ユーフォルビア・ダイアモンドフロストの育て方|剪定や増やし方も

ユーフォルビア・ダイアモンドフロストの花

ユーフォルビア・ダイアモンドフロストは、白い繊細な小花を春から晩秋まで次々と咲かせます。

夏の暑さや乾燥にも強く、性質はとても丈夫で育てやすい多年草です。

白い小花はどんな花とも良く馴染み、鉢植えや花壇で活躍してくれます。

八重咲き品種に『ダイアモンドスター』や『ダイアモンドスノー』があり、こちらは豪華な雰囲気です。

この記事ではユーフォルビア・ダイアモンドフロストの特徴や育て方を紹介します。

ユーフォルビア・ダイアモンドフロストの基本情報

トウダイグサ科 ニシキソウ属

非耐寒性多年草(暖地以外は一年草扱い)

 

原産地    メキシコ

学名     Euphorbia chamaesyce hybrid

花色     白

花期     4月〜11月

草丈     30cm〜40cm

葉張り    30cm〜40cm

耐寒性    弱い(5度くらい)

耐暑性    強い

日照     日向

ユーフォルビア・ダイアモンドフロストの特徴

ユーフォルビア・ダイアモンドフロスト

花は?

白い小さな花がふんわりとかすみ草のように咲きます。

花に見える部分は、苞(ほう)と呼ばれる花のすぐ下の葉で、本当の花は小さくて目立ちません。

花は夏の間も途切れることなく春から晩秋まで咲き続けます。

ダイアモンドフロストは、どんな花とも馴染むので、寄せ植えや花壇に使いやすい植物です。

花がら摘みが不要で手がかからないのも大きな特徴です。

性質は?

夏の暑さや乾燥に強くとても丈夫です。

耐寒性は弱く、寒さは5度くらいまでしか耐えられません。

このため暖地以外では一年草扱いになります。

ダイアモンドフロストの改良品種は?

ユーフォルビア・ダイアモンドスノーの花

改良品種のダイアモンドスノー

花の密度や草丈の違う『ダイアモンドスター』や、『ダイアモンドスノー』があります。

どの品種も丈夫で、春から晩秋まで次々と花を咲かせます。

育て方はダイアモンドフロストと同じです。

ダイアモンドスター

花の密度が高い八重咲き品種。

株一面に花を咲かせ、草丈は30cm前後とコンパクトです。

コンパクトなので寄せ植えに最適です。

ダイアモンドスノー

花の密度が高い八重咲き品種。

ダイアモンドスターに比べて生育旺盛でボリュームがあります。

草丈は30〜45cm。

寄せ植えから花壇植えに使えます。

単体で鉢植えにしても見応えがある品種です。

ユーフォルビア・ダイアモンドフロストの育て方

寄せ植えの中のユーフォルビア・ダイアモンドフロスト

6月の庭から 寄せ植えのダイアモンドフロスト

栽培環境

日当たりが良い場所、水はけの良い土壌を好みます。

夏は西日が当たらない場所が理想的です。
(西日が当たる場所でも枯れる事はありません。

水やり

どちらかというと乾燥気味を好むので、水の与えすぎには注意します。

鉢植えは用土が乾いたらたっぷりと水やりします。

地植えでは根づいてしまえば降雨に任せ、水やりの必要はありません。

肥料

開花期が長いので、肥料が切れると葉の色が悪くなったり、花が少なくなったりすることがあります。

1000倍に薄めた液肥を週に一回程度与えます。

ユーフォルビア・ダイアモンドスノーの花

6月の庭から 華やかな印象のダイアモンドスノー

植え付け

苗が流通するのは、4月上旬から7月下旬、秋は9月頃です。

8月を除く4月〜9月に植え付け可能ですが、花を長く楽しむなら4月から7月初旬までに植え付けるのがおすすめです。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土で問題なく育ちます。

地植えの場合は、植え付ける場所の水はけが悪いようなら、掘り上げた土に腐葉土を混ぜ込んで水はけの良い環境を作ります。
さらに元肥として緩効性化成肥料を混ぜ込みます。

植え替え

適期は春と秋です。

鉢植えは根詰まりするようなら、ひと回り大きな鉢に植え替えます。

地植えの場合は植え替えは不要ですが、寒さに弱いので暖地以外では屋外で冬を越すことができません。

冬を越させたい場合は、寒くなる前に掘り上げて鉢に植え替え、室内の日当たりの良い場所に取り込みます。

手入れ

花がら摘みは不要です!

花がら摘みをしなくても花は次々と咲きます。

花びらは自然に散って花がらは目立ちません。

剪定

4月〜5月の間に、2分の1〜3分の1くらいの丈で切り戻すと、株元から新芽が出て密に茂りこんもりと形の良い草姿になります。

成長して草姿が乱れた時も、切り戻すと枝数が増えてボリュームのある綺麗な形の株になります。

切り口から白い液が出るので、触ったら手を洗ってください。

肌の弱い人はかぶれることがあります。

ユーフォルビア・ダイアモンドフロスト

夏越し

暑さには強いので特別な対策はいりません。

鉢植えは、西日に当たらない場所に移動した方が、元気に育ちます。

冬越し

耐寒性は弱く、5度程度までしか耐えることができません。

霜が降りると枯れます。

冬越しするなら室内の明るい場所に取り込みます。

ユーフォルビア・ダイアモンドスノー

ユーフォルビア・ダイアモンドスノーの花

病害虫

あまり見られませんが、アブラムシや、カイガラムシがつくことがあります。

見つけしだい駆除してください。

病気はほとんど見られません。

増やし方

挿し木で増やせます。

適期は6月頃です。

挿し木にして根が出たものを植え付ける時は、何本かまとめて植え付けます。
一本だけではボリュームのある株にならないからです。

その後しっかり根付いて大きくなってきたら、2分の1くらいの丈で切り戻します。
切り戻しておくとボリュームのある株になります。

ユーフォルビア・ダイアモンドフロスト

オレンジ色の花はコレオプシス・ウリドリーム

▼コレオプシス・ウリドリームはこちらの記事をどうぞ

コレオプシス・ウリドリームの育て方|花期が長く育てやすい多年草

まとめ

  • 寒さに弱い非耐寒性多年草、暖地以外は一年草扱い
  • 白い繊細な小花をふんわりと咲かせる
  • どんな花とも合わせやすい
  • 花期は春から晩秋まで、夏も休まず花を咲かせ続ける
  • 暑さや乾燥に強く、性質は強健
  • 春に一度切り戻すと枝数が増えて密に茂る
  • 花がら摘みは不要で、手がかからない

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です