ロニセラ・レモンビューティーの育て方|寄せ植え、花壇におすすめの低木

ロニセラニティダ ・レモンビューティー

ロニセラは大きく分けて、つる性のハニーサックルと、ブッシュ状の低木のニティダの2種類があります。

レモンビューティーはニティダに分類される低木です。

レモン色の斑が美しい明るい印象の常緑低木になります。

成長はゆっくりで大きくなっても60cm〜80cmなので、寄せ植えや花壇、グランドカバー、樹木の足元など使い勝手が良いです。

この記事では、ロニセラ・レモンビューテイーの特徴や育て方を紹介したいと思います。

このような方におすすめの記事です

  • ロニセラ・レモンビューティーについて知りたい
  • 斑入り葉の低木を知りたい
  • 常緑の低木を知りたい
  • 柔らかい印象の低木を知りたい

ロニセラ・レモンビューテイーの基本情報

スイカズラ科 スイカズラ属

耐寒性/常緑低木

 

原産地   中国(原種の主な自生地)

学名    Lonicera nitida ‘Lemon Beauty’

花色    白(目立たない)

花期    4〜5月

樹高    60〜80cm(剪定でコンパクトにもできる)

耐寒性   強(マイナス15度)

耐暑性   強

日照    日向〜半日陰

 

ロニセラ・レモンビューティーの特徴

ロニセラ・ニティダ・レモンビューティー

4月下旬の庭から

斑入り葉が美しく、柔らかい雰囲気

1cmほどの葉にレモン色の縁取りが入り、美しく明るい印象の低木です。

ブッシュ状の樹形は柔らかい雰囲気で、洋風の庭によく似合います。

成長はややゆっくり

低木に分類されますが、成長はややゆっくりで、大きくなっても80cmまでです。

苗が小さい時は、枝垂れるような姿で草のようですが、大きくなるにつれて枝がしっかりしてきます。

ブッシュ状に育ち、枝先は枝垂れ気味なので、成長しても柔らかい雰囲気の低木です。

成長がゆっくりなので、小さな苗の時は寄せ植えに使って、大きくなったら花壇に下ろす・・・みたいな使い方ができます。

刈り込みに強い

刈り込みに耐えるので、剪定で20cmくらいに抑えることも可能です。

萌芽力が強いので、刈り込んでトピアリーやグランドカバー、低めの生垣にも仕立てることができます。

耐寒性が強い

耐寒性がとても強いので(耐寒温度マイナス15度)、極寒冷地を除いて常緑で冬を越します。

私の住む地域(植物耐寒ゾーン8b)では、多くの常緑樹が葉をけっこう落としてしまうんですが、ロニセラ・レモンビューティーは葉をあまり落としません。
寒さに強いです!

冬も常緑なのは庭が寂しくならなくて嬉しいですよね!

耐暑性が強い

夏の暑さに強く、葉焼けしにくい品種です。

ロニセラ・ニティダ ・レモンビューティー

4月の庭 満開のアジュガとロニセラ・レモンビューティー


▼斑入りの葉の植物はこちらの記事で紹介しています。

美しい斑入り植物|おすすめ品種を11種類紹介します

ロニセラ・レモンビューティーの育て方

栽培環境

日向から半日陰の、水はけ水持ちの良い環境を好みます。

強乾燥は苦手です。

水やり

鉢植えの場合は、乾いたらたっぷりと水やりします。

地植えの場合は、根づいた後は降雨に任せますが、何日も雨が降らず乾くような時は水やりしてください。

強い乾燥を嫌う植物なので、乾かしすぎると葉を落としてしまいます。

*葉を落としてしまってもまた芽吹いて来るので心配しなくても大丈夫です。

肥料

肥沃な土壌を好むので、春と秋に緩効性化成肥料を与えます。

ロニセラ・ニティダ ・レモンビューティー

4月下旬の庭から

植え付け・植え替え

植え付け適期は春と秋です。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土に植え付けます。

地植えの場合は、掘り上げた土に腐葉土と緩効性化成肥料を混ぜ込んで植え付けてください。

植え替え時期も、春と秋が適期になります。

剪定

剪定に耐え、萌芽力が強いのでトピアリーや、生垣のようにも仕立てることが出来ます。

剪定は一年中できますが、真夏と真冬の強い剪定は避けましょう。

(この時期に剪定するのなら、本当に不要な枝を取り除く程度で我慢してくださいね。)

剪定には強いのですが、邪魔な枝を取り除く程度にとどめて自然樹形を活かすのがおすすめです。

ロニセラ・ニティダ ・レモンビューティー

4月下旬の庭から

夏越し

耐暑性が強いので、特別な対策はいりません。

レモンビューティーは日差しに強く、葉焼けしにくい品種です。

冬越し

対策は不要です。

耐寒性が強く、マイナス15度くらいまで耐えます。

極寒冷地以外では冬も常緑です。

これって、本当に嬉しいですよね!

常緑の低木で素敵なものって、なかなかないんですよ。

冬の庭には救世主のような存在ですね!

ロニセラニティダ・レモンビューティー

4月下旬の庭から

病害虫

特には見られません。

病気にかかりにくく、病害虫もつきにくいって嬉しいですよね!

増やし方

挿し木で増やせます。

適期は5〜6月です。

まとめ

ロニセラ・レモンビューティは魅力がいっぱいです。

  • レモン色の縁取りが美しい斑入り葉の常緑低木
  • 柔らかい雰囲気の樹形をしている
  • 萌芽力が強いので剪定で好きなように仕立てることができる
  • 寄せ植え、鉢植え、花壇、トピアリー、グランドカバー、生垣にも使える
  • 日向〜半日陰まで育つ
  • 耐寒性・耐暑性が強く丈夫で育てやすい

いかがでしたか?

私の超おすすめの低木です!

丈夫なので初心者の方も安心して育てられますよ!

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てたら嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です