カーリメリスの育て方|初心者でも育てられる宿根草

満開のカーリメリス

白い八重咲きの小花が可愛いカーリメリス。

春から晩秋まで途切れることなく花を咲かせ続けます。

可憐な見た目からは想像できないほど丈夫で、初心者でも簡単に育てることができる宿根草です。

この記事ではカーリメリスの育て方を紹介します。

カーリメリスの基本情報

満開のカーリメリス

キク科ヨメナ属

宿根草(耐寒性多年草 冬季落葉種)

 

原産国   日本

学名    Kalimeris pinnatifida var hortensis

別名    ジャパニーズアスター

花色    白

花期    5〜10月

草丈    30〜50cm

耐寒性   強い

耐暑性   強い

日照    日向〜半日陰

 

カーリメリスの特徴

満開のカーリメリス

暑さ寒さに強い宿根草(耐寒性多年草)です。

春から晩秋まで花を咲かせ続け、夏の間も花が途切れることはありません。

咲き始めは一重ですが、咲き進むと八重咲きになります。

花上がりが良いので、花がら摘みをしなくても次々と花が咲きます。

丈夫で初心者でも育てやすい宿根草です。

カーリメリスの育て方

花上がりが良いカーリメリス

栽培環境

日当たりと水はけの良い環境を好みます。

地植えは夏は半日陰になる場所が理想的です。

*我が家では一年中日向の花壇に植えてありますが、問題なく育っています。

水やり

鉢植えの場合は、用土が乾いたらたっぷりと水やりします。

地植えの場合は降雨に任せます。
乾燥にはかなり強いですが、しおれるようなら水やりします。

肥料

あまり肥料を必要としません。

鉢植えの場合は、春と秋に緩効性化成肥料を株元に置き肥します。

地植えの場合は肥料は不要です。

カーリメリスの花

植え付け・植え替え

適期は春と秋です。

植え付け

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土で問題なく育ちます。

地植えの場合は、掘り上げた土に腐葉土を混ぜ込み、水はけの良い環境を作ります。さらに元肥として緩効性化成肥料を混ぜ込みます。

植え替え

鉢植えの場合は、鉢底から根が出てきて根詰まりしているようなら、ひと回り大きい鉢に植え替えるか株分けします。

地植えの場合は植え替えは不要です。

カーリメリスの花

手入れ

花がらが茶色くなって目立ってきたら花がらを摘みとります。

花がら摘みが面倒な時は、ひと通り咲いて見苦しくなった頃に全体を軽く切り戻します。

夏越し

暑さに強いので特に対策はありません。

鉢植えは夏の間は半日陰に移動してあげると理想的です。

冬越し

寒さに強いので対策は不要です。

冬は葉を落とすので、茎が枯れたら地際で刈り取ります。

*地面が凍るような寒冷地では、腐葉土などで株元を覆います。

満開のカーリメリス

病害虫

暖かくなるとアブラムシやハダニがつくことがあります。

見つけしだい駆除してください。

増やし方

挿し木、株分け、こぼれ種で増えます。

挿し木

適期は5〜6月と9〜10月です。

発根しやすい植物です。

枝先の花芽がついている部分を避けて、枝の下の方を使います。

株分け

適期は春です。

掘り上げた株を手やハサミで分けます。

葉が茂っている場合は、3分の1くらいまで切り戻しておくとその後の管理が楽です。

こぼれ種

環境が合えばこぼれ種で増えます。

まとめ

  • 春から晩秋まで白い小花を咲かせる宿根草
  • 咲き始めは一重で、咲き進むと八重咲きになる
  • 花上がりがとても良い
  • 暑さ寒さに強く初心者でも育てやすい
  • こぼれ種で良く増える

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です