スイートアリッサムの育て方【一年草】

アリッサムの白い花

スイートアリッサムという植物をご存知ですか?

冬〜春にパンジー・ビオラとの寄せ植えに使われることが多い秋まきの一年草です。

しかし、実は寒さにやや弱く、霜に当たると傷んだり、最悪の場合は枯れてしまうこともあります。

今回はスイートアリッサムの特徴や育て方、冬の管理で気をつけたいことなどを紹介します。

スイートアリッサムの基本情報

アブラナ科 ニワナズナ属

秋まき一年草扱い

 

原産地   地中海北岸から西アジア 

学名    Lobularia maritima

花色    白・紫・ピンク・ローズ・レモンイエロー・サーモンピンクなど

花期    3月〜6月と10月〜12月(暖地では冬の間も開花)

草丈    10〜20cm 

耐寒性   やや弱い

耐暑性   弱い

日照    日向

アリッサムの花

2月の庭 レモンイエローの花

スイートアリッサムの特徴

花色が豊富

スイートアリッサムは、可憐な小花を半球状に密に咲かせます。

花色が豊富で、白、紫、ローズ、ピンク、レモンイエロー、サーモンピンクなどがあります。

品種によっては、濃い色と薄い色がグラデーションのように咲くものもあります。

花つきが良い

花つきが大変良く、最盛期にはびっしりと株を覆うように花を咲かせます。

背丈が低い

背丈が低く這うように広がります。

この草姿を活かして花壇の縁取りや、寄せ植えの前面、ハンギングなどに使うのがおすすめです。

アリッサムの白い花

高温多湿に弱い

本来は多年草ですが、夏の高温多湿に弱く日本では夏を越せないことが多いので、一年草として扱われます。

寒さにやや弱い

苗が出回る時期は早春と晩秋です。

このため寒さに強いように思ってしまうのですが、
実は寒さにはやや弱い植物です

霜に当たると花が咲かなくなったり、株が傷んだりします。

最悪の場合は枯れてしまうことも・・・

パンジー・ビオラの寄せ植えに使われることが多いですが、パンジー・ビオラとは耐寒性が全然違います。

寄せ植えにした場合には、スイートアリッサムに合わせた防寒対策をする必要があります。

こぼれ種で増える

一度植えるとこぼれ種でよく増え、翌年も花を咲かせます。

スイートアリッサムの育て方

紫のアリッサムの花

グラデーションのように咲く紫のスイートアリッサム

栽培環境

日当たりと水はけが良く、適度な保水性のある土壌を好みます。

高温多湿は苦手です。

夏は涼しい日陰になる場所が理想的です。

水やり

適湿を好みます。

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらたっぷり水やりしてください。

地植えの場合は、降雨に任せます。
乾燥が続くようなら水やりしてください。

肥料

開花期には、2週間に1度液体肥料を与えてください。

アリッサムの白い花

植え付け・植え替え

植え付け適期は、春と秋です。

春は霜の心配がなくなる3月〜4月、秋は寒くなる前の10月〜11月が良いでしょう。

秋は暑さがおさまったら、なるべく早く植え付けてください。

*寒くなるまでにしっかりと根を張らせておくと、冬越しが楽になります。

移植を嫌うので、植え付け時には根を痛めないように、根鉢は崩さず優しく扱ってくださいね。

酸性土壌は苦手なので、花壇に植える場合はあらかじめ苦土石灰をまいて中和しておきましょう。

用土

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土で植えつけます。

地植えの場合は、用土に腐葉土と緩効性化成肥料を混ぜ込んで植え付けます。

手入れ

終わったら花がらは摘み取ります。

ひと通り花が咲き終わったら、草丈を半分まで切り戻します。

株が徒長して乱れてきた時も、同じように切り戻してください。

花期の間なら、ひと月ほどで再び開花します。

アリッサムの花

夏越し

高温多湿に弱く、夏越しは必ずできるわけではありませんが、環境によっては越せることもあります。

夏越しに挑戦してみたいと思ったら、次の対策をとってみてください。

  • 初夏に草丈を半分まで切り戻す
  • 鉢植えは涼しい日陰に移動する
  • 地植えは遮光する
  • 乾燥気味に育てる

冬越し

寒さにやや弱く、霜に当たると花が咲かなくなったり、最悪の場合は枯れてしまうことがあります。

霜に当てないことが冬越しのコツになります。

  • 鉢植えは軒下に移動して、夜間は不織布をかける
  • 地植えは株の周りを腐葉土で覆い、夜間は不織布をかける

*我が家はこの方法で、冬を乗り越えました。
私の住む地域は、一番寒い時の気温はマイナス8度まで下がりました。

*不織布とは

 

ホームセンターの園芸用資材売り場で

 

『寒冷紗(白)』や、『園芸用不織布』の名前で売られています。

 

通気性・透水性があります。

 

遮光率は30〜90%と幅が広いので、昼間もかける場合は遮光率が低いものを選ぶと良いでしょう。

 

私が使っているのは遮光率が60%のものです。

レモンイエローのスイートアリッサムの花

夜は霜除けしている鉢は冬の間も花を咲かせています

増やし方

挿し木と種まきで増やせます。こぼれ種でも増えます。

挿し木の適期は5〜6月ですが、個人的には挿し木はお勧めしません

スイートアリッサムは暑さに弱いので、挿し木した苗を夏越しさせるのは簡単ではないからです。

種まきで増やすのが確実です。

種まきは9月中旬〜10月中旬(発芽適温は15度〜20度)になります。

秋に撒いた種を定植できるのは3月になります。

暖地以外では、こぼれ種でもよく増えます。

病害虫

暖かくなるとアブラムシがつくことがあります。

見つけ次第駆除してください。

アリッサムの花

まとめ

スイートアリッサムの特徴と育て方のまとめ・・

  • 花色が豊富で花上がりが良い
  • 背丈が低く這うように広がる
  • 寄せ植えに使いやすい
  • 日当たりと水はけの良い環境を好む
  • 夏の高温多湿に弱いので初夏には切り戻す
  • 冬の寒さに弱いので霜には当てないように育てる

いかがでしたか?

スイートアリッサムはポピュラーな植物です。

冬〜春の寄せ植えには必ず候補に上がるのではないでしょうか?

近年は、スーパーアリッサム』という耐暑性のある品種も見かけます。

この品種は暑さに強く、周年花を咲かせる優れもの!

強健で育てやすいのでおすすめです。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です