ロベリアの育て方|夏越しのポイントは?

ロベリア・トリコロール

ロベリアは草丈20cmほどの半耐寒性多年草。

3月ごろに園芸店に安価で大量に流通する春の定番植物です。

暑さ、寒さに弱いため日本では一年草扱いになっていますが、栽培環境や水やりに注意すれば夏越しもできます。

夏を越せば秋も花を咲かせ、冬を越せばまた春に花を咲かせてくれます。

この記事ではロベリアの育て方、夏越しのポイントなどを紹介します。

ロベリアの基本情報

キキョウ科 ロベリア属

半耐寒性多年草

 

原産地  南アフリカ

花期   4〜6月(夏越しすれば秋も咲きます)

花色   白、ブルー、紫、ピンク、ローズ

花径   1〜2cm

草丈   10〜25cm

耐寒性  普通

耐暑性  弱い 

日照   日向(夏は半日陰)

ロベリアの特徴

色とりどりのロベリアの花

よく分枝し、こんもりとした株に育ち、開花期には小さな花が株を埋め尽くすように咲きます。

花の色は白・ピンク・ブルー・紫・ローズと豊富です。

品種によっては宿根しますが、ほとんどの品種は基本的に夏の暑さが苦手で一年草扱いです。

ロベリアが好む栽培環境

ロベリアは過湿も乾燥も苦手なので、露地植えはおすすめできません。

鉢植えにして、春と秋は風通しの良い日向、夏は風通しの良い半日陰で育てるのがおすすめです。

ロベリアが好む用土は、水はけと通気性が良く、水持ちもそこそこ良い肥沃な用土です

市販の培養土はなるべく質の良い物を使ってください。
(目安は20ℓで1000円前後)

値段が高ければ良いというものではありませんが、安い土に良い土はありません。

ロベリアの育て方

一年草のロベリア

水やり

過湿を嫌いますが、極端な乾燥も苦手です。

過湿にするとカビが生えたり、株が溶けるようになります。逆に乾燥させすぎると、株がしおれて元に戻らないことがあるので注意してください。

鉢植えの場合は、表土が乾いたらたっぷり水を与えます。

水やりは葉に水がかからないように注意してください。

ロベリアは葉が濡れることで蒸れて腐ったり、カビたりしやすいです。

水を与える時は葉を手で持ち上げて、土に水を与えます。

肥料

ロベリアは肥料をたくさん必要とします。

花が咲いている間は1週間に1回程度、2000倍に薄めた液体肥料を与えます。

ただし、夏は肥料は与えないでください。

夏を越した株に肥料を与えるのは涼しくなる9月下旬からです。

ロベリアの花

植え付け

植え付け適期は3月〜4月です。

鉢植えは市販の草花用培養土で問題なく育ちます。(培養土は良質のものを)

地植えの場合は、掘り上げた土に腐葉土や堆肥、緩効性化成肥料を混ぜ込んで植え付けます。

手入れ

・花がひと通り咲いて花がらが目立つようになったら、半分くらいの丈で切り戻します。2週間くらい経ったらまた咲き始めます。

・梅雨入り前には伸びた枝を3分の1くらいの丈まで刈り込みます。

ロベリアの鉢植え

7月10日

この苗は梅雨入り直前に一度切り戻したものです。20日ほどでこの状態になりました。

夏は株を休めたいので、梅雨が明ける頃にもう一度切り戻す予定です。

夏越し

夏越しのポイントは、切り戻しと環境、水やりです。

高温多湿が苦手なので、梅雨明けまでに2分の1くらいの丈で切り戻し、東向きか北向きの風通しの良い明るい日陰に移動します。

雨や西日には当てないようにしてくださいね。

冬越し

鉢植えは日当たりの良い霜の当たらない軒下で管理します。

寒さにはあまり強くないので、夜は不織布をかけておくと安心です。

*耐寒性は強くないので、春に苗を買って育てるのがおすすめです。

ロベリアの花

増やし方

種まき、挿し木で増やせます。

こぼれ種でとてもよく増えます。

病害虫

アブラムシ、ハダニがつくことがあります。

オルトラン粒剤を株元にまいて予防します。

我が家のロベリア

我が家のロベリアはタキイ種苗の『ロベリア・トリコロール』です。3色がひとつのポットに植えてあります。

9月初旬、無事に夏を越して元気に花を咲かせ始めました。

夏越ししたロベリア

9月初旬 夏越ししたロベリア

この後、晩秋まで花を楽しんで、冬越しに挑戦したいと思います。

*その後、この株は晩秋に切り戻して軒下で管理し、春にはたくさんの花を咲かせました。さらに夏越しして秋にも花を咲かせてくれました。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事が少しでも皆さんのお役に立てると嬉しいです。