スティパ・エンジェルヘアーの育て方|細く柔らかい葉と穂が美しいグラス植物

スティパ・エンジェルヘアー

スティパ・エンジェルヘアーは、細くて柔らかい葉が魅力的なグラス。

初夏には透き通るような穂が風にそよぎ、キラキラと輝き、その美しさにはうっとりさせられます。

単独で鉢植えにすると見応えがあり、地植えにすると他の植物と引き立てあって、植栽にリズムが生まれます。

今回はスティパ・エンジェルヘアーの特徴や育て方を紹介します。

スティパ・エンジェルヘアーの基本情報

スティパ・エンジェルヘアー

4月下旬の庭から

イネ科  ナセラ属

耐寒性多年草(冬季半常緑〜落葉性)

 

原産地    中央アメリカ(原種の主な自生地)

学名     Stipa tenuissima‘Angel Hair’

花期     初夏〜秋

草丈     50cm〜80cm

耐寒性    強い(ー15度程度)

耐暑性    強い

日照     日向

スティパ・エンジェルヘアーの特徴

スティパ・エンジェルヘアー

日が当たると穂がキラキラ輝いて美しい

スティパ・エンジェルヘアーは葉も穂も美しい、鑑賞価値が高いグラス。

髪の毛ほどの細い葉は、淡い緑色で柔らかく、少しの風でもそよそよと揺れて爽やな雰囲気があります。

初夏から秋の透き通るような白っぽい穂は、日に当たるとキラキラと輝きます。

穂は噴水のように四方に広がり、周りの植物に覆いかぶさるので、近くに植える植物はある程度草丈のある植物(60〜70cm)を選ぶと良いですね。

エキナセアやペルシカリア、宿根リナリア、サルビアなどがおすすめです。

多湿さえ気をつければ、手もかからず丈夫で育てやすいグラスです。

スティパ・エンジェルヘアーの育て方

スティパ・エンジェルヘアー

5月の庭 シレネの背景にスティパ・エンジェルヘアー

栽培環境

日当たりと水はけの良い土壌を好みます。

多湿な環境はやや苦手なので、さらに風通しが良い場所なら理想的です。

水やり

乾燥気味の環境を好みます。

鉢植えは用土が乾いてから、たっぷりと水を与えます。
(ジメジメした環境が続くと根腐れを起こします。常に土が湿ったような状態にならないように、水やりに気をつけてください。)

地植えの場合は降雨に任せます。

肥料

痩せ地でも育つので、多くの肥料は必要ありません。

鉢植えの場合は、春と秋に少量の緩効性化成肥料を置き肥します。

地植えでは肥料は必要ありません。

花壇の中のスティパ・エンジェルヘアー

4月の庭 植え付けてひと月で草丈50cmまで育ちました

植え付け・植え替え

適期は3月中旬〜4月と、9月〜10月です。

春よりも秋植えがおすすめです。

秋植えにすると冬の間に根をしっかりと張って、春には大株になり見応えがあります。

*我が家でも同じ時期に購入したポット苗を、秋植え(正確には12月下旬)と春植えで比べてみたところ、秋植えが圧倒的に大株に育ちました。

植え付け

鉢植えは市販の草花用培養土に植え付けます。

地植えの場合は、掘り上げた土に腐葉土を混ぜ込み、水はけの良い環境を作って植え付けます。

植え替え

鉢植えは根詰まりしているようなら植え替えます。
ひと回り大きな鉢に植え替えるか、株分けします。

地植えでは植え替えの必要はありません。
ただし、大きな株になると中心部が枯れてくることがあるので、その場合は株分けして植え替えます。

手入れ

特にはありませんが、見苦しくなったら株元(地際7〜8cm)でバッサリ刈り込みます。

*我が家でも、花穂が枯れて見苦しくなる6月下旬から7月初旬に切り戻しています。

夏越し

多湿な環境はやや苦手です。

梅雨時には、鉢植えは雨がかからない軒下に移動します。

地植えの場合は、茂りすぎて蒸れたり、倒れたりするようなら株元(地際7〜8cm)でバッサリ刈り込みます。
*ただし真夏の刈り込みは避けます。

冬越し

冬に葉が枯れた後は、春までに株元で刈り込んでおくと、春には新しい葉だけが綺麗に茂ります。

スティパ・エンジェルヘアー

5月の庭 雨に打たれたスティパ・エンジェルヘアー

病害虫

特にはみられません。

増やし方

種まき、株分けで増やせます。

環境が合えば、こぼれ種が良く発芽します。

種まき

種まきの適期は、3月〜4月と9月〜10月です。
(発芽にはひと月ほどかかります。)

株分け

株分けの適期は、3月中旬〜4月と9月〜10月です。

こぼれ種

環境が合えば、8月にはこぼれ種が発芽します。

発芽したこぼれ種は『細ーい草』って感じです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

グラス スティパ ‘エンジェル ヘアー’
価格:330円(税込、送料別) (2021/6/10時点)

 

まとめ

  • 細く柔らかい葉と透き通るような白っぽい穂が美しいグラス
  • 日当たりと水はけの良い環境を好む
  • 多湿に気をつければ、手がかからず丈夫で育てやすい
  • 環境が合えば、こぼれ種でよく増える

最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です