ツルバキア・シルバーレースの育て方|花を次々と咲かせるコツは?

ツルバキア・シルバーレースの花

ツルバキア・シルバーレースは暑さと乾燥に強い多年草。

上品な色合いの斑入り葉と可憐なピンク色(紫がかったピンク)の花が魅力です。

派手な植物ではないけれど、寄せ植えや地植えで他の植物と合わせた時に実力を発揮します。

ツルバキアの中では、斑入り葉のシルバーレースは花上がりがあまり良い品種ではありません。

花を次々と咲かせるコツは日当たりの良い場所で育てることです。

この記事ではツルバキア・シルバーレースの育て方を紹介します。

ツルバキア・シルバーレースの基本情報

ツルバキアの花

7月の庭から

ネギ科  ツルバキア属

耐寒性多年草(冬季常緑〜半常緑)

 

開花期  6月〜9月(最盛期は夏)

花色   ピンク(紫がかったピンク色)

花径   2cmくらい

草丈   葉は30cm  花は40〜50cm

耐寒性  普通 (−6度くらい)

耐暑性  強い

日照   日向

ツルバキア・シルバーレースの特徴

花壇のツルバキア・シルバーレース

7月の庭から

低く茂った斑入り葉から長い花茎を立ち上げ、先端に小さなピンク色の花を咲かせます。

すらっとした花茎はわずかな風にもそよぎ涼しげです。

白い斑入り葉はとても美しく、花のない時期も鑑賞価値が高いです。

 

花期は初夏から秋まで!

シルバーレースは緑葉の品種に比べて花上がりがあまり良くありません。

花を次々と咲かせるコツは、日当たりの良い場所に植えることです。

他の植物の陰になるような環境では花上がりが悪くなります。

 

水はけが良ければ土質も選びません。暑さや乾燥にも強いです。

葉や茎にはニラのような匂いがありますが、触れる程度では匂いません。

適した環境に植えれば初心者でも簡単に育てられます。

 

ツルバキアでよく流通しているのはビオラセア種とフラグランス種の2種類です。

  • ビオラセア種は花期が初夏〜秋と長く、花の色は紫、白、ピンクがあります。シルバーレースはビオラセア種の斑入り品種になりますが、花色はピンク色のみです。
  • フラグランス種は花に香りがあって花期は3〜5月と短いです。花色は白、ピンクがあります。フラグランス種は酸性土壌が苦手です。
ツルバキア・シルバーレースの葉

斑入り葉が涼しげです

ツルバキア・シルバーレースの育て方

ツルバキア・シルバーレースの花

栽培環境

日当たりが良く、水はけが良い土壌を好みます。

花を次々と咲かせるには日当たりの良さが大切です。日当たりが悪い場所では極端に花上がりが悪くなります。

日当たりの良さ=花上がりの良さになります。

乾燥には強く、根が張ればかなりの乾燥に耐えます。

西日にも耐えます。

多湿な環境はやや苦手ですが、長雨にも耐える丈夫な性質の植物です。地植えにしても何の問題もありません。

水やり


鉢植えは用土が乾いたらたっぷりと水やりします。

地植えは降雨に任せます。

植え付け 

春と秋が適期です。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土で問題なく育ちます。

地植えの場合は、掘り上げた土に腐葉土を混ぜ込み水はけの良い環境を作って植え付けます。

植え替え

真冬と真夏以外は可能です。

鉢植えは根詰まりするようならひと回り大きな鉢に植え替えてください。

地植えでは植え替えは不要です。

植え替えには強く、私も何度も地植えの株を植え替えていますが元気に育っています。

ツルバキア・シルバーレースの花

ツルバキア・シルバーレースとカラミンサ・ネペタ

▼カラミンサ・ネペタの詳しい情報はこちらからどうぞ

 

カラミンサ・ネペタの育て方|栽培環境や剪定の方法も

肥料

痩せ地でも育つほどなので、肥料は基本的には不要です。 

生育が良くないときには、春か秋に緩効性肥料を置き肥します。

手入れ


咲き終わった花茎は根元から切り取ります。

花茎をまめに切っておくと花上がりが良いです。

枯れ葉が目立つようなら取り除きます。

混み合ってきたら春か秋に株分けします。
(球根植物ですが4〜5年は植えっぱなしで大丈夫です。)

他には特に手入れはありません。手がかからない植物です。

夏越し

暑さには強いので対策は不要です。

冬越し

対策なしでもマイナス6度くらいまで耐えます。

地域によっては寒さで地上部が枯れますが、春には芽吹きます。

土が凍るようなら、腐葉土などでマルチングしておくと安心です。

寒冷地では冬は室内に取り込みます。

6月の花壇

6月 西の花壇のツルバキア

病害虫

ほとんど見られません。

こんなに病害虫に強い植物はなかなかないと思います。

増やし方

株分けで増やせます。

株分けの適期は4〜5月か9〜10月です。

まとめ

  • 涼しげな斑入り葉とチラチラ咲く花が魅力の多年草
  • 暑さと乾燥に強い
  • 花期の最盛期は夏
  • 日当たりが良い場所で育てると花上がりが良い
  • 丈夫で育てやすい

ツルバキアはホームセンターや園芸店で見かけることはあまりないので通販で探すのが早いです。

私はおぎはら植物園のオンラインショプで購入しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ツルバギア ‘シルバーレース’
価格:440円(税込、送料別) (2021/6/13時点)

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です