ネペタ・シックスヒルズジャイアントの育て方|長期間きれいに花を咲かせるコツ

ネペタシックスヒルズジャイアント

ネペタ・シックスヒルズジャイアントはキャットミントの大型品種。

シルバーリーフにブルーの花が美しく、のびやかな草姿が魅力的な多年草です。

葉には良い香りがあり、触れると癒されます。

長期間きれいに花を咲かせるコツは切り戻しにあります。

この記事ではネペタ・シックスヒルズジャイアントの育て方を紹介します。

シックスヒルズジャイアントの特徴

花壇のネペタ・シックスヒルズジャイアント

我が家の庭から 左奥の薄いブルーの花がネペタ

シルバーの葉にブルーの花の色合いが美しく、ふわっとした草姿が繊細な印象の多年草です。

ハーブの一種でミントに似た香りがありますが、どちらかというと甘めの香りです。
触れる度に良い香りに癒されます。

春から晩秋まで長い間繰り返し咲きます。
*冷涼な地域以外では夏は花が止まります。

乾燥に強いですが、高温多湿は苦手です。

シックスヒルズジャイアントの基本データ

シソ科 イヌハッカ属(ネペタ属)

耐寒性多年草 

 

開花期   4月〜10月

花色    ブルー

草丈    60〜80cm

葉張り   60cmくらい

耐寒性   強い

耐暑性   強い(高温多湿には弱い

日照    日向〜半日陰
     

シックスヒルズジャイアントの育て方

花壇のネペタ・シックスヒルズジャイアント

6月初めの花壇

栽培環境

日当たりと風通し、水はけの良い、乾燥気味の環境を好みます。

花壇に植えるなら風通しの良い最前列に植えるのがおすすめです。

性質が強いので水はけが良ければ半日陰でも育ちます。

水やり   

鉢植えは乾いたらたっぷり与えます。

庭植えは降雨に任せます。

多湿は苦手なので、水の与えすぎに気をつけてください。

肥料

基本的には肥料は不要です。

鉢植えで生育が悪いようなときには、春か秋に緩効性化成肥料を少量与えてください。

植え付け  

春と秋が適期です。

鉢植えは市販の草花用培養土か、ハーブの培養土を使用します。

地植えの場合は、掘り上げた土にたっぷりの腐葉土と、少量の苦土石灰をすき込んで10日ほどおいてから植え付けます。

*苦土石灰の代わりに有機石灰を使うとすぐに植え付けることができます。

植え替え

春と秋が適期です。

鉢植えは根詰まりしやすいので、1〜2年ごとにひと回り大きい鉢に植え替えるか、株分けします。

地植えでは植え替えは必要ありませんが、大きな株になって混み合うようなら株分けして植え替えます。

6月ネペタ・シックスヒルズジャイアント

6月初旬の庭から そろそろ切り戻さねば・・・

手入れ 

咲き終わった花茎は切り取ります。 

春から晩秋まできれいに花を咲かせるには、

満開の時期が過ぎて花上がりが悪くなってきたら、半分くらいの丈で切り戻します。

3週間くらいすると、また花を咲かせます。

繰り返しきれいに咲かせるコツは満開後の切り戻しですよ〜!

夏越し

高温多湿は苦手で、株元の風通しが悪いと蒸れて腐ったり枯れたりしてしまいます。

梅雨前には地上部20センチくらいでバッサリと刈り込みます。

こうして風通しを良くしておくと夏も元気に成長します。

草姿もリセットできます。

梅雨前の切り戻しは元気に育てる大切なポイントだよ〜!

冬越し

寒さには強いので対策は不要です。

晩秋に花が終わったら、地際近くで刈り込んでおきます。

冬の間に写真のように新しい芽が出てきます。

びっしり芽が出ているのが分かりますね。

ネペタ・シックスヒルズジャイアントの冬芽

2月の様子

病害虫   

害虫はほとんどありません。

多湿な環境では灰色カビ病が発生することがあります。
梅雨前に切り戻すことで予防できます。

増やし方  

株分け、挿し木、種まきで増やせます。

いずれも適期は春と秋です。

他の品種のネペタ

キャットミント・ライムライト

5月の庭から

写真のネペタは葉の色が明るい『キャットミント・ライムライト』
草丈が25cm前後のコンパクトな品種です。
ひと株あると庭が明るくなります。

後ろの葉物は『ルメックス』
緑葉に赤い葉脈が入るシックなリーフプランツです。
個性的な模様の葉ですが、どんな植物にも合わせやすく花壇におすすめの植物です。

『ルメックス』があると花壇がぐっと引き締まりますよ。

▼ルメックスはこちらの記事で紹介しています。

ルメックスってどんな植物?特徴や育て方、害虫の対処法も

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です