作ります。

アジュガの根は浅いので、植え付ける場所はあまり深く掘らなくても大丈夫です。深さが15cmくらいあれば育ちますよ。

植え替え

3〜5月と、9月中旬〜11月が適期です。

増えすぎて株が混み合っているようなら、株分けを兼ねて植え替えましょう。

根が浅いので植え替えは楽です。

どんどん増えるアジュガ・チョコレートチップ

どんどん増えて混み合ったチョコレートチップの株

手入れ

花が終わったら、花茎を根元から切り取ります。

花茎を切り戻してしばらくたった頃に、伸びたランナーの先に花を咲かせることがありますよ。

増えて欲しくない場所まで広がる時には、ランナーを切って繁殖域をコントロールします。

肥料

肥料は控えめに与えます。

肥料が多いと花つきが悪くなってしまうからです。

鉢植えの場合は、春から初夏の生育期に、緩効性化成肥料を株の周りに置き肥します。

地植えの場合は、必要ありません。

アジュガチョコレートチップの花

チョコレートチップの花

夏越し

夏は水切れと葉焼けに注意します。

地植えでも晴天が続くと水やりが必要になります。

葉に艶がなくなたり、張りがなくなったりするのは水切れのサインです。しおれてしまう前に水をあげてくださいね。

斑入り品種は葉焼けしやすいので、鉢植えは半日陰に移動してください。

冬越し

耐寒性は強いので、対策は不要です。

増やし方

種まきで増やせますが、株分けで増やすのが簡単です。

種はあまり流通していないし、大きくなるまでに時間がかかるからです。

根が出ているランナーを切り離して植え付け、増やすこともできますよ。

適期は春と秋です。

▼アジュガの株分けはこちらの記事をどうぞ

秋の庭仕事|アジュガの株分けと植え付け

アジュガ・チョコレートチップ

アジュガ・チョコレートチップ

病害虫

ほとんど見られませんが、アブラムシがつくことがあります。

見つけしだい駆除してください。

おすすめの品種はチョコレートチップ

今までに斑入り品種を2種類育てたことがありますが、どちらも上手く育ちませんでした。斑入り品種はあまり育てやすい方ではないなと思います。

私が一番おすすめするのはチョコレートチップ。

銅葉に青紫の花を咲かせる品種です。

とても丈夫で花上がりが良く、生育旺盛で適応環境が広いのが魅力です。

我が家では日当たりの良い花壇や西日が当たる花壇、半日陰になる落葉樹の下などに地植えしています。

どの環境でもチョコレートチップは元気に育ち、どんどん増えています。

アジュガ・チョコレートチップ

南の花壇のアジュガ・チョコレートチップ

アジュガ・チョコレートチップの葉

シックなチョコレートチップの葉

最初に植え付けたのはひとポットだけでしたから、その繁殖力の強さには驚かされます。

アジュガを植えたいな、と思われているならチョコレートチップがオススメです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アジュガ ‘チョコレートチップ’
価格:330円(税込、送料別) (2021/6/10時点)

 

まとめ

  • 春から初夏にたくさんの花を咲かせる
  • 葉のバリエーションが豊富
  • ランナーで這うように広がっていく
  • グランドカバーにお勧め
  • 日向〜半日陰で育つ
  • 暑さ寒さに強く丈夫で育てやすい

今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。

▼おすすめのグランドカバーはこちらの記事もどうぞ!

グランドカバーにおすすめの強健で育てやすい植物9選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です