5月下旬の庭から|ゆるっとガーデニング

5月下旬の花壇

5月の終わりは春の終わり。

庭の植物も春から初夏の植物にバトンタッチの季節です。

今回は5月下旬、我が家の庭で咲いている植物を紹介したいと思います。

サルビアネモローサ 

サルビアネモローサ ・カラドンナの花

サルビアネモローサ ・カラドンナが次々に花を咲かせ始めました。

カラドンナは黒紫色の花茎と、青紫色の花との色合いが美しいサルビアです。

これは2年目の株。今年は本来のしっかりと立ち上がる草姿になりました。

宿根草は年々株が大きくなるので、来年が楽しみです。

サルビアネモローサ ・ナイトフィールド

こちらはサルビアネモローサ ・ナイトフィールド。

カラドンナより穂が短めですが、青紫の花色は濃く花上がりがとても良い品種です。

サルビア・アフリカンスカイ

綺麗なブルーのサルビア・アフリカンスカイ

サルビア・アフリカンスカイ

この綺麗な花色に一目惚れして、昨年の秋にお迎えしました。

サルビア・アフリカンスカイは情報が少なく、耐寒性がどれくらいあるのかよくわかりません。

ネットで調べると耐寒性は0度までという情報もありますが、もっと低い気温にも耐えられそうです。

わが家は冬の最低気温はマイナス6度くらいまで下がります。

冬の間は軒下で管理し、夜は寒冷紗をかけて無事冬越ししました。

今後の生育状況を観察して、また育て方を記事にしたいと思います。

サルビア・ドゥリフォリア

サルビア・ドゥリフォリアの花

サルビア・ドゥリフォリアの花

このサルビアも昨年の秋にお迎えしたもの。

こちらも情報が少ないので観察しながら育てたいと思います。

チェリーセージ

斑入り葉のサルビア・ムーンライトオーバー

明るい斑入り葉が美しいチェリーセージ・ムーンライトオーバー。

真夏と真冬以外はサーモンピンクの花を咲かせてくれます。

チェリーセージ・グレッギーブルー

濃いブルーの花が美しいチェリーセージ・グレッギーブルー。

たくさんの花を咲かせています。

タナセタム・ジャックポット

白い小花のタナセツム・ジャックポット

満開のタナセツム・ジャックポット

シルバーグレーの葉と可憐な小花が可愛い多年草。

葉はヨモギのような良い香りがします。

切り花にも使えます。

ペンステモン・ハスカーレッド

銅葉が美しいペンステモン・ハスカーレッド

今年もペンステモンの季節がやってきました!

本当に丈夫で零れ種でよく増えます。

夏の暑さにも強い、おすすめのペンステモンです。

ディディスカス・ブルーレースフラワー

ディディスカス・ブルーレースフラワーの花

咲き始めの花

ディディスカス・ブルーレースフラワー

咲きすすむと丸くなる

ディディスカス・ブルーレースフラワーが咲き始めました。

小さな花が集まって丸い花序になります。コロンとした蕾も可愛いです。

花壇ではピンクのジニアと合わせて、ちょっとポップな感じに♪

ダウカス・ダーラ

シックなダウカス・ダーラの花

黒っぽいシックな花色

大株になったダウカス・ダーラ

蕾がいっぱい

どうやらこの場所がお気に召したみたいで、株が大きく育って花茎もたくさん立ちあがっています。

何回か育てていますが、こんな立派な株に育ったのは初めて。

やっぱり日当たりと土は大切ですね!

ニゲラ

青いニゲラの花

この株は一重の花

ニゲラの青い花

この株は八重の花

久しぶりに育てるニゲラ。

ニゲラはこぼれ種で良く増えると言いますが、我が家ではニゲラのこぼれ種はあまり出ません。

今年は増えてくれますように。

ジニア

ピンク色のジニアの花

ポンポンと可愛い姿が魅力的なジニア・サンボウ。

花径4cmほどと小さめで、花びらが厚く重なる八重咲きの品種です。

ジニアは暑さに強いので、この派手さが許せる方には夏の花壇におすすめです。

花期は長く、10月中旬ごろまで咲いてくれます。

イベリス

宿根イベリスの花

薄ピンクのイベリスの花

品種のわからないイベリスです。

花がひと通り終わって、切り戻した状態のポット苗を5月の始めにお迎えしました。

5月下旬になって、再びたくさんの花を咲かせ始めました。

ユーフォルビア

清楚な白い花ユーフォルビア・ダイアモンドスノー

ユーフォルビア・ダイアモンドスノー

ここ数年わが家の定番になっているユーフォルビア。

今年もダイアモンドスノー とダイアモンドフロストの2品種を植えました。

晩秋まで花が途切れずに咲き続けてくれます。

イソトマ

イソトマの花

寄せ植えのイソトマ

イソトマを2種類植えています。

ピンクがかった白のイソトマは昔からある品種。

寄せ植えのイソトマはPWの『ローレンティア・フィズアンドポップ』、幅広の花弁が特徴のイソトマです。

通常のイソトマより耐暑性があり、長く咲くらしいので期待しています。

ただ残念なことに、気温が上がると花色がピンクがかってきました。

最初の濃いパープルがよかったんですけどねぇ。

カタナンケ

カタナンケ・アモールホワイト

カタナンケの白花で、花の中心が青紫色をしています。

蕾がたくさん上がっているので楽しみです。

エロディウム

エロディウムの花

昨年の暮れにお迎えしてから、ずっと花を咲かせているエロディウム♪

いつまで咲いてくれるのかしら?

ヒューケラとヒューケレラ

ヒューケラとヒューケレラ

ポストの鉢のヒューケラ(銅葉)とヒューケレラ(緑葉)に花が咲いています。

この半日陰の場所が居心地が良いらしく、どちらも大きな株になり生き生きとしています。

特にヒューケレラは4月の初めから花を咲かせ続けています。

ヒューケラとヒューケレラ

この写真は4月3日のもの。

上の写真と比べると、ふた月ほどですごく大きな株になったのがわかりますね。

コバノズイナ

長い花穂のコバノズイナ

満開のコバノズイナ

5月に入って蕾をつけたコバノズイナ。

朝夕が涼しいせいか花持ちが良く、もうしばらく楽しめそうです。

シモツケ・ゴールドフレーム

シモツケ・ゴールドフレームの花

5月下旬になって花が咲き始めました。

冬に地際まで切り戻したので、例年の3分の1くらいの樹高でこじんまりとしていますが、花はたくさん咲いています。

バーバスカム・バナナカスケード

大型のバーバスカム・バナナカスケード

この場所に大型の植物が欲しくて、バーバスカムの中でも大型の品種を植えました。

いまの草丈は170cmを超えたくらいです。花も大きくてインパクトがあります。

しかし、大き過ぎて小さな庭には似合わないかも・・・

 

6月に入ると梅雨の前の庭仕事が色々と待っています。

少しずつでもやっていかないと。

最後までご覧いただきありがとうございました。