チェリーセージの育て方|剪定や冬越しも

チェリーセージ・ホットリップス

写真は2色咲きの品種 ‘ホットリップス’

チェリーセージは観賞用のハーブで、花期が長く育てやすいので昔から人気の多年草です。

花色がとても豊富で、毎年のように新しい色の新品種が出回るのも楽しみです♪

この記事では、チェリーセージの特徴や育て方を紹介します。

チェリーセージの基本情報

チェリーセージの花

最もポピュラーな赤い色

シソ科 アキギリ属

耐寒性低木 冬期半常緑〜落葉

 

原産地   アメリカ南部〜メキシコ

学名    salvia-microphilla  salvia-greggii  salvia-jamensis

別名    サルビア・ミクロフィラ、サルビア・グレッギー、サルビア・ヤメンシス

 

花色    白、レモンイエロー、サーモン、ピンク、ローズ、赤、紫、ブルーなど

 

花期    5月〜11月

樹高    40cm〜80cm

耐寒性   普通(−5度〜−10度)

耐暑性   強

日照    日向

チェリーセージの特徴

チェリーセージの白い花

真っ白な花が咲く品種‘パールホワイト’

チェリーセージはいくつかの品種の総称で、主にサルビア・ミクロフィラ、グレッギー、ヤメンシスがチェリーセージの名前で流通しています。

耐寒温度や性質に多少の差はありますが、育て方に違いはありません。

豊富な花色

白・レモンイエロー・サーモンイエロー・ピンク・ローズ・赤・紫・ブルーなどたくさんの花色があります。

白と赤の二色咲きの『ホットリップス』や、クリームとサーモンの二色咲きの『サーモンイエロー』などもあります。

斑入り葉の品種もあります。

花期が長い

花期は5〜11月と大変長く、切り戻しても花期の間なら繰り返し咲きます。

*真夏は暑さで花が休むことがあります。

チェリーセージ・ムーンライトオーバー

9月の庭 斑入り葉品種‘ムーンライトオーバー’は葉の香りがとても良い

丈夫で育てやすい

草のように見えますが、実は低木に分類されます。
大きくなると株元が木質化します。

性質は強健で、暑さ寒さに強く、手がかからず初心者にもおすすめです。

地域によっては冬は落葉しますが、春になったら芽吹きます。

寒冷地では屋外で越冬は難しいかなと思います。

『植物耐寒ゾーン地図』で調べると、チェリーセージの耐寒ゾーンは9になっています。これは、マイナス7度くらいまで耐えられるということです。

チェリーセージの中でもサルビア・ネメンシスという品種は、他の品種に比べて耐寒性が少し高く、マイナス10度くらいまでは耐えるようです。

耐寒温度は環境にも影響されるので、数字が全てではありません。
数字はあくまでも参考までに・・・

チェリーセージの育て方

チェリーセージ・グレッギーブルー

初夏の庭 濃いブルーが美しい品種‘グレッギーブルー’

栽培環境

日当たりの良い場所で、水はけの良い土壌を好みます。

半日陰でも育ちますが、日向の方が花上がりが良いです。

水やり

鉢植えの場合は、土が乾いたらたっぷりと水やりします。

地植えの場合は、根付いた後は降雨に任せますが、ひどく乾くような時は水やりしてください。

肥料

植え付け時に緩効性化成肥料を施します。

その後は、鉢植えは春と秋に緩効性化成肥料を与える程度で、多くの肥料は必要ありません。

地植えの場合は、植え付け時に肥料を施せば、その後の肥料は不要です。

チェリーセージ

ポピュラーな赤

植え付け・植え替え

真夏と真冬を除けばいつでも可能ですが、生育を考えると4〜5月か9〜10月が良いでしょう。

植え付け

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土に植え付けます。

地植えの場合は、水はけが悪いようなら掘り上げた土に腐葉土を混ぜ込みます。植え付け時には緩効性化成肥料を元肥として混ぜ込んでください。

植え替え

鉢植えの場合は、根詰まりするようなら、ひと回り大きな鉢に植え替えます。

地植えの場合は、植え替えは不要です。

手入れ

花柄摘み

花は一本の茎に穂状に下から上へと咲いていきます。

いちばん上の花が咲き終わったら、花茎の付け根(葉が出ている上)で切り戻すと、脇芽が伸びて次の花を咲かせます。

剪定

真夏と真冬を除けば剪定可能です。

花がひと通り咲き終わったら、3分の1くらいの丈まで全体を切り戻してください。

切り戻すと枝数が増え、再びたくさんの花が咲きます。

木質化して株の下の方の枝が少なくなった時も、切り戻すことで新しい芽が吹いてきます。

チェリーセージ ・パールホワイト

9月の庭 純白の花を咲かせる品種‘ピュアホワイト’

夏越し

真夏は花が休んだり少なくなったりするので、夏前に剪定して姿を整え直しておくことをおすすめします。

剪定することで、高温多湿の夏に蒸れて傷むこともなく、秋には綺麗な草姿で再びたくさんの花を咲かせます。

剪定は全体を3分の1くらいの丈まで切り戻し、混み合ったところの枝を切り取ります。

冬越し

花が終わった頃に地際から2〜3節残して切り戻し、冬の間株を休ませます。

冬に葉を落としても、根が生きていれば春になったら芽吹くので心配入りません。

株の周りを腐葉土で保護して寒さや、霜から守りましょう。

私の経験だとマイナス8度くらいまではどの品種も大丈夫です。

鉢植えは軒下に移動しておくと、もう少し気温が低い時も耐えてくれます。

夜間、不織布などで対策を取ればさらに寒さから守ることができます。

寒冷地では屋外で冬を越すのは難しいので、鉢植えを室内に取り込みます。

鉢を取り込む場所がない方は、挿し木で苗を作っておいて、小さめの鉢(4寸)で取り込むのも良いと思います。

チェリーセージ・パールピンク

5月の庭 優しい色合いの‘パールピンク’

病害虫

病気

病気はほとんど見られません。

害虫

チェリーセージの香りは虫を寄せ付けにくい・・・

などとよく言われていますが、そんなことはありません!

アブラムシやハダニ、オンシツコナジラミ、メイガの幼虫が発生することがあるので気をつけましょう!

発生すると、見た目が悪くなったり、株が弱ってしまいます。

見つけ次第駆除してくださいね。

チェリーセージの花 グレッギーブルー

6月の庭 涼しげな‘グレッギーブルー’

増やし方

5〜6月に挿し木で増やすことができます。

挿し穂には、木質化していない緑色の枝を使ってください。

その際つぼみや花芽は切り取ります。

土は市販の『挿し芽の土』が挿しやすく、水管理が楽なのでおすすめですよ!

容器は『挿し木・種まき用のプラグトレー』を使えば、ポット上げの時に根が傷みません。
(チェリーセージには200穴のプラグトレーがおすすめです。)

チェリーセージは発根率が高い植物で、簡単に増やせます。

ぜひ、挑戦してみてください。

まとめ

  • 花色が豊富で花期が長い多年草(低木)
  • 日当たりと水はけの良い環境を好む
  • 切り戻しで繰り返し咲く
  • 暑さ寒さに強く育てやすい

チェリーセージは花色が豊富なので、ついつい増えてしまいます。

我が家にも4種類のチェリーセージがありますが、斑入り品種の『ムーンライトオーバー』は、葉の香りがとても良いので特におすすめです♪

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です