コンパクトな品種のガウラ、花壇におすすめです!

花壇のガウラ

花期が春から晩秋までと長く、夏の間も次から次へと花を咲かせるガウラ!

マルハナバチが蜜を求めてやってきて、枝がゆらゆら揺れる姿に癒されますよね。

ただ、一般的なガウラは大型のものが多く、かなりの面積を占領してしまいます。

我が家でも通路に広がってちょっと邪魔なんだな〜。

とっても綺麗なんだけど♪

満開のガウラ

8月の庭から

このガウラは「クールブリーズ」という品種。

花は赤みの無いピュアホワイト、葉は明緑色で、とても爽やかな印象です。

満開の頃には、ひと株で畳半畳以上の面積を占領してしまいます。

そこで、今回紹介するのは、花壇の中でも使いやすいコンパクトな品種のガウラ。

花壇に植えるなら、こっちのほうが使いやすい!

花壇のガウラ

6月の庭から 「カーディフホワイト」

私が今年植えたのは、この2品種。

コンパクトなガウラ

どちらも白花のガウラです。

2つの品種の違いはほとんどなく、あえて言うならサマーパピヨンの方が花が白いかな・・・というぐらい。

ただ花期は少し違って、サマーパピヨンは4月〜11月で、カーディフは5月〜10月!

ほんまかいな?観察しておきますね笑笑

コンパクトなガウラ

8月の庭 コンパクトなガウラは他の花とよく馴染む

チラチラと咲く白い花は、どんな植物とも相性が良いですよね!

花の時期が長いので、まだまだ楽しませてくれそうです♪