クレオメの育て方|夏の花壇にオススメ|暑さに強い一年草

クレオメの白い花

クレオメは熱帯アメリカ原産の一年草で、暑さに強く夏の間も花を咲かせ続けます。

日本では明治時代から栽培されている植物で、育てやすく初心者にもオススメです。

この記事では夏の花壇にオススメのクレオメをご紹介します。

クレオメの基本情報

クレオメの花

フウチョウソウ科 

セイヨウフウチョウソウ属

一年草

 

原産地   熱帯アメリカ

学名    Cleome hassleriana

別名    西洋風蝶草

花色    白、ピンク、紫

花期    7月〜10月

草丈    60cm〜120cm 

耐寒性   弱い

耐暑性   強い

日照    日向

クレオメの特徴

クレオメの花

暑さに強い一年草

暑さや乾燥に強く、真夏も元気に花を咲かせます。

花期は7月から10月と長く、手がかからず丈夫で育てやすい一年草です。

個性的な花姿

花は4枚の花弁で、雌しべと雄しべが長くて突き出ています。

花色は白、ピンク、紫があります。

蕾から咲き始めの花びらは濃い色で、夕方には薄い色に変化します。

1輪の花は短命ですが、毎日先端に向かって咲き進み、長い間花を咲かせます。

風に蝶が舞うような花姿から西洋風蝶草(セイヨウフウチョウソウ)の別名があります。

 

クレオメの育て方

白いクレオメの花

9月の庭から

栽培環境

日当たりが良い場所と、水はけの良い土壌を好みます。

乾燥に強く多湿は苦手です。

ジメジメした環境や半日陰ではうまく育ちません。

背丈が高くなるものが多いので、矮性種以外は地植えがオススメです。

水やり

やや乾燥した環境を好みます。

鉢植えの場合は用土が乾いたらたっぷりと水やりします。
多湿な環境は苦手なので、水のやり過ぎには注意してください。

地植えの場合は降雨に任せます。
夏場に何日も雨が降らず、乾燥するようなら水やりします。

肥料

鉢植えも地植えも5月〜9月の間、緩効性化成肥料を月1回置き肥します。

庭のクレオメの花

6月の庭から

植え付け

適期は4月中旬から6月です。

鉢植えは市販の草花用培養土で問題なく育ちます。

地植えの場合は、水はけが悪いようなら腐葉土をすき込んで、水はけの良い環境を作ります。
さらに元肥として緩効性化成肥料を混ぜ込んでください。

クレオメは直根性で移植を嫌います。

植え付ける時は、根鉢を崩さないように優しく扱ってください。

植え替え

移植を嫌うので、一度植え付けたものは植え替えない方が無難です。

特に、地植えしたものを掘り起こして植え替えるのはやめましょう。

手入れ

花は花茎の下から上へと咲き上がっていきます。

先端まで咲き終わったら花茎の付け根から切り取ります。(こまめな花がら摘みは不要です)

草丈が高くなるので、必要なら支柱をします。

*葉柄の付け根にトゲがあるので、触るときは注意してください。

クレオメの花

夏越し

暑さに強いので対策はいりません。

冬越し

寒さに弱い一年草です。寒くなると枯れます。

クレオメの白い花

クレオメ『セニョリータ・ブランカ』

病害虫

病気はほとんど見られません。

ハダニ

高温乾燥期に発生しやすい害虫です。

発生すると、葉がかすれたように白くなります。

ハダニは水に弱いので、初期ならば葉の裏に水をかけることで、洗い流して駆除できます。

これでダメなら、被害が大きくならないうちにハダニに効く殺虫剤で駆除してください。

9月の庭のクレオメの花

9月の庭から

増やし方

種まきで増やせます。

種まきの適期は4月下旬から5月です。

クレオメは移植を嫌うので、種は花壇や鉢に直接まくか、ポットにまいて根が回ってきたらそっと植え替えます。

*こぼれ種でも増えます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タキイ種苗 草花 種子 クレオメ・カラーファウンティン
価格:165円(税込、送料別) (2021/7/22時点)

 

クレオメの品種

濃いピンク色のクレオメの花

クレオメの品種はあまり多くありません。

主に流通するのは、花が大きめで花色に幅がある『カラーファウンテン』や、草丈が20cm前後の矮性種でピンク色の花を咲かせる『ハミングバード』、分枝の良い『セニョリータ』です。 

我が家のクレオメは『セニョリータ』

クレオメの白い花

6月の庭から

『セニョリータ』はPWの改良品種で、トゲがなく、ベタベタせず、分枝が良くたくさんの花を咲かせます。

種もつかないので勝手に繁殖しません。(種がつかないのを良いと思うか、残念と思うかは意見が分かれるところですが・・・)

花色はブランカ(白)とロザリータ(ピンク)の2色で、私はブランカを植えています。

純白の花色がとても清々しいです。

白いクレオメの花

9月の庭から

分枝が良いので、手をかけなくてもたくさんの花茎を立ち上げます。

花びらは勝手に散るので、花がら摘みの必要もありません。

まとめ

  • 暑さや乾燥に強く育てやすい一年草
  • 初夏から秋まで休まず花を咲かせる
  • 花色は白、ピンク、紫の3色
  • 日当たりが良く乾燥気味の環境を好む
  • 手がかからず育てやすい

▼夏の間も花を咲かせ続けるオススメの一年草はこちらの記事から

春から秋まで咲き続けるおすすめの一年草4選

最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。