ヤブラン(リリオペ)の育て方|性質が強い常緑多年草|グランドカバーにも

斑入りのヤブラン

ヤブラン(リリオペ)は日本各地に自生する常緑性の多年草。

ほぼ一年中おなじ草姿で、性質が強く手がかかりません。

晩夏から秋にかけて穂状に咲かせる花が可愛く、和風から自然風の庭に向きます。

斑入り品種は洋風の庭にもおすすめです。

この記事ではヤブラン(リリオペ)の育て方を紹介します。

ヤブラン(リリオペ)の基本情報

キジカクシ科 ヤブラン属

耐寒性/常緑多年草

 

原産地   東アジア

学名    Liriope muscari

別名    リリオペ

花色    青紫

花期    8月〜10月

草丈    40cm前後

耐寒性   強い

耐暑性   強い

日照    日向〜日陰

ヤブラン(リリオペ)の特徴

緑葉のヤブラン

写真AC

丈夫で手がかからない

ヤブランは日本各地の山林の藪に自生する常緑性の多年草です。

暑さ寒さに強く、日向から日陰まで幅広い環境で育ち、病害虫もほとんど見られず、土質も選びません。

とにかく丈夫で手がかからない植物です。

小さな花を穂状に咲かせる

晩夏〜秋にかけて青紫の小さな花を穂状に咲かせます。

花後には紫黒色の実をつけます。

グランドカバーにおすすめ

細長い葉はしなやかで硬く、ほぼ一年中同じ草姿でグランドカバーにおすすめです

斑入り品種が人気

葉に黄色い斑や白の斑が入る、斑入りヤブランが人気で多く出まわっています。

斑入り品種は明るい印象でシャードガーデンにおすすめです。

*斑入り品種は実がつきにくいです。

▼おすすめの斑入り植物を集めた記事はこちら

美しい斑入り植物|おすすめ品種を11種類紹介します

ヤブラン(リリオペ)の育て方

斑入りヤブラン

8月の庭 黄色の斑入りが美しいヤブラン

栽培環境

日向〜日陰まで、場所を選ばず幅広い環境に適応します。

土質もあまり選ばず、多少土が痩せた場所でも育ちます。

根が張れば乾燥にも耐えます。

日当たりが良い方が葉も茂り、花も多くなります。

水やり

鉢植えの場合は、用土が乾いたらたっぷりと水やりします。

地植えの場合は、根付いてしまえば降雨に任せます。

肥料

鉢植えは春と秋に緩効性化成肥料を与えます。

地植えは肥料はほぼ不要です。

ヤブランの花

9月の庭

植え付け・植え替え

植え付け

真夏と真冬を除けばいつでも可能です。

土質は水はけが良ければあまり選びません。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土で問題なく育ちます。

地植えの場合は、掘り上げた土に腐葉土を混ぜ込みます。

植え替え

春と秋が適期です。

鉢植えの場合は、鉢底穴から根がのぞくようになったら、ひと回り大きな鉢に植え替えるか、株分けします。

地植えの場合は、5〜6年は植えっぱなしで大丈夫です。

手入れ

咲き終わった花がらは摘み取ります。

実を楽しみたい場合はそのままにしておきます。

葉が傷んで見苦しい時は、株元で切り戻しておけば新芽が出てきます。

春の芽吹き前には株元で切り戻しておくと、古い葉の整理ができて、春には綺麗に新芽が出そろいます。

ヤブラン

8月の庭 春に株分けしたヤブランが花を咲かせている

夏越し

暑さには強いので対策は不要です。

冬越し

寒さには強いので対策は不要です。

春の芽吹きまでに株元で切り戻しておくと、春には綺麗に新芽が出そろいます。

病害虫

特には見られません。

増やし方

株分けで増やせます。

適期は春です。

3〜5芽くらいずつに分けて、新しい土で植え付けます。

まとめ

  • 日向から日陰まで幅広い環境に対応する常緑多年草
  • 晩夏から秋に小さな花を穂状に咲かせる
  • ほぼ一年中草姿が変わらず、丈夫で育てやすい
  • グランドカバーに最適

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です