メカルドニアの育て方|花が咲かない原因は?|冬越しのコツも

メカルドニアの花

1cmほどの小さな可愛い花を、初夏から秋まで長期間にわたって咲かせるメカルドニア。

高温多湿や乾燥にも強く、夏の間も花を咲かせます!

おまけに花がら摘みも不要で、手がかからず育てやすいので超おすすめ♪

花を咲かせるには日当たりの良さがポイントだよ!

この記事では、メカルドニアの特徴や育て方を紹介しています。

メカルドニアの基本情報

メカルドニアの花

6月中旬 地植えのメカルドニアがびっしりと花を咲かせています

オオバコ科 メカルドニア属

非耐寒性/多年草

 

原産地   北米〜南米

学名    Mecardonia

花色    黄、白 

花期    6月〜10月

草丈    5〜10cm

耐寒性   やや弱い

耐暑性   強い

日照    日向

メカルドニアの特徴

夏のメカルドニアの花

8月のメカルドニア 我が家の庭から

メカルドニアには『モンフレール』や『ゴールドダスト』、『ゴールドフレーク』などの品種があります。(白い花を咲かせる品種もありますが、あまり流通しません。)

品種によって花の大きさや性質に多少の差がありますが、育て方は同じです。

寒さにはやや弱く、耐寒気温は0度程度ですが、品種によってはもう少し低い気温にも耐えます。

一年草扱いにされることが多いですが、我が家では屋外で冬を越して4年目になります。

花上がりが良い

小さな花を次々と咲かせます。

花は終わると自然に落ちるので、花がら摘みの必要がなく管理が楽です。

開花期が長い

春〜晩秋まで長い間咲き続けます。

耐暑性が強く、夏も花が休まず咲き続けます。

ほふく性で広がる

ほふく性で横へ広がっていくので、鉢植えやハンギング、花壇の縁取りなど用途の多い植物です。

性質が強健

高温多湿や乾燥にも強く、夏も元気で育てやすい植物です。

雨にあたっても傷みにくいので、グラウンドカバーに使えます。

病害虫もほとんど見られません。

*我が家のメカルドニアは4年目になりますが、病気にもかからず元気です。

メカルドニアの育て方

花上がりが良いメカルドニア

6月下旬の庭 地植えのメカルドニア

栽培環境

日当たりの良い場所と、水はけの良い土壌を好みます。

特に日当たりの良さは大切です!

半日陰では花つきがかなり悪くなります。咲かないこともあります。

草丈が低く這うように広がっていくので、ハンギングバスケットや花壇の縁取りなどにオススメです。

水やり

鉢植えは表土が乾いてからたっぷり与えます。

地植えは降雨に任せます。何日も雨が降らず日照りが続くときは、水やりします。

肥料

植え付け時には緩効性化成肥料を元肥として土に混ぜ込みます。

鉢植えの場合は、開花中は1000倍〜2000倍の液肥を2週間に一度程度与えてください。

地植えの場合は、追肥は不要です。

切り戻した時には緩効性化成肥料を置き肥します。

メカルドニアの花のアップ

6月の庭から

植え付け・植え替え

植え付け

適期は苗が店先に出回る4月〜6月です。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土で問題なく育ちます。

地植えの場合は、用土に腐葉土を混ぜ込み水はけの良い環境を作ります。さらに元肥として緩効性化成肥料も混ぜ込んでおきます。

植え替え

真夏と真冬を除けばいつでも植え替えることができます。

植え替えに強い植物です。

手入れ

咲き終わった花がらは自然に落ちるので、花がら摘みの必要はありません。

梅雨に入る頃に軽く切り戻しておくと、株が蒸れて傷むのを防げます。

伸びすぎて草姿が乱れたり、枯れ枝が目立って汚くなったり、花上がりが悪くなってきた時も切り戻します。

しばらくすると、また綺麗な草姿で花を咲かせてくれます。

切り戻した時には、生育を促すために緩効性化成肥料を置き肥してくださいね。

夏のメカルドニアの花

8月の庭から

夏越し

耐暑性が強いので特別な対策は不要です。

冬越し

花が終わったら軽めに切り戻しておきます。

耐寒性はあまり強くないので、鉢植えは軒下に移動します。

地植えにしたものも鉢上げして軒下に移動すると安心です。

*霜除けに夜は不織布(保温性と通気性がある)をかけると葉が傷むのを防げます。

品種にもよりますが、この方法で我が家ではマイナス7度まで耐えました。

不織布をかけるのが面倒な方は、夜間は玄関に取り込むと良いですね。

寒冷地では室内の日当たりの良い場所で越冬させます。

(最近は品種改良されて、耐寒性が従来のものより強い品種もあるようです。耐寒性が強い品種を選べば、冬越しも少し安心かと思います。)

*冬の寒さにあたったメカルドニアは葉や茎が真っ黒になりますが、枯れていなければその下には緑の新芽が芽吹いてきます。

真っ黒になっても『枯れた』と思わず、春まで様子を見てくださいね!

病害虫

ほとんど見られません。

増やし方

挿し木と株分けで増やせます。

挿し木は5〜6月が適期です。

株分けは春と秋が適期です。

メカルドニアの花

6月の庭から

まとめ

  • 日向で育てると花上がりが良い
  • 春から晩秋まで花期が長く、夏の間も花が休まない
  • 花がら摘みが不要で手がかからない
  • 高温多湿や乾燥、病害虫にも強く育てやすい
  • 梅雨に入る頃に切り戻すことで蒸れを防いで元気に育つ
  • 冬は日当たりの良い軒先に取り込んで、夜間は不織布をかけて防寒する

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です