シンバラリア(コリセウムアイビー)の育て方|グランドカバーにおすすめ

どんどん広がるシンバラリアムラリス

シンバラリアは、別名コリセウムアイビーと呼ばれる多年草。

葉は柔らかく花は小さく弱々しい印象ですが、実はとても丈夫で生育旺盛!

植えっぱなしで育ってくれるし、こぼれ種でよく増えます。

半日陰から日陰のグラウンドカバーにおすすめの植物です。

今回はシンバラリアの特徴や育て方を紹介します。

シンバラリア(コリセウムアイビー)の特徴

シンバラリアムラリス

薄紫の花が咲く ‘ムラリス’

小さな花を長期間咲かせる

アイビーのような形の柔らかい葉に、小さな花を咲かせます。

花は薄紫の‘ムラリス’と白の‘スノーホワイト’がありますが、流通しているのは薄紫のムラリスが多いです。

斑入り葉の品種もたまに見かけます。(花の色は白です)

四季咲き性が強く、私の住んでいる地域(中国地方の山間部)では、真冬以外は花を咲かせています。

シンバラリア・スノーホワイト

白花の ‘スノーホワイト’

ほふく性でどんどん広がる

生育旺盛で、横へ横へとカーペット状に広がります。

グランドカバーにも使えます。(ただし、踏みつけには弱いです

丈夫で育てやすい

半日陰を好みますが、日向〜日陰まで育ちます。

そして日陰でも花を咲かせます。

北海道でも育つほど寒さに強く、手もかからないので初心者にもおすすめです。

シンバラリア(コリセウムアイビー)の基本データ

シンバラリア・スノーホワイト

ゴマノハグサ科

耐寒性/常緑性宿根草

 

学名    Cymbalaria

別名    コリセウムアイビー、ツタバウンラン

開花期      厳寒期を除きほぼ一年中

花色    薄紫 白

花径    1㎝くらい

草丈    5〜10㎝

葉張り   ほふく性でカーペット状に広がる。

耐寒性   強い (北海道でも育つ)

耐暑性   強い

日照    半日陰〜日陰(明るい日陰を好む)

シンバラリア・ムラリス

4月の庭 薄紫の‘ ムラリス ’

シンバラリア(コリセウムアイビー)の育て方

栽培環境

半日陰から日陰で、水はけが良く、やや乾燥気味の場所を好みます。

大きな樹木の木陰や、建物の軒先のような乾燥気味の場所でよく育ちます

水やり

過湿には弱いので、水の与え過ぎには注意が必要です!

鉢植えの場合は、用土が乾いてからたっぷりと与えます。

庭植えでは水やりは不要です。
(日当たりの良い場所では真夏にしおれることがあります。その時は水やりします。)

植え付け

3〜5月が適期です。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土に植え付けます。

地植えの場合は、植え付ける場所の土に腐葉土を混ぜ込んで、水はけの良い環境を作ります。

シンバラリアムラリス

手入れ

伸びすぎたら刈り込む程度で、基本的に不要です。

花がら摘みの必要もありません。

本当に手がかからないので楽です。

病害虫

ほとんど見られませんが、鉢植えを過湿にすると灰色カビ病が発生することがあります。

肥料


よほど痩せた土壌でなければ必要ありません。

増やし方

株分け 挿し木 こぼれ種で増やせます。

株分けは春と秋が適期です。
茂った株を株分けすると萎れやすいので、少し切り戻してから株分けします。

挿し木は5〜6月ごろか、9〜10月に行います。

こぼれ種で良く増えるので、こぼれ種を移植するのがいちばんおすすめです。

▼こぼれ種で増える植物はこちらの記事から

こぼれ種で増える植物おすすめ10選|特徴も!

我が家のシンバラリア(コリセウムアイビー)

アプローチに広がっていくシンバラリアムラリス

シンバラリアは15年くらいここにいます。ここは建物の東で半日陰になる場所です。

花壇から通路にはみ出し、階段にまで広がっています!

広がりすぎたら引き抜きますが、しばらくするとまたこんな状態になります。

最初に植えた1株が、こぼれ種で南の庭や建物の北にも広がりました。

建物の北は塀と建物の間にある通路で、明るめの日陰です。
軒下で雨がかからず、水やりもできない場所です。
ここは砕石が敷き詰められていますが、旺盛に広がり年に2回くらいはごっそり抜いています。それでもまた茂ってきます。

 

シンバラリア・ムラリス(コリセウムアイビー)

 

レンガの隙間でこぼれ種が発芽して広がろうとしています。

この場所は南向きで夏も日が当たる場所!

丈夫なのには驚かされます。

ホームセンターや園芸店ではあまり見かけません。
ネットの方が手に入れやすいです。

弱々しい印象のシンバラリアですが、見た目と違ってとても丈夫です!

初心者の方でも育てるのは簡単!

グランドカバーにもおすすめです!

▼グラウンドカバーにおすすめの植物はこちらから

グランドカバーにおすすめの強健で育てやすい植物9選

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。