ミューレンべルギア・カピラリスの育て方|赤紫の穂が美しいグラス

ミューレンベルギア・カピラリスの穂

ミューレンベルギア・カピラリスは赤紫の穂がとても美しいイネ科の多年草。

近年、注目を集めているオーナメンタルグラスの中でも、特に美しい品種です。

今回はミューレンベルギア・カピラリスの特徴や育て方を紹介します。

こんな方におすすめの記事です

  • ミューレンべルギアを育てたい
  • 穂が美しいグラスに興味がある
  • 庭のアクセントになる植物を探している

ミューレンベルギア・カピラリスの基本情報

ミューレンベルギアカピラリスの花穂

9月下旬の庭

イネ科  ネズミガヤ属

耐寒性多年草

 

原産地  アメリカ

学名   Muhlenbergia  capillaris

別名   ムーレンベルギアなど

花期    晩夏〜晩秋

草丈   90cm前後(開花後の花丈を含む)

葉ばり  90cm前後

耐寒性  強い(ー12度)

耐暑性  強い

日照   日向

ミューレンベルギア・カピラリスの特徴

ミューレンベルギア・カピラリスの穂

10月初旬 夕日に照らされる穂

常緑の多年草

常緑の多年草で冬も葉があります。

シルバーグリーンの細い葉は硬く、草姿がきれいにまとまります。

冬の葉はグレーがかり、冬の寂しい庭に彩りを添えてくれます。

赤紫の穂が美しい

晩夏ごろから穂が出始めます。

この穂は最初は白く、徐々に赤紫に変わります。

ミューレンベルギア・カピラリスの花穂

大株になると穂がたくさん立ち上がり、赤紫の霧のように見えます。

繊細で柔らかい穂が風にそよぐ姿は、なんともいえない風情があります。

夕陽に照らされるミューレンゲルギアの穂

10月初旬 夕陽に照らされる穂

特に、朝日や夕陽に照らされる穂は幻想的でとても美しいです。

切り花やドライフラワーにもおすすめです。

丈夫で育てやすい

耐寒性・耐暑性が強く、夏の高温多湿さえ気を付ければ放任で元気に育ちます。

草丈は90cm前後と大きくなるので、鉢植えより地植えに向いています。

ミューレンベルギア・カピラリスの育て方

ミューレンべルギア・カピラリス

9月下旬の庭 青紫の花はコバルトセージ

栽培環境

日当たりと水はけの良い場所を好みます。

夏の高温多湿には弱いので、風通しの良い場所が理想的です。

大きな株になるので、それなりのスペースがある場所に植えてください。

水やり

地植えはほぼ降雨に任せます。

肥料

痩せ地でも育つ植物です。

肥料はほとんどいりません。

紅葉したミューレンベルギア・カピラリス

11月初旬の紅葉

植え付け・植え替え

植え付け

適期は3〜4月と9〜10月です。

掘り上げた庭土に腐葉土を混ぜ込み、水はけの良い環境を作って植え付けます。

植え替え

地植えでは植え替えは不要です。

植え替えたい時は、真夏と真冬を除いた時期に、草丈を短く切り戻して植え替えます。

手入れ

伸びすぎて草姿が乱れたり、枯れ葉が目立って見苦しいようなら、地際で切り戻すと再び芽吹き姿が整います。

増やし方

株分け・種まき

株分けが成長が早いのでおすすめです。
適期は3〜4月です。

種まきの適期は4月です。

ミューレンベルギア・カピラリス

9月下旬の庭

夏越し

高温多湿に弱いので風通し良く育てます。

冬越し

寒さには強いので特別な対策はいりません。

枯れ葉が目立って見苦しいようなら、春の芽吹きまでに地際で切り戻します。

病害虫

特には見られません。

ミューレンベルギア・カピラリス

10月下旬の庭から

ミューレンベルギアの主な品種

カピラリス・ホワイトクラウド

カピラリス種の園芸品種で穂が白いタイプです。

カピラリスに比べると花期が2週間ほど遅めです。

レバコニー

カピラリスによく似た草姿でやや小型(60cm)の品種です。

狭い場所にも向いています。

まとめ

  • 暑さ寒さに強い常緑の多年草
  • 晩夏〜秋の赤紫の穂がとても美しい
  • 日向を好み痩せ地でも育つ
  • 病害虫もほぼ見られず育てやすい

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です