エリゲロンの育て方|放任で育つ、こぼれ種で増える多年草

満開のエリゲロン・カルビンスキアヌスの花

一度植えると、放任で育つ使い勝手の良い小花ってないかな?

と思う事はありませんか?

エリゲロンはまさにそんな植物です!

花期が長く4月〜11月まで可憐な花を咲かせてくれます。

そのうえ、こぼれ種でどんどん増えて、グラウンドカバーにも最適!

育てやすく初心者にもおすすめの植物なんですよ!

今回は、エリゲロンの特徴や育て方を紹介します。

エリゲロンの基本データ

キク科 エリゲロン属

耐寒性多年草/冬期落葉種

 

原産地   北アメリカ〜中央アメリカ

学名    Erigeron karvinskianus

別名    源平小菊 洋種アズマギク

花色    白〜ピンク

花径    約1cm

花期    4月〜11月

草丈    15〜40cm

葉張り   40cm

耐寒性   強い(マイナス15度)

耐暑性   強い

日照    日向

エリゲロンの花

5月の庭から

エリゲロンの特徴

エリゲロンは何種類かありますが、一般的にはエリゲロンというと写真の『エリゲロン・カルビンスキアヌス』を指します。

花色が変化する

細い茎の先に1cmほどの小菊のような花を咲かせます。

花は咲き始めが白で、咲き進むにつれてピンクに変化するので、開花後半は2色咲きのような感じになります。

この様子がとっても可愛いいんですよ〜。

花期が長い

花期が長く、冬以外は一年中咲いている印象があります。

草姿が乱れた時は何度でも切り戻しで再生できます。

切り戻しても、ひと月たたないうちに再び咲き始めますよ。

丈夫で育てやすい

暑さ寒さに強く、性質はとても強健!

病気もほとんどなく、放任でよく育ち手がかかりません。

こぼれ種で増える

一度植えるとこぼれ種でどんどん増えるので

何か植えたいけれど、
しょっちゅう植え替えはめんどくさいな〜

と思うような場所にはぴったりの植物ですよ。

グラウンドカバーにおすすめ

背丈が低くふんわりと広がっていくので、グラウンドカバーにおすすめです。

エリゲロンの草姿は、アプローチ沿いや、花壇の手前に植えるのにもぴったりです。

エリゲロン・カルビンスキアヌスの花

花色は白からピンクに移り変わる


エリゲロンの育て方

栽培環境

日当たりと水はけの良い、やや乾燥気味の環境を好みます。

半日陰でも育ちますが、花上がりが少なくなります。

花をたくさん咲かせるには、乾燥気味の日向が最適です!

水やり 

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらたっぷり水やりしてください。

地植えの場合は、ほぼ降雨に任せて大丈夫!

植え付け  

適期は3〜4月と9〜11月です。

土質はあまり選びません。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土で問題なく育ちます。

地植えの場合は、腐葉土などを混ぜて水はけの良い環境を作ると生育が良いです。

植え替え

適期は3〜4月と9〜11月です。

鉢植えの場合は、毎年ひと回り大きい鉢に植え替えるか株分けします。

(エリゲロンは生育が旺盛で、鉢植えだと根詰まりしやすいです。)

地植えの場合は、植え替えの必要はありません。

エリゲロンの花

肥料

あまり肥料を必要とする植物ではありません。

肥料が多いと葉ばかり繁って花が少なくなってしまいます。

鉢植えの場合は、春と秋に緩効性化成肥料を控えめに与える程度で充分!

地植えの場合は肥料は不要です。

手入れ

伸び過ぎて草姿が乱れたり、花がらが目立って見苦しくなったら、株元で短く切り戻してください。

ひと月もたたないうちに、再び綺麗な草姿で花を咲かせてくれます。

梅雨入り前にも切り戻しておくと、蒸れたり傷んだりするのを防げます。

また、株が小さいうちに数回切り戻すと、枝数が増えしっかりした株になります。

切り戻す時は、思い切って株元で切ってください。
そのほうが草姿が綺麗に整います!

切り戻しは一年中いつでも出来ます。

エリゲロン・カルビンスキアヌスの花

レンガの隙間でこぼれ種から育った株

夏越し

丈夫なエリゲロンですが高温多湿は苦手です。

梅雨入りしたら短く切り戻して風通し良くしておきます。

冬越し

花が咲かない時期になったら地際で切り戻しておきます。

こんな感じに・・・

切り戻したエリゲロン・カルビンスキアヌス

株元で切り戻したエリゲロン

暖地では常緑で越冬しますが、切り戻して草姿をリセットするのが良いでしょう。

寒冷地では地上部は枯れますが、春にはまた芽吹いてきます。

病害虫 

  
気温が上がって暖かくなってくると、アブラムシがつくことがあります。

見つけ次第駆除してくださいね。

薬剤を使いたくない場合は、アブラムシがついていたところをバッサリ切り取って処分するのが楽ですよ!

病気はほとんどありません。

増やし方 

種まき 挿木 こぼれ種 で増やせます。

種まきの適期は、3〜4月と9〜10月です。
*寒冷地では春に種まきします。

挿し木の適期は、5月〜6月と9月〜10月になります。

こぼれ種で勝手に増えてくれるから、わざわざ増やさなくても良いですよー♪

こぼれ種から発芽した苗の移植は簡単です。
丈夫なので、あまり気を使わずサクッと掘り起こして植え替えてください!

こぼれ種から育ったエリゲロンの大株

レンガの隙間で発芽した株 葉張り50cmあります

▼こぼれ種で増える植物はこちらの記事で紹介しています。

こぼれ種で増える植物おすすめ10選|特徴も!

エリゲロンの庭での活かし方

エリゲロンの野趣溢れる姿はナチュラルガーデンによく似合います。

ふんわり、こんもりした姿を活かして、花壇の手前や通路脇に植えたり、グラウンドカバーにもおすすめです。

もちろん、鉢植えや寄せ植えに使っても良いですよ!

花壇のエリゲロン ・カルビンスキアヌス

春の庭 こぼれ種から育った株

まとめ

  • こぼれ種で勝手に増えてくれる多年草。
  • 花は咲き進むにつれて、白からピンクへと変化する。
  • 花期が4月〜11月と長い。
  • 日当たりと水はけの良い、やや乾燥気味の場所を好む。
  • 切り戻しで何度でも花を咲かせる。
  • グラウンドカバーにもおすすめ。

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です