サルビア『アフリカンスカイ』の育て方|特徴や耐寒性は?

サルビアアフリカンスカイの淡いブルーの花

サルビア・アフリカンスカイは、淡いブルーの花を咲かせる多年草。

暑さに強く、春から秋まで長期間にわたって花を楽しめます。

花茎を伸ばしながらチラチラと花を咲かせる姿は、ナチュラルな雰囲気でどんな植物ともよく馴染みます。

『寒さに弱く、耐寒温度は0度まで』という情報を見かけますが、我が家では最低気温マイナス7度にも耐えて冬を越しています。

今回は、サルビア・アフリカンスカイの特徴や育て方を紹介します。

サルビア・アフリカンスカイの基本情報

爽やかなサルビアアフリカンスカイの花

シソ科 サルビア属

耐寒性多年草

 

原産地  南ヨーロッパ

学名   Salvia hybrid AfricanSky

花色          淡いブルー

花期   春〜晩秋

草丈   60〜100cm

耐寒性  強い

耐暑性  強い

日照   日向

サルビア・アフリカンスカイの特徴

サルビアアフリカンスカイの淡いブルーの花

サルビア・アフリカンスカイは、スッと伸ばした花茎に淡いブルーの花を咲かせる多年草。

開花期は春から秋までと長く、暑さに強く、夏の間も花が咲き続けます。

草丈は60cm程度で、花壇の中段におすすめ。

環境によっては1m近い大きさになることもありますが、草丈は切り戻すことで低く抑えることができます。

 

アフリカンスカイは『寒さに弱い』という情報がありますが、実は弱くはありません。

なぜなら、冬の最低気温がマイナス7度くらいまで下がる我が家の庭で、アフリカンスカイは冬を越しているからです。(環境によって耐寒性には差があるので、数字は参考程度に)

性質は丈夫なので、初心者にもおすすめですよ。

サルビア・アフリカンスカイの育て方

サルビア・アフリカンスカイの花

5月の庭から

栽培環境

日当たりと水はけの良い場所を好みます。

西日にも耐えます。

水やり

鉢植えは用土が乾いたら、たっぷりと水を与えます。

地植えは降雨に任せますが、真夏に何日も雨が降らない時は水やりします。

肥料

春と秋に緩効性化成肥料を与えます。

サルビア・アフリカンスカイの花

9月 蒜山ハービルで撮影

植え付け・植え替え

適期は春と秋。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土で問題なく育ちます。

地植えの場合は、掘り上げた土に腐葉土を混ぜ込み、水はけの良い環境を作ってください。さらに、元肥として緩効性化成肥料を混ぜ込んでおきます。

手入れ

花が終わったら、花茎を脇芽の上で切り戻すと繰り返し咲きます。

草姿が乱れた時や草丈を低く抑えたい時は、半分くらいの丈で切り戻すと姿良くまとまります。

サルビアアフリカンスカイの淡いブルーの花

夏越し

暑さには強いので特別な対策はいりません。

我が家では、西日の当たる環境で、真夏も元気に花を咲かせています。

冬越し

耐寒温度は0度程度という情報がありますが、実際はもっと低い温度にも耐えます。

最低気温がマイナス7度になる我が家では、鉢植えが葉をつけたまま冬を越しています。
(冬の間は鉢植えを軒下に移動し、夜間は不織布をかけて防寒しています)

爽やかなサルビアアフリカンスカイの花

病害虫

アブラムシがつくことがあります。

見つけ次第駆除してください。

増やし方

挿し木や株分けで増やせます。

挿し木の適期は5月〜6月と9月〜10月です。

株分けの適期は春と秋になります。

まとめ

サルビア・アフリカンスカイの花

  • 淡いブルーの花が爽やかな多年草タイプのサルビア
  • 春から秋まで長期間花を咲かせる
  • 暑さに強く夏の間も花は咲き続ける
  • 日当たりと水はけの良い環境を好む
  • 寒さ対策をすればマイナス7度くらいまでは耐える

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。

▼ガーデナーにおすすめの一冊

約586種の宿根草の情報が美しい写真付きで紹介されています。

↑画像をタップするとAmazonの商品ページに飛びます。

「Amazon」のアソシエイトとして、「ゆるっとガーデニング 」は適格販売により収入を得ています。