ミスカンサスの育て方|ヤブランとの違いは?

ミスカンサスの葉

ミスカンサスはグレーがかった緑葉に白い縞斑が爽やかなカラーリーフ。

夏から秋には小さな白い花をひっそりと咲かせます。

主に葉を鑑賞する植物で、地植えや寄せ植えにおすすめです。

この記事ではミスカンサスの特徴や育て方、よく似た植物『ヤブラン』との違いも紹介しています。

ミスカンサスの基本情報

ユリ科  ジャノヒゲ属

耐寒性多年草(冬季常緑〜半常緑)

 

原産地   東アジア

学名    Ophiopogon malayanus‘Variegate’

別名    ミスキャンタス、ノシラン・ビッタータス

花色    白

花期    夏〜秋

草丈    30cm前後

耐寒性   普通(マイナス5度)

耐暑性   強い

日照    日向〜やや半日陰

 

ミスカンサスの特徴

ミサカンサスの葉

9月の庭から

ミスカンサスの白い花

小さな白い花が下向きに穂状に咲く

白く細い線が入った斑入り葉が美しい多年草です。

夏〜秋に白い小さな花を穂状に咲かせます。

花は株の低い位置で咲くのであまり目立ちません。

主に葉を鑑賞する植物で、地植えや寄せ植えにおすすめです。

とても丈夫で、日向から半日陰を好み、土質もあまり選ばず、乾燥にも多湿にも耐え、放任でもよく育ちます。

耐寒性はあまり強くなく、冬は温暖地以外では葉が傷んだり枯れ込みます。

根が生きていれば春には芽吹きます。

ミスカンサスの育て方

ミスカンサスの葉

紫色の葉をしたオキザリス・トライアングラリスとの対比が美しい

栽培環境

日向から半日陰を好みます。

日陰でも育ちますが、日向に比べると葉色が綺麗に出ず、生育も劣ります。

土質はあまり選びませんが、水はけが良い土壌は生育が良いです。

根が張れば、かなりの乾燥にも耐えます。

水やり

鉢植えの場合は、土が乾いたらたっぷりと水やりします。

地植えの場合は、降雨に任せます。

肥料

ほぼ不要です。

生育が悪い時のみ、春か秋に緩効性化成肥料を与えます。

ミスカンサスの斑入り葉

9月の庭 地植えのミスカンサス

植え付け・植え替え

適期は春と秋です。

秋に植え付ける場合は、寒くなるまでに根がしっかり張るように、早めに植え付けます。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土で問題なく育ちます。

地植えの場合は、掘り上げた土に腐葉土を混ぜ込みます。

手入れ

枯れ葉や咲き終わった花茎は切り取ります。

葉が傷んで汚くなった時は、株元で切り戻しておくと、綺麗な新芽が出て再生することができます。

夏越し

暑さに強いので特別な対策は不要です。

ミスカンサスの花

9月 半日陰のミスカンサス

冬越し

耐寒気温はマイナス5度程度で、寒さにはあまり強くありません。

冬は温暖な地域以外では葉が傷んだり、枯れ込むこともあります。

鉢植えは軒下に移動し、地植えは株元を腐葉土で覆います。

葉が枯れ込んだら地際で切り戻しておくと、生きていれば春になるとまた芽吹きます。

我が家は冬はマイナス8度程度まで気温が下がります。冬は葉がすっかり枯れていますが、春になると芽吹いています。

病害虫

ほとんど見られません。

増やし方

株分けで増やせます。

適期は春です。

ミスカンサスの葉

よく似た植物『ヤブラン・シルバードラゴン』との違い

良く似た植物にヤブランの白斑入り品種『シルバードラゴン』があります。

葉がよく似ているので、ネットや店先で間違ったラベルがついているのを見かけます。

両者の葉はそっくりなのですが、大きな違いは花の色と耐寒性です。

花の違い

『ヤブラン・シルバードラゴン』はピンクがかった花を穂状に咲かせ、花茎が伸びるので花が目立ちます。

ミスカンサスの花は白で、株の低い位置で咲くので目立ちません。

耐寒性の違い

『ヤブラン・シルバードラゴン』はミスカンサスよりも耐寒性が強いので冬も葉があります。

ミスカンサスは寒さにあまり強くないので、冬は葉が傷んで少なくなったり、枯れ込むこともあります。(環境によって差があります。)

まとめ

  • 白い斑入り葉が美しい多年草
  • 夏から秋に咲かせる白い花は目立たない
  • あまり場所を選ばず丈夫で育てやすい
  • 冬は温暖地以外では葉が傷んだり枯れ込む
  • 地植えや寄せ植えにおすすめ

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です